おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

投資信託を買える、積立できるクレジットカードを比較

投資信託を買うときに、イチイチ証券会社に入金をしたりせずに簡単に買いたい、積立をしたいといった時、クレジットカードを使って投資信託が買えると便利です。クレジットカード払いなら、あとから自動的に銀行口座から出金されるので手間もありません。

クレカ決済でポイントまで貯めることができればうれしいですよね。今回はそんな投資信託を買える、積立投資ができるクレジットカードを紹介、比較していきます。

スポンサーリンク

クレジットカードで投資信託が買える証券会社

現在のところ、クレジットカードで投資信託を買えるようにしている証券会社は以下の2社だけです。

それぞれの証券会社で投信の購入に使えるクレジットカードが異なります。以下では、それぞれの証券会社と対応しているクレジットカードを紹介していきます。

 

楽天証券は楽天カードで投資信託が買える

まず、ネット証券の中でも投資信託に強いとされている楽天証券です。

楽天証券での投資信託買付(積立)は同じ楽天グループのクレジットカードである「楽天カード」で投資をすることができるようになっています。

楽天カードといえば、年会費無料&ポイント還元率1%のハイコスパなクレジットカードですので期待が高まりますね。

楽天カードのメリット、デメリット、活用方法のまとめ
2015-05-11 21:02
国内のオンラインショッピングモールの最大級の「楽天市場」。会員数は2015年3月末時点で9977万人と日本のショッピングモールの中でも最大規模のモールです。そんな楽天市場をよく利用
リンク

>>楽天カード公式ホームページ

ただ、楽天証券での投信買い付けについて詳しく見てみると以下のような説明となっています。

楽天カード(クレジット)を通じて銀行口座から積立代金を自動で引き落としして投信積立を行うサービスです。毎月11日の3営業日前までに積立設定を行っていただくと、当月27日に引きお年、翌月12日のお買付となります。
引用:楽天証券

太字にしているところに注目ですね。
どういうことかというと、楽天カード(クレジットカード)があれば投資信託をカードから積立できるわけですが、実際にクレジットカード払いで購入するのではなく、あくまでもカードに設定されている銀行口座から支払いをするという仕組みになっています。

それとクレカ払いをするのとどう違うか?というと“クレジット決済じゃないから楽天カードのポイントは貯まらない”ということになります。残念です。

 

楽天証券+楽天銀行なら、マネーブリッジ設定の方がお得

ちなみに、わざわざ楽天カード経由にしなくても楽天証券の投資を楽天銀行経由でなら「マネーブリッジ」の設定をしておけば自動的に投資信託買付資金を楽天銀行の口座から引き落とせるので、あえて楽天カード経由にする必要性はありません。

むしろ、楽天証券の投信買い付けを楽天銀行口座引き落としにすれば楽天銀行のポイントプログラムの「ハッピープログラム」の対象取引となり、買付1件(引き落とし1件)あたり1~3ポイントがもらえます

楽天銀行のハッピープログラムとは?ハッピープログラム活用のポイント
2015-06-03 12:47
大手ネット銀行の楽天銀行は「ハッピープログラム」という優待プログラムを用意しています。ベーシック、アドバンスト、プレミアムといったように楽天銀行のサービス利用状況に応じて5段階のス
リンク

ということはあえて、楽天カードを経由させるよりは楽天銀行から直で引き落とす設定にするほうがお得ということになりますね。

>>楽天証券公式ホームページ

>>楽天銀行公式ホームページ

 

マネックス証券はセゾンカードなら投信積立ができる

もう一つのマネックス証券もセゾンカードであれば積立購入が可能です。セゾンカードについてはマネックス証券+セゾンカードの“マネックスセゾンカード”がありますが、こちらのカード以外にも「セゾンカード」が発行したクレジットカードであれば買い付けが可能となっています。

カードde自動つみたて”というサービスです。

ただ、マネックス証券のカードde自動つみたても、仕組み的には楽天証券のケースと同じです。あくまでも「セゾンカードの引き落とし口座」からの出金サービスのようなものでクレジット決済にはあたりません。

そのため、クレジットカードとしてのポイント(セゾンの永久不滅ポイント)については付与の対象外となっています。

永久不滅ポイントは最近話題となっている「ポイント投資」ができるポイントですので、投信を買ったポイントで再投資ができるという複利運用ができるかと思いましたが残念です。

>>マネックス証券公式ホームページ

>>セゾンカード公式ホームページ

 

クレカ払いでポイントが貯まる証券会社が登場予定

クレジットカードの“エポスカード”を運営しるマルイがクレジットカードで投資信託を購入することができる証券会社として「つみたて証券」を2018年中に設立する予定です。

つみたて証券会社が登場、つみたてNISA専用で投信購入がクレジットカードで可能
2018-05-17 09:36
2018年夏、つみたて証券会社という新しい証券会社がサービスを開始します。この証券会社には一風変わった特徴が2つあります。 一つは取扱い投資商品が小額投資非課税制度である「つ
リンク

>>エポスカード公式ホームページ

エポスカード(つみたて証券)については、今回紹介した「楽天証券+楽天カード」や「マネックス証券+セゾンカード」のように引き落とし口座からの引き落としではなく、エポスカード(クレジットカード)による決済という形をとるようで、ポイントも付与される予定なのだそうです。

従来の投資信託のクレジットカード払いは“あくまでも決済の利便性”だけを追求していたわけですが、つみたて証券がスタートすれば、カード払いでポイントまで貯まるという事で大きく状況が変わるかもしれませんね。

また、こうしたライバルができるわけですから、先行して対応している楽天証券やマネックス証券が同じような対応をしてくる可能性もあるかもしれません。期待したいところですね。

 

以上、投資信託を買える、積立できるクレジットカードについて調べてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP