おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
公的保険・年金

公的な保険制度や年金制度の活用方法

日本は世界的に見ても「公的」な保険制度が充実している国です。国民皆保険に代表される健康保険制度はその代表ともいえます。ここでは、知らなきゃ損する公的な保険制度や年金制度などの利用法歩や活用方法、上手に使うためのテクニックなどを発信していきます。

以下の子カテゴリーもご参照ください。

長生きリスクに備えるトンチン保険とは何か?メリット、デメリット。老後に備える保険とお金のコツ

2017年7月13日

トンチン保険(トンチン年金)いうのは聞きなれない名前の保険ですが、近年の高齢化の進展によって長生きリスクが意識されるようになり注目が集まっている保険です。一般的な死亡保険は死亡リスクに備えますが、トンチン保険は生存リスクに備える保険となります。

トンチン保険のシステム自体は17世紀にさかのぼりますが、保険商品としては日本国内にはありませんでした。ところが日本生命の「グランエイジ」や第一生命の「ながいき物語」のように高齢化が進む中で保険商品として、トンチン保険(トンチン年金)が登場し始めています(ただしくは、トンチン性の高い保険)。

今回は、そんなトンチン保険の特徴や加入するメリット、デメリットなどをまとめていきたいと思います。

続きを読む

ライフプラン,保険のライフハック,公的保険・年金,老後

個人年金と税金。生命保険料控除が利用でき年末調整、確定申告で税金が戻ってくる

2017年6月27日

個人年金に加入して保険料を支払うと、生命保険料控除(個人年金保険料控除)という所得税(住民税)における所得控除を受けることができます。支払った年金保険料の一部を所得から控除することができるため、その分、税金を安くすることができます。サラリーマンの場合は年末調整で対応することができ、そのほかの人は確定申告をすることで税金が安くできます。

今回はそんな個人年金の保険料控除の仕組みや、控除を受けるための条件等の注意点、節税効果の影響について紹介していきたいと思います。

続きを読む

保険のライフハック,公的保険・年金

個人型確定拠出年金(iDeCo)と個人年金保険の違いを比較

2017年6月26日

老後の年金を自ら備える方法としては、2017年より利用可能な人が大幅に広がった「個人型確定拠出年金(iDeCo)」と保険会社が販売する「個人年金保険」の二つが代表的です。どちらも同じ「年金」なのですが、制度は全く異なります。

今回はこの異なる二つの任意で加入できる年金についてそれぞれの特徴や違いなどを分かりやすく比較しながら、どちらがより向いているのかを分かりやすくまとめていきます。

続きを読む

401K・確定拠出年金,ライフプラン,保険のライフハック,公的保険・年金,老後

国民年金は未納率が高く、公的年金は破綻するというのは本当か?

2017年6月19日

国民年金の未納率は3割とも4割といわれており、そんなに多くの人が年金保険料を払っていないのなら年金制度は早晩破たんすることになるし、それなら払う必要もないんじゃないの?と思っている方も多いのではないでしょうか。

まず、こうした年金の未納率が高すぎるから年金制度が破綻するということはありません。実は、未納率4割というのは計算の仕方で4割となっただけにすぎません。実際に年金未納としている人は国民年金に加入しなければならい人の合計からみたら、わずか3%に過ぎません。

3%程度では年金制度が破綻するという事はありません。ただ、3%と30%~40%というのには大きな隔たりがありますが、これはどうしてこうなったのでしょうか。

続きを読む

ライフプラン,保険のライフハック,公的保険・年金,老後

20歳を過ぎた学生は年金の学生納付特例制度に申し込みが必須な理由と追納の必要性。

2017年6月8日

日本国内に居住している20歳以上の人は国民年金(公的年金)の被保険者となります。20歳を過ぎたら国民年金に加入する手続きが必要になります。大学生のように学校に通っていてまだ働いていない方でも20歳を過ぎたら国民年金に加入することになります。

ただ、収入もない学生が年金保険料を支払いのは厳しいですよね。そのため、学生には「学生納付特例制度」というものがあり、こちらを利用することで、国民年金の保険料支払いが猶予されることになります。

制度を利用せずに年金保険料を払わないと万が一の時に困ることもになりかねません。今回はそんな学生の学生納付特例制度について紹介していきます。

続きを読む

保険のライフハック,公的保険・年金

大和証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)のおすすめポイントと評判はどう?

2017年5月26日

大手総合証券会社である大和証券が、2017年4月より新プランとなり、手数料やファンドのラインナップをリニューアルしました。SBIベネフィットシステムズとの間での資本業務提携に合わせてのサービスの変更となっており、手数料の引き下げや一定条件による無料化などが実施されています。

証券会社では大和証券以外にも、SBI証券や楽天証券などがiDeCoを提供していますが、対面系の証券会社である大和証券ならでの魅力もあります。今回はそんな大和証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)のサービス内容について詳しく分析していきます。

大和証券の個人型確定拠出年金公式ページ

続きを読む

401K・確定拠出年金,保険のライフハック,公的保険・年金,証券会社のサービス,証券会社の手数料,証券会社の選び方

主婦が扶養の範囲内で働くという意味と金額・計算方法。扶養から外れたら負担はどのくらい増える?

2017年5月14日

扶養の範囲内で働くというのはよく聞かれる言葉ですね。一般的にはパートをしている主婦や、学生などが配偶者や両親の扶養に入っている人がそれをはずれない範囲内でお金を稼ぐという意味です。

単に扶養といっても大きく「税金(税制)における扶養」と「社会保険制度における扶養」との二種類があり、それぞれで制度が異なっています。そのため、扶養の範囲内で働くという場合は、そのどちらの扶養なのか?ということをはっきりさせておく必要があります。

今回は、主婦が扶養の範囲内で働くということと、その詳しい仕組み、注意点などをまとめていきます。

続きを読む

仕事術,保険のライフハック,健康保険,働くうえでの法律・税務知識,公的保険・年金,所得税・住民税,節税・税金のライフハック

個人型確定拠出年金(iDeCo)の最大のリスクは特別法人税(資産税)の再開?

2017年4月29日

個人型確定拠出年金(iDeCo)が何かと注目されています。最近ではテレビや雑誌などでも節税効果が高い老後の年金資産の作り方として特集することが多いです。そんな個人型確定拠出年金にはほとんどの人が指摘していないリスクがあります。

それは年金資産に対する「特別法人税」の存在です。確定拠出年金の運用に対しては税金として特別法人税という税金があります。この税金現在は「凍結中」という状況になっています。この資産税が再開された場合、個人型確定拠出年金(iDeCo)においても大きな影響がでてきます。

続きを読む

401K・確定拠出年金,保険のライフハック,公的保険・年金

選択制確定拠出年金は加入すべき?メリット、デメリットを比較

2017年4月27日

会社の企業年金としての確定拠出年金(DC)の一つに選択制確定拠出年金という年金制度があります。ざっくりいうと、従業員が年金に加入する、加入しないを選ぶことができる年金制度です。

企業年金を導入していない中小企業にとっても全額会社負担として新たに加入する通常の企業型確定拠出年金よりも低コストでスタートできることから近年採用されることが多いタイプの企業年金となっています。

この選択制のDCは従業員にとってメリットもデメリットも両方がある制度となっています。今回はそんな選択制の確定拠出年金について紹介していきます。

続きを読む

401K・確定拠出年金,仕事術,保険のライフハック,公的保険・年金,給料・ボーナスの活用術

企業年金のあるサラリーマンは個人型確定拠出年金(iDeCo)にも加入するべき?

2016年12月20日

ideco2017年1月からは企業年金制度があるサラリーマンの方も、個人型確定拠出年金(iDeCo)に任意で加入することができるようになります(2016年中は不可)。企業年金がある会社にお勤めの方が新規でiDeCoに加入するメリット、デメリットをまとめていきたいと思います。

注意したいポイントとしては低い積立上限額と手数料の関係。それと退職時に受け取る一時金とiDeCoの一時金による退職所得の増加といったところが挙げられそうです。

続きを読む

401K・確定拠出年金,ライフプラン,保険のライフハック,公的保険・年金,老後

1 / 712345...最後 »

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP