スマホ証券のOne Tap BUY。低コストで米国株投資や積立投資ができる

One Tap Buyは1000円から米国株や日本株が買える小額投資サービスを行っている証券会社です。スマートフォンだけで取引が完了するようになっており「スマホ証券」という呼び方もされています。

最近ではネオモバ(SBIネオモバイル証券)、LINE証券、日興フロッギーといったように小額投資ができるサービスがたくさん登場していますが、One Tap Buyの大きな強みは「米国株投資」ではないかと思います。

今回はそんな米国株投資ができるOne Tap Buyについて、その特徴やメリット、デメリットなどを分かりやすくまとめていきます。

スポンサーリンク

One Tap Buyとは何か?

One Tap Buy(ワンタップバイ)は、日本企業や米国企業の株式を1000円単位で売買することができるスマホ証券です。

  • 日本株CFD(5倍取引、10倍取引)
  • つみたてロボ貯蓄
  • 誰でもIPO

といったサービスを展開しています。もともとは米国株取引中心でしたが、最近は投資サービスの幅も拡大しています。

 

米国株・日本株

One Tap BUYは、1,000円から小額で日米企業の株を購入できます。金額単位で投資をすることができるので分かりやすいです。

日本株だと100円単位で株を買える日興フロッギー(SMBC日興証券提供)がありますが、米国株を定額投資できるのはOne Tap Buyだけですね。

為替も気にせずに1000円単位で買付できるので手軽です。

株数単位ではなく、金額単位で投資ができるOne Tap BUYの大きなメリットの一つが「ドルコスト平均法」による投資ができるということにあります。

ドルコスト平均法は「定額投資法」ともよばれ、数量単位ではなく、金額単位で投資をすることで価格が高いときは少量だけ、価格が安いときは多めに購入することでトータルの平均取得額を引き下げることができるという投資法です。

ドルコスト平均法のメリット・デメリット
2019-08-15 20:40
積立投資を行う上でおすすめな投資としてあげられるのが「ドルコスト平均法」による投資。ドルコスト平均法は「定額投資法」とも呼ばれる投資で、毎月(毎回)、特定の投資対象に対して定額を投
リンク

毎月1万円ずつを積立投資をするといった運用に優れています。

 

CFD(5倍取引、10倍取引)

1万円単位でCFD取引(差金決済取引)が可能なサービスです。株価指数や個別株式投資を証拠金の5倍、10倍といったレバレッジをきかせた投資をすることができます。

CFD取引とは何か?取引の仕組みやメリット、デメリットなどをわかりやすく解説
2017-10-12 14:58
CFD(Contract For Difference)取引とは、差金決済取引と呼ばれる証券等の取引方法となっています。なかなか聞きなれない言葉かと思いますが、株式や為替、株価指数
リンク

10倍取引は日経225(日経平均株価)、S&P500が対象。5倍取引は日本株(個別銘柄)が対象です。

 

つみたてロボ貯蓄

積立投資によってETFやBDC、個別株式(米国株)に積立投資をしていくサービスです。単純な積立投資だけでなく、定期売却によって運用資産を年金のように受け取ることがもできるようになっています。

 

誰でもIPO

誰でもIPOは1株単位でIPOに申込ができるサービスです。IPOは勝率が高く、非常に人気が高いのですが、競争も激しく中々当選しません。

そんなIPOは通常100株単位(単元株単位)ですが、それを1株単位で取り扱えるようになったのが誰でもIPOです。ただ、対象銘柄は過去に「ソフトバンク」があっただけで、期待はしにくいと思います。

同種のサービスについてはSBIネオモバイル証券(ネオモバ)が「ひとかぶIPO」を提供しています。ネオモバは引き受けも多いSBI証券と関係が強く対象銘柄も多いのでこちらがおすすめです。

 

One Tap Buyはどう活用する?

強みのあるサービスは小額からの米国株取引ではないかと思います。

コスト面でいえば2019年に大手ネット証券が米国株取引手数料の引き下げを行っており、正直いってコスト面ではOne Tap Buyは負けているような状況です。

米国株に投資ができるネット証券4社を徹底比較。どの証券会社がお得か?
2019-12-24 07:05
株式投資において日本株ではなく米国株(米国ETF)に投資をしたいと考えている方も多いかと思います。一方で証券会社において米国株・米国ETFに投資ができる所は実はかなり限られています
リンク
One Tap BUY SBI証券 DMM株
為替手数料 片道35銭 片道4銭 片道25銭
売買手数料 基準価格の0.5%(時間中)
基準価格の0.7%(時間外)
約定価格の0.45% 無料

なので、コスト重視ならSBI証券、またはDMM株がおすすめです。

一方でOne Tap Buyの強みはやはり1000円から投資できるという点でしょうね。米国株を小額から購入できるというのハードルが高めの米国株投資を手軽にはじめることができます。

なお、2020年4月16日からスマホ決済のPayPayと連携してPayPayボーナスを使ってポイント投資(ポイント運用)できる「PayPayボーナス運用」のサービスも始まっています。

 

普通に日本の証券会社(ネット証券)でアップルの株を買う場合

普通のネット証券で米国株を買う場合は以下のような流れになります。

  1. 口座開設
  2. 米国口座の開設(ネット完結)
  3. 証券口座に入金(日本円)
  4. 購入したい株を選ぶ
  5. 株数並びに株価を指定して注文
  6. 売買が成立したら「株数×株価+手数料」が残高から引かれる

とくに(5)の部分がややこしいです。株数単位で購入するため、いくら分の投資をするかどうかというのは、株数に対して「株価(米ドル)×為替レート(ドル円)」という二つの変数が関わってくることになります。

株価の上昇や為替レートが円安になることで思ったよりもたくさんのお金が必要になるということがあるわけです。

 

One Tap BUYでアップルの株を買う場合

続いてはOne Tap BUYで米国株を買う場合の流れを紹介します。

  1. 口座開設
  2. 入金
  3. 購入したい株をえらぶ
  4. いくら買うか決める
  5. 売買成立

ここでのポイントは(4)の「いくら買うか決める」という部分です。One Tap BUYでは、1000円分、10000円分だけ購入するという金額単位の投資ができます。

諸費用込々で投資ができるので1万円分だけアップルの株を買うという場合に必要なのは1万円だけで済むわけです。このわかりやすさが大きな特徴といえそうです。

米国株のるいとう的なサービス

米国株の取引単位は本来は1株単位です。そのため、前述のアップル株であれば1株154.99ドルで取引されているので1000円で買えるだけ買うとすると0.0561株となります(1ドル115円と想定)。

普通はこうした買い方はできません。そのため、One Tap BUYは「るいとう(株式累積投資)」のような形で米国株を販売しています。

株式の積立投資「るいとう(株式累積投資)」を始めるメリット、デメリット
2020-05-12 16:05
個別株式に対する積立投資として「株式るいとう」という運用方法があります。株式累積投資の略称で、毎月一定額を拠出して株式を購入することができる方法となっています。 ソニーや任天
リンク

こうすることで、投資家は1株単位という形ではなく、1000円、1万円といった金額単位で米国株に投資ができるわけです。そのための制約として投資可能な銘柄はOne Tap BUYが選定している銘柄に限られ、議決権の行使はできません。

なお、配当金については実際に配当された金額×持ち株数(小数点以下含む)に応じて配分されますのでご安心ください。

 

振込手数料が無料の銀行にも口座を作っておこう

One  Tap Buyのデメリットとして、入金が振込のみとなっています。ネット証券大手のようにリアルタイム入金(手数料無料)ではなく、投資家ごとに決まった銀行口座に振込をする形になります。

そのため、入金用に振込手数料が無料になる銀行を持っておくと便利です。

銀行の振込手数料を比較。振込手数料が無料の10のネット銀行と無料条件
2019-08-14 07:05
2019年8月現在における主要な銀行やネットバンクにおける振込手数料を比較していきます。 銀行で仕事で振込が必要だったり、各種支払いや家族への送金などで銀行振り込みを使うこと
リンク

 

日本株の場合、議決権や優待がもらえないので注意

One Tap Buyは日本株も購入できます。

ただし、一つだけ注意点があります。それは「株主優待」です。One Tap BUYで投資をしている株式の名義は単元未満株の場合、投資家本人ではなく、「One Tap BUY」になります。これは「るいとう(株主累積投資)」などの他サービスと同様です。保有株数が1単元以上になれば株主優待を受け取ることができます

また、One Tap BUYのサービスと少し似たサービスとして一部証券会社が提供している「単元未満株取引」というものがあります。「株数単位」と「金額単位」という違いはありますが、同じように小額投資ができます。小額投資を考えている方はこちらも参考にいただければと思います。

単元未満株取引(プチ株、S株、ワン株)のメリット・デメリットと「ミニ株」や「るいとう」との違い
2019-08-14 08:20
ネット証券各社においてプチ株、S株、ワン株といった名称の「単元未満株取引」という取引が利用可能になっています。これは名前の通り単元株数未満の株を売買できるサービスです。少額から株式
リンク

 

まとめ。世界的な米国株に小額積立投資をする人におすすめ

毎月定額購入をするというサービスも用意されているので、毎月数千円~数万円単位で米国株に積立投資をしていくという考えだと投資初心者向けの証券会社といえそうです。

口座開設はアプリダウンロードして必要事項と必要書類を送るだけです。

なお、本人確認書類+マイナンバーについては「証券会社へのマイナンバー登録・通知の義務化」でも記事にしていますが、2016年より全証券会社で必須となっているためここだけは少し面倒ですが、これくらいであとはすぐに口座開設できます。

1000円単位ですぐに始められる個別米国株投資ができる証券会社としてはとても便利な証券会社です。

同じカテゴリーの人気記事

【スマホ証券のOne Tap BUY。低コストで米国株投資や積立投資ができる】に興味があるのであれば、以下の記事もおすすめです

おすすめ記事

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP