投資信託を買える、積立できるクレジットカードを比較

投資信託を買うときに、イチイチ証券会社に入金をしたりせずに簡単に買いたい、積立をしたいといった時、クレジットカードを使って投資信託が買えると便利です。クレジットカード払いなら、あとから自動的に銀行口座から出金されるので手間もありません。

クレカ決済でポイントまで貯めることができればうれしいですよね。今回はそんな投資信託を買える、積立投資ができるクレジットカードを紹介、比較していきます。

スポンサーリンク

クレジットカードで投資信託が買える証券会社

現在のところ、クレジットカードで投資信託を買えるようにしている証券会社は2018年くらいからどんどん増えてきました。

クレジットカードを使って投資信託を買うことでポイントが付与されます。このポイントが付くという事を考えると、これは実質的に投資信託を値引き価格で購入で来ているという事になります。

これはとっても美味しいです。投資信託の積立投資をしている(これからしたいと考えている)のであれば、投信はクレカ積立でポイントが貯まるといことは大前提に考える必要があるでしょう。

現在のところこの3サービスがあります。2021年にはSBI証券×Vポイント(三井住友カード)の提携も行われる予定だそうです。

 

クレジットカードによる投信積立とポイント還元を比較

ポイントが貯まるクレジットカードを比較しています。

証券会社 購入ポイント 保有ポイント 投資可能な投信
楽天証券×楽天カード 1% 0.048% 数千種類
tsumiki証券×エポスカード 0.1%~0.5%
※エポスゴールドなら年間投資額に加算。最大で実質1.5%還元
なし 4種類
SBI証券×タカシマヤカード 0.1%~0.3% 0.05%~ 数千種類

単純にスペックを比較すると上記のようになります。個人的なおすすめとしては、楽天証券×楽天カードが安定の第1位で、次点はtusmiki証券×エポスカードです。

ただ、エポスカードをかなり積極的に活用している人は優先度が入れ替わるかもしれませんね。

 

楽天証券は楽天カードで投資信託が買えて1%分のポイント還元

まず、ネット証券の中でも投資信託に強いとされている楽天証券です。

現状だと投資信託のカード買い付けでナンバーワンと言ってよいでしょう。月間5万円までの積立投資をすると、1%分の楽天ポイントが貯まる仕組になっています。

選べる投資信託の数も多く、さらに、投資信託の保有残高に応じたポイント還元(ハッピープログラム)も利用することができます。エポス×tsumikiと比較して還元率が高いです。

詳しい仕組みは以下の記事でも紹介しています。

楽天証券で投資信託を楽天カードで購入すると1%のポイント還元
2018-11-19 14:55
ネット証券の楽天証券で、2018年10月(予定)より楽天カードを使って投資信託を買えるようになります。今までも買えた?いいえ、これまではただの口座振替でしたが、これからはクレジット
リンク

1%還元は非常に大きいため、債券型ファンドを購入する設定にして即売却することでポイントだけを実質ゲットのようなことも可能だったりします。

これから始めるという前提なら一番おすすめです。

>>楽天カード公式ホームページ

>>楽天証券公式ホームページ

 

エポスカードのポイントが貯まる、tsumiki証券

tsumiki証券はそもそもエポスカードホルダーを前提にした積立投資サービスを行う専門の証券会社です。証券口座の開設はエポスNETというエポスカードの管理サイトから行います。

買付自身でポイントは貯まりませんが、積立年数に応じた「がんばってるね!ポイント」が付与されます。年間の投資信託購入金額に対して、1年目は0.1%、2年目は0.2%、3年目は0.3%、4年目は0.4%、5年目以降は0.5%が還元されます(エポスポイント)。

還元率でいうと前述の楽天カード×楽天証券の1%に遠く及びません。一方でエポスカードの上位カードのエポスゴールドの場合、年間利用金額50万円で2500ポイント(0.5%相当)、利用金額100万円で1万ポイント(1.0%相当)のボーナスが貰えます。このボーナスはtsumiki証券の積立分も含まれます。

そのため、エポスカードをよく利用しているゴールドカードユーザーであれば、理論上最大1.5%のポイント還元を受けることができるという事になるわけです。ここまで行けるなら楽天証券×楽天カードを超える還元率にできそうです。

丸井グループにtsumiki証券が登場。エポスカードで投資信託を積立投資
2020-11-20 08:04
sumiki証券という証券会社が2018年9月に開業する計画となっています。tsumiki証券はファッションビルやエポスカードなどを運営している丸井グループの証券会社です。
リンク

丸井系でのお買い物が多い人には楽天カードとの組み合わせよりも良い結果になる可能性が高そうです。

>>エポスカード公式ホームページ

 

番外、マネックス証券はセゾンカードなら投信積立ができるけどポイント付与対象外

マネックス証券もセゾンカードであれば積立購入が可能です。セゾンカードについてはマネックス証券+セゾンカードの“マネックスセゾンカード”がありますが、こちらのカード以外にも「セゾンカード」が発行したクレジットカードであれば買い付けが可能となっています。

カードde自動つみたて”というサービスです。

ただ、マネックス証券のカードde自動つみたても、仕組み的には楽天証券のケースと同じです。あくまでも「セゾンカードの引き落とし口座」からの出金サービスのようなものでクレジット決済にはあたりません。

そのため、クレジットカードとしてのポイント(セゾンの永久不滅ポイント)については付与の対象外となっています。

永久不滅ポイントは最近話題となっている「ポイント投資」ができるポイントですので、投信を買ったポイントで再投資ができるという複利運用ができるかと思いましたが残念です。

>>マネックス証券公式ホームページ

>>セゾンカード公式ホームページ

 

以上、投資信託を買える、積立できるクレジットカードについて調べてみました。

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP