クレジットカードは怖い?怖くない?クレジットカードのメリット、デメリット

クレジットカードでお買い物というと「借金」とか「金利」とかいった負のイメージを持たれている方も多いかもしれません。

実際、私の周りにもクレジットカードは怖いから使ったことがないという人も多くいますし、私が大学に進学したころはクレジットカード破産(カード破産)が社会問題になっていたのか、入学時のオリエンテーションでクレジットカードは怖いもの。というような指導も行われました。

しかし、クレジットカードは上手に活用すれば、普通に買い物をするよりもお得に買い物ができるケースが多いのです。

今回はそんなクレジットカードのメリット、デメリットをまとめていきます。

スポンサーリンク

クレジットカード払いは基本的には得をする

まず、大原則として正しい使い方をすればクレジットカードは基本得をすることができるものだということです。

  • 利用額に応じてポイントが貯まる(1回払いで金利・手数料もゼロ)
  • 付帯保険などの保障が特典として付く
  • その他カード会員向けの割引などが受けられる

 

利用額に応じてポイントが貯まる

クレジットカードのメリットの中でも最もメリットとして挙げられることが多いのがポイントです。100円利用につき1ポイントといったようにクレジットカードでお買い物をすると支払いに応じてポイントをもらうことができます。

こうしてためたポイントは換金したり、次回のお買い物に使ったり、あるいは商品などの交換することもできます。

ごく一般的なクレジットカードならお買い物額の0.5%程度がポイントバックされています。なお、このポイントによる還元はクレジットカードによっては1%を超えるような還元率が高いカードもあります。

2020年版 ポイント還元率が高いお得なクレジットカードのまとめ
2020-02-03 10:09
ポイント還元率とはお買い物をした金額に対して何円相当のポイントが還元されるのかという指標です。一般的なクレジットカードの場合は0.3%~0.5%程度となっています。つまり1000円
リンク

現金払いの場合、こうした還元はありませんので、クレジットカードでお買い物をすると、現金払いよりもポイント還元分だけ安く買えるということになります。

 

付帯保険などの保障が特典として付く

クレジットカードには様々な保険がセットされています。カードによってついていたり、ついていなかったりしますが一般的には下記のような保険があります。

付帯保険 その特徴
盗難保険 すべてのカードに付帯しています。クレジットカードが不正利用されたときの被害額を補償してくれる保険となっています。
旅行傷害保険 旅行中の死亡やケガや病気などの費用、第三者に対する損害賠償責任などを補償してくれる保険です。国内向けと海外向けがあります。
ショッピング保険 クレジットカードで買い物をした商品が壊れた、盗難などの被害にあったときに損害額を補償してくれる保険です。

クレジットカードは不正利用が怖いという声もありますが、すべてのカードには盗難保険がセットされており、不正に利用された場合の損害額は保険でカバーされます。

 

ショッピング保険で商品への保険が自動でセット

また、クレジットカードで商品を購入するメリットの一つに「ショッピング保険」という保険がつくということがあげられます。ショッピング保険というのはカード会社によって多少名称が異なりますが、要するに買った商品が盗難されたり火事の被害にあったり、落下等で破損した場合などにおいて損害額を補償してくれる保険となります。

こうしたショッピング保険はクレジットカードを使って買い物をした商品そのものに対する損害保険です。

どのような商品がどの金額まで対象になるのかはクレジットカードによって異なりますが、年会費が無料のクレジットカードでもこうした保険が付帯しているケースも少なくありません。

こんな保険は現金で買った場合には付帯しませんので、カードで購入するほうがお得といえます。

クレジットカードのショッピング保険とは何か?知っているだけで大違いのお得な保険
2017-09-08 18:04
クレジットカードの多くに自動的に付帯している保険の一つに「ショッピング保険」という保険があります。難しく書くと動産総合保険と呼ばれるタイプの保険で、クレジットカードで買い物をした商
リンク

※補償の際はクレジットカードの売上票が必要になるケースがあるのでレシート等は保存しておきましょう。

 

海外旅行に行くときの保険もカードでカバー

旅行傷害保険もクレジットカードの代表的な付帯保険です。海外旅行傷害保険については海外旅行でのけがや病気などをカバーしてくれる保険です。海外旅行に行くときは加入が必須とされていますが、クレジットカードの付帯保険を活用して十分な補償を得ることだって可能です。

年会費無料クレジットカードで海外旅行傷害保険の補償を積み上げる方法
2019-08-29 15:17
海外旅行などで病気やケガをすると大変な治療費がかかるということはご存知の方も多いかと思います。そんな海外旅行時の病気やケガなどの諸費用を補償してくれる保険が「海外旅行傷害保険」です
リンク

十分な保険があれば、海外旅行の際に、わざわざ保険料を払って保険に入らなくても済みます。

 

その他カード会員向けの割引などが受けられる

クレジットカードは、お店によっては自社の会員カードのようにして扱っているところもあります。特に商業施設やデパート、スーパーなどでは自社のクレジットカードを使えば割引を受けられたり、特典があるようなケースもあります。

また、航空会社のクレジットカードも人気です。こちらはマイルを貯めて特典航空券(無料航空券)との交換をしたいという人が多いようですね。

デパート・百貨店のクレジットカードのポイント還元率・サービス比較
2020-08-04 16:28
クレジットカードの中でも百貨店・デパートが発行しているクレジットカードは高いポイント還元率が魅力的です。割引やポイント付与の対象になるのは、自社の百貨店・デパートだけになりますが、
リンク
スーパーでのお買い物がお得になるクレジットカード比較
2019-03-23 06:36
食料品や日用品といった毎日のお買い物で使うことになるスーパー(スーパーマーケット)。そんなスーパーでのお買い物もクレジットカードを活用して上手に、お得に利用しましょう。 スー
リンク
クレジットカードでANAやJALのマイルを貯めるコツとおすすめカード
2018-10-18 11:23
ANAやJALのマイル(マイレージ)を貯める方法としては、飛行機への搭乗以外ではクレジットカードを使ってそのポイントをマイルに交換するという方法がよく取り上げられます。特に、飛行機
リンク

 

クレジットカードは怖い?怖くない?

ここまでクレジットカード利用のメリット部分を紹介してきましたが、もちろんクレジットカードを利用することでのデメリット部分もあります。

怖い?怖くない?という話でいえば“使い方を間違えてしまえば怖い”という話になります。じゃあ、どういうケースが怖いのでしょうか?

 

クレジットカードは年会費がかかるから損をする

クレジットカードには年会費が無料のカードもたくさんあります。たとえば、当ブログでも人気の高い高ポイント還元率のクレジットカーである「楽天カード」や「リクルートカード」はいずれも年会費無料です。

その一方で年会費がかかるカードもあります。

たとえば、ゴールドカードと呼ばれるカードだと年1万円程度、プラチナカードなら5万円~10万円を超えるようなカードもあります。

別にこの年会費はメリット、デメリットではなく自分にとってそれを払う価値があるかどうかで判断すればよいと思います。最初に書いたように楽天カードのように年会費無料でもスペックの高いカードはあるわけです。

ただ、年会費が高いカードにはそれなりの特典やベネフィットが用意されていること多いので、使い方次第では、年会費のモトを取ることは十分に可能です。

年会費有料のクレジットカードの元は取れる?取れない?
2017-05-31 16:13
クレジットカードの中には年会費が全くかからない無料のものもあれば、数千円程度がかかるもの、数万円するもの、中には10万円を超えるような年会費がかかるようなクレジットカードもあります
リンク

 

不正利用や盗難などが心配

こちらは「盗難保険」の項目でも説明したようにクレジットカードの盗難や不正利用の場合は保険がおりますので安心してください。

ただし、裏面に署名をしていない、不正利用されてからの連絡が遅すぎるなど、利用者側の重過失がある場合は補償されないケースもあります。この辺りは以下の記事もぜひご一読ください。

クレジットカードの盗難保険を解説。紛失や盗難で不正利用の被害にあった時の補償の仕組み
2017-05-23 05:55
クレジットカードには「盗難保険」と呼ばれる保険がセットされています。これはクレジットカードの不正利用や盗難などによって被害(損害)が生じたときのための保険です。こうした保険がセット
リンク

 

支払い方法でリボ払いや分割払いを多用すると怖い

クレジットカードはその仕組み上、カード会社が一時的に立替払いをする形になります。1回払いであれば金利・手数料がかからないルールになっていますが、分割払いを利用する場合は金利(手数料)が発生することになります。

年率にすると15%と高いので基本的には利用しないほうが良いです。

中でもリボ払い(リボルビング払い)のような返済猶予型のカード決済を利用するといつまでも返済が終わらない≒いつまでも金利を支払い続けるとうことになりかねません。

実は危険なリボ払い。借金地獄への入り口となる危険なカード払い
2019-08-13 09:46
クレジットカードを使うとき、「リボ払い」にしていませんか? リボ払い(正確にはリボルビング払い)というのは、クレジットカードの支払い方法としてかなり問題があります。もし、あな
リンク

基本的に、カードを作ったら1回払い!を徹底しましょう。

 

無駄遣いが増えすぎると怖い

支払い方法については1回払いを厳守すれば怖くありませんが、クレジットカードを作ることで無駄遣いが増えてしまうのが怖いという方も多いかと思います。

これは、確かにありえる話です。

クレジットカードは後払いが可能なため、今もっている以上のお買い物ができてしまいます。結果として買い物をしすぎて、あとから支払いができずに困る……という事態になる可能性はあります。

最近では「家計簿アプリ」にクレジットカードを連携することで利用額をチェックしたり宇することができるサービスなどもありますので、こうしたサービスも含めて使いすぎをチェックするようにすると良いと思います。

 

必要以上に怖がる必要はないが、知識も必要

クレジットカードは必要以上に怖がるものではありません。

ただし、どんな便利な道具でも使い方を間違えると人を傷つけてしまうように、便利でお得なカードも使い方を間違えると大変なことになります。

カード破産リボ地獄といったような言葉もあるように、使い方を間違ってしまうとお金で人生を苦しめてしまうことになります。

そうならないためになにが必要なのか?

それはカードを持たないという選択ではなく、正しい使い方ができるように知識を身に着けるということです。

当ブログではそうしたお金に関する知識を身に着けることができるように、正しい情報を専門家が紹介していきます。クレジットカードについても「お得なクレジットカード活用術」のカテゴリで情報を発信しています。

正しい知識を持ってクレジットカードをお得に上手に活用してください。

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP