おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
外国株投資

株式投資というと日本の企業への投資が中心になるかと思いますが、米国株や中国株といった外国の企業にも日本国内から投資ができます。

ここではそんあ外国株投資を始めるにあたっての証券会社の選び方や株投資の基本などを紹介していきます。

米国株に投資ができるネット証券3社を徹底比較。どの証券会社がお得か?

2018年5月24日

株式投資において日本株ではなく米国株(米国ETF)に投資をしたいと考えている方も多いかと思います。一方で証券会社において米国株・米国ETFに投資ができる所は実はかなり限られています。

たとえば、いわゆる大手ネット証券といわれる証券会社6社(SBI証券、マネックス証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券、岡三オンライン証券、GMOクリック証券)の中でも米国株取引に本気で対応しているのはSBI証券、マネックス証券、楽天証券の3社だけです。

今回はそんな米国株に投資をすることができる証券会社(ネット証券)各社のサービス内容を徹底比較していきいます。

続きを読む

外国株投資,証券会社比較と口座開設

外国株投資(米国株投資)をしている方は確定申告で外国税額控除を利用しよう

2018年1月16日

アメリカ株(米国株)などへの投資はかつて投資のハードルも高かったのですが、最近では証券会社の手数料も安くなったり、投資サービスも増えたりして投資する人が増えてきました。

そんな外国株投資では「外国税額控除」というもの利用できる場合があります。たとえば米国株の配当金の場合、米国で10%課税され、日本でも20%課税されます。つまり、二か国で二重に税金がかかることになります。この二重課税の問題を解消するのが“外国税額控除”です。

米国株投資をする方にとっては非常に重要な知識となりますのでしっかりと把握しておきましょう。

続きを読む

外国株投資,株・投資の税金

スマホ証券のOne Tap BUY。1000円から低コストで米国株投資や積立投資ができる

2017年6月14日

1000円から米国株が買えるとして話題のOne Tap BUYはスマートフォンから簡単な手続きで世界的に有名な米国企業に株式投資ができるサービスとなっています。

投資できるのはアマゾンドットコム、アップル、アルファベット(Google)、コカ・コーラ、コストコ、フェイスブック、ゼネラルモーターズ、マイクロソフト、ツイッター、VISAなどの世界を代表するような米国企業です。

また、2017年7月からは国内株(一部30銘柄)にも投資ができるようになりました。

米国株式への投資はSBI証券や楽天証券、マネックス証券などの一部のネット証券でもネット取引ができますが、One Tap BUYはその単純さが大きな強みとなっています。今回はそんなOne Tap BUYについてそのメリット、デメリットなどをわかりやすく紹介していきます。

One Tap Buyの公式ホームページ

続きを読む

外国株投資,株式投資,証券会社のサービス,証券会社の選び方,資産運用のライフハック

SBI証券の米国貸株サービス、カストック(Kastock)のメリット、デメリット

2017年5月26日

SBI証券はもともと、投資家が保有する国内の現物株式を借りる代わりに貸株料を支払うという貸株サービスを提供していましたが、2016年より、米国株と米国ETFなどを対象とする米国貸株サービス(愛称:Kastock)を開始しました。

今回はそんなSBI証券の米国貸株についてのサービス内容とそれを利用するメリット・デメリットや注意点、リスクなどをわかりやすくまとめていきたいと思います。

続きを読む

外国株投資,株式投資,証券会社のサービス,証券会社の選び方,資産運用のライフハック

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP