資産運用のライフハック

資産運用のためのお役立ち記事

資産運用に役立つ記事をまとめています。株式投資、外為投資、預金、債券、不動産投資など様々な投資に対するお役立ち情報や最新情報などを発信しています。

PayPayボーナス運用が始まる!S&P500にPayPayアプリから手軽に投資。実は後出しも可能

2020/11/23 更新

PayPayボーナス運用というサービスが2020年4月16日にスタートしました。スマホ決済サービス(QRコード決済)のPayPay残高の一つである「PayPayボーナス」を使って、アプリ内で疑似的に投資体験ができるサービスとなっています。

リアルタイムで投資・引出が可能となっており、米国株投資に手軽に取り組むことができるようになっています。

こちらではそんなPayPayボーナス運用サービスについてその特徴や活用方法、注意点などを紹介していきます。

続きを読む

スマホ決済,ポイントサービス,ポイント投資・ポイント運用

投資信託を買える、積立できるクレジットカードを比較

2020/11/20 更新

投資信託を買うときに、イチイチ証券会社に入金をしたりせずに簡単に買いたい、積立をしたいといった時、クレジットカードを使って投資信託が買えると便利です。クレジットカード払いなら、あとから自動的に銀行口座から出金されるので手間もありません。

クレカ決済でポイントまで貯めることができればうれしいですよね。今回はそんな投資信託を買える、積立投資ができるクレジットカードを紹介、比較していきます。

続きを読む

クレジットカードの活用術,投資信託

株高で儲かっているときに金銭感覚を狂わせない!ハウスマネー効果に要注意

2020/11/17 更新

株式投資によって大きな利益を得たとき、人はどうしても金銭感覚が狂いやすいです。

投資によって儲かった100万円と仕事のお給料からコツコツ貯めた100万円も同じです。お金に色はありません。しかしながら、人はその二つの100万円を明確に区別してしまいます。行動経済学において「ハウスマネー効果」と呼ばれるものです。日本でも悪銭身に付かずという諺がありますね。

相場が堅調な時、相場で一儲けできた時というのはどうしても財布は緩みがちになります。家計管理(お金の使い癖)というのは習慣です。一度緩むと矯正するのは大変です。

続きを読む

株式投資,株式投資のお勉強

auPAYポイント運用(旧:au WALLETポイント運用)のメリット、デメリットを徹底分析

2020/11/19 更新

au WALLETポイントは携帯電話のauの利用や、au WALLETプリペイドカードの利用、他社ポイントとの交換で貯めることができるKDDIのポイントです。

このau WALLETポイントをポイント投資として疑似運用できるサービス「au WALLETポイント運用」が2019年4月9日にスタートします。現在は、ポイントサービスをPontaと統合したことで、au PAYポイント運用と名称を変更していますが、仕組み自体は同じです。

同じ通信系ではドコモのポイントであるdポイントが「dポイント投資」のサービスを提供しており、注目されます。

続きを読む

auの活用術,ポイント投資・ポイント運用,通信費の節約術・ライフハック

dポイント投資とは?dポイントで資産運用をするメリット、デメリット

2020/11/23 更新

共通ポイントカードの「dポイント」が新たなポイント活用サービスを開始しました。ロボアド(ロボットアドバイザー)運用のお金のデザインと共同でポイント運用(ポイント投資)のサービスを開始します。最近はポイント投資サービスが急増しています。

今回はそんなdポイント投資について、その特徴や仕組みを紹介していきます。このdポイント投資、数あるポイント投資、ポイント運用の中でもお得度が高いサービスとなっています。

続きを読む

Fintech(フィンテック),ポイント投資・ポイント運用,共通ポイントの活用術

StockPoint for CONNECT(旧:Pontaポイント運用)のメリット、デメリットを分析

2020/10/26 更新

共通ポイントカードのPonta(ポンタ)がポイント運用サービスを始めることを発表しました。

ポイント運用サービスはポイントを疑似的に投資してその結果でポイントが増減するサービスです。すでに共通ポイント界隈では「dポイント」「楽天ポイント」が同種のサービスを始めており、Tポイントも参入を表明していましたが、Pontaポイントもポイント投資ができるようになります。

「ポイント=オマケ」の時代からポイントがほとんどお金と変わらなくなる時代になってきましたね。

今回はそんなPontaポイント運用のサービス内容の特徴やメリット、デメリットなどを見ていきたいと思います。

※2020年7月1日よりサービス名称が「StockPoint for CONNECT」へと変更となりました。

続きを読む

ポイント投資・ポイント運用

auカブコム証券でポイント投資がスタート!Pontaポイントで投資信託が買える

2020/10/08 更新

各ネット証券では、ポイントを利用した投資サービスを次々と導入しています。SBI証券やSBIネオモバイル証券はTポイント投資、楽天証券は楽天ポイント投資、SMBC日興証券(日興フロッギー)はdポイント投資、そして2020年9月にはauカブコム証券がPontaポイント投資をスタートさせました。

これにより、主要な4大共通ポイントはすべて投資信託や株式への投資に利用できるようになりました。現金とポイントの境界がどんどんあいまいになってきましたね。

ここではそんなauカブコム証券のPontaポイント投資についてサービス内容や活用法、メリット、デメリット、注意点などをまとめていきます。

>>auカブコム証券公式ホームページ

続きを読む

ポイントサービス,ポイント投資・ポイント運用,共通ポイントの活用術,証券会社のサービス

LINE証券の株のタイムセールはお得?上手にタイムセールを活用する攻略法を紹介

2020/10/07 更新

LINE証券が提供しているキャンペーンの一つに「株のタイムセール」というものがあります。その名前の通り、株式を割引価格で販売してくれるサービスです。その日の終値から3%、5%、7%のいずれかの割引率で購入できるようになっているセールです。

当日購入なので、翌朝の始値でそれぞれの割引率以上に値下がりしない限りはほぼ利益がでるというお得なセールです。

購入できる上限金額もあり、早い者勝ちでもあるので、大儲けできるようなキャンペーンではありませんが、コツコツと利益を拾っていきたい投資家の方にはおすすめです。私ももちろん毎回参加してます。

>>LINE証券の公式ホームページはこちら

続きを読む

株式投資,証券会社のサービス,証券会社比較と口座開設

単元未満株取引(プチ株、S株、ワン株)のメリット・デメリットと「ミニ株」や「るいとう」との違い

2020/10/08 更新

shareネット証券各社においてプチ株、S株、ワン株といった名称の「単元未満株取引」という取引が利用可能になっています。これは名前の通り単元株数未満の株を売買できるサービスです。少額から株式投資が可能な売買サービスですが、今回はこれらのメリット、デメリットをまとめていきます。

また、類似サービスであるミニ株(株式ミニ投資)やるいとう(株式累積投資)との違いも合わせてまとめていきます。

続きを読む

株式投資,資産運用のライフハック

auカブコムの資産形成プログラムとは?投資信託保有でたまるポイント

2020/10/07 更新

大手ネット証券のauカブコム証券では、自社の口座内で投資信託(ETF除く)を保有していると、残高に応じて「毎月ポイント」というポイントがたまる仕組みがありましたが、2020年からはPointaポイントが貯まる「auカブコムの資産形成プログラム」にリニューアルしました。

こうした投資信託の保有に対するポイントプログラムはauカブコム証券だけでなく、SBI証券や楽天証券などでも実施されていますが、auカブコム証券は最高レベルの付与率となっているのが特徴です。

今回はそんなauカブコム証券の投信ポイントである“auカブコムの資産形成プログラム”の特徴やメリット、デメリット、他社ポイントとの違いなどを紹介していきます。

auカブコム証券公式ホームページ

続きを読む

投資信託,証券会社のサービス,証券会社比較と口座開設

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP