tsumiki証券が登場。エポスカードで投資信託の積立ができ、ポイント還元率も最大1.5%と大きい

tsumiki証券という証券会社が2018年9月に開業しました。tsumiki証券はファッションビルやエポスカードなどを運営している丸井グループの証券会社です。

tsumiki証券は丸井のクレジットカードである「エポスカード」や同カードの利用で貯まる「エポスポイント」を使った投資信託の購入ができる点が大きな特徴です。クレジットカード決済で投資ができ、その支払い(投資)に対してポイントも付与されます。

今回はそんなマルイのtsumiki証券についてそのメリット、デメリット、評判などをまとめていきます。ちなみに、tsumiki証券の口座を作るにはエポスカード(クレジットカード)の保有が必要です。

>>エポスカード公式ホームページ

スポンサーリンク

tsumiki証券とはどんな証券会社?

tsumiki証券は、つみたてNISA対象の投資信託を毎月定額でエポスカードを使って投資することを目的とした証券会社です。

投資商品は投資信託のみとなっています。株やETF、債券、FXなどの他の金融商品の取り扱いはありません。しかも、投資信託4本のみとなっています。

  1. コモンズ30
  2. セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  3. セゾン資産形成の達人ファンド
  4. ひふみプラス

たった4つしかありませんが、いずれも低コストな人気ファンドとなっています。

当ブログでも、セゾン投信の「グローバルバランスファンド」やレオス・キャピタルワークスの「ひふみ投信」などとして紹介したことがありますね。

ちなみに、TOPIX連動のようなインデックスファンドが除外されているのは疑問もありますが、おそらく投資初心者を対象にしているので「これ一本への投資で十分な分散投資もできているファンド」というところを重要視したのでしょう。

 

エポスカードでの投資ができる証券会社

エポスカード(クレジットカード)を使って投資ができる証券会社です。

現在は楽天カード×楽天証券のようにクレカで投資信託を買える証券会社はありますが、一番最初にクレジットカードで直接投資信託を買える仕組みを導入したのはこのtsumiki証券です。

投資信託を買える、積立できるクレジットカードを比較
2020-11-20 08:41
投資信託を買うときに、イチイチ証券会社に入金をしたりせずに簡単に買いたい、積立をしたいといった時、クレジットカードを使って投資信託が買えると便利です。クレジットカード払いなら、あと
リンク

最大の特徴(メリット)となりうるのが“エポスポイントが貯まる”という事ですね。

エポスカードは”保有だけで”お得な年会費無料のハイスペックなクレジットカード
2021-04-15 12:30
エポスカードは丸井のクレジットカードです。私はそんなにマルイには行かないしなぁと思う方も多いかもしれません。しかし、エポスカードはマルイの利用者にとってはもちろんお得なのですが、マ
リンク

積立年数に応じた「がんばってるね!ポイント」が付与されます。年間の投資信託購入金額に対して、1年目は0.1%、2年目は0.2%、3年目は0.3%、4年目は0.4%、5年目以降は0.5%が還元されます(エポスポイント)。

また、累計の買い物金額にも加算されます。エポスカードは利用状況に応じて年会費無料のエポスゴールドへのインビテーション(招待)制度がありますが、tsumiki証券での投信積立を続ければ高い確率でゴールドカードへ招待されます。

エポスゴールドカードはエポス修行(インビテーション)で最強コスパのゴールドカード
2021-04-16 11:37
マルイのクレジットカード「エポスカード」の中でもワンランク上のエポスゴールドカードは年会費5,000円(税込)が必要なゴールドカードです。 ただし、このエポスゴールドは、エポ
リンク

エポスゴールドになると年間50万円で2500P(0.5%相当)、100万円の利用額達成で1万P(1.0%相当)のボーナスポイントがもらえるしくみもあるので併用するとかなりお得になります。投資信託の積立額もこの年間購入額に反映されます。

 

最大ポイント還元率は1.5%に

頑張ってるねポイントと、エポスカードの年間購入額ボーナスは併用できます。なので0.1%~0.5%のポイント還元(頑張ってるねポイント)と年間購入ボーナス(100万円で1万ポイント)を合算すれば最大1.5%還元となり、楽天カード×楽天証券の還元率(1%)を超えます。

ただし、エポスカードでの投信積立は最大で月5万円までなので年間60万円にしかなりません。そのため、100万円で1万ポイントのボーナスを達成するには別途40万円の支払いが必要となります。

そんなに買い物をしないというのであれば少し還元率は落ちますが、年間50万円利用の2500Pボーナス(0.5%相当)を確実に狙うという手もあります。

 

2020年には貯めたエポスポイントを使った投信買い付けに対応

また、2020年にはアップデートされ、エポスポイントを使って投資信託を購入する仕組みも追加されました。100ポイント(円)単位で投資が可能です。

 

即売りは可能だけど返金時期はずっと後になる

tsumiki証券で約定日の翌日から投資信託を売却はできます。
ただ、その売却代金の決済はクレジットカードの引落日以降になります。こうすることでクレカのショッピング枠の現金化に近いような取引ができないように工夫しているのだと思います。

 

tsumiki証券は目的特価型で他の投資は苦手

一方でtsumiki証券のデメリットといえる部分はその汎用性の低さです。

つみたてNISA対象の投資信託を積立投資をするという機能だけしかありません。

  • 個別の企業に投資をして配当や株主優待が欲しい
  • ETFなどを通じて世界に投資をしたい
  • 積極的な売買を通じて売買益を得たい

こういったニーズには対応していません。積立投資専門として割り切って使う必要があるわけです。

投資をするならやっぱり株なんかにも投資をしたいというのであれば、通常の証券会社を選ぶか併用するほうがいいという事になります。

株初心者におすすめのネット証券・証券会社の比較と選び方
2019-08-16 12:06
株式投資に興味はあるけど、投資経験はなく初めて株を買うというときに口座を開設するべき初心者におすすめのネット証券(証券会社)とその選び方を紹介していきます。 株初心者の方にと
リンク

なお、tsumiki証券への口座開設はエポスカードの管理画面「エポスNet」から申し込み可能です。利用する場合はそもそもエポスカードの保有が前提となりますので先にカードを作りましょう。

>>エポスカード公式ホームページ

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP