おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

投資初心者はETF・インデックファンドの積立投資がおすすめ

2011/07/29最終更新   投資信託 資産運用のライフハック

これから株式投資や投資信託などの資産運用を始めてみようかと思いながらも、投資ってなんだかよく分からないという方にオススメの投資が日経平均に連動する投資信託の積立投資です。投資初心者の方にもニュースなどで毎日価格が伝えられますし、積立投資という形をとることで、価格変動リスクも抑えることができます。ここでは、投資信託の積立投資のメリットとリスクを解説します。

スポンサーリンク

そもそもETF・インデックスファンドとは何か?

ETFというのは、上場投信というタイプの投資信託です。簡単に説明すると株と同じように売買することができる投資信託で、日経平均ETFという場合は、日経平均株価と同じように連動する株というように考えて支障ありません。

日経平均株価というのは、あくまでも東京証券取引所に上場している日本を代表する225社の平均株価(指数)なので、それ自体を取引することは普通できないのですが、ETFを使う事で、日経平均株価に投資することができるのです。

一方のインデックスファンドというのは証券取引所という株取引を行うところで売買されてはおらず、証券会社などに直接申込をするタイプの投資信託です。様々な種類がありますが、こちらにも日経平均と連動するようにできているものがあります。

ETFやインデックスファンドについてもっと詳しく知りたい方は「ETF(株価指数連動型上場投信)」「インデックスファンドとは」のページなどをご覧下さい。

ちなみに、投資信託にはこうしたインデックスファンド以外に、ファンドマネージャーの裁量により株を売買する「アクティブファンド」という商品や債券や外国債券中心に投資をする「債券ファンド」などがあります。
ただ、投資の初心者向けの商品としては個人的にETFやインデックスファンドをお勧めしています。

理由としては

①投資の現状がよくわかる
日経平均やTOPIXといった株価指数に連動するETFやインデックスファンドの場合、今現在利益がでているのかそうでないのかを把握しやすいという特徴があります。
投資の勉強という意味でも、こうしたわかりやすい商品に投資をすることで経済ニュースなどに対する興味を高めるのに役立ってくれるはずです。

②長期投資の効果(福利効果)が得られる
最近人気の投資信託(たとえばグローバルソブリンなどの毎月分配型のファンド)などは、ファンド収益が定期的に配当(分配)されるため、投資している実感がわきやすいのですが、ファンド収益を吐き出してしまうため「複利効果」を得ることができません。
一方のインデックスファンドなどは原則として収益は内部留保しますので、福利効果を得ることができます。

③手数料が安い
投資信託の運用には「販売手数料」「信託報酬」という手数料がかかります。販売手数料はファンドを購入するときにかかる手数料です。一方の信託報酬は毎年の運用に対する手数料となります。これは自動的にファンドの財産から天引きされます。
ファンドマネージャーが積極運用するアクティブファンドの場合、売買手数料も信託報酬も高めです。一方の機械的に売買するだけでいいインデックスファンドは売買手数料も安く信託報酬も安いです。
この差は大きく、特に運用年数が長くなると複利効果により大きな差が生じることになります。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP