おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

<2019年版>ネット銀行の一覧とおすすめ銀行を徹底比較

支店(店舗)を持たず、インターネットを利用したオンラインバンキングのみでサービスを提供しているネット銀行(ネットバンク・ネット専業銀行)がその数や利用者を大きく増やしています。

既存の都市銀行や地方銀行と比較して、預金金利が高かったり、手数料が安かったり、あるいはポイント還元やお得なサービス等を提供することで人気を集めています。特に、近年ではスマートフォンやスマホ決済サービスなどとの連携もあって、使いやすさはますます向上しています。

まだ都市銀行や地方銀行、ゆうちょ銀行などを中心に使っているという人はぜひ一度、ネット銀行(ネットバンク)も使ってみましょう。

スポンサーリンク

ネット銀行(インターネット専業銀行)とは?

ネット銀行(ネットバンク・インターネット専業銀行)というのは、支店(店舗)を持たずに運営している銀行の総称です。

金融庁の区分で言えば『新たな形態の銀行』の中に区分され、現在は以下の銀行が登録されています。

  • ジャパンネット銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行(旧:イーバンク銀行)
  • 住信SBIネット銀行
  • じぶん銀行
  • 大和ネクスト銀行
  • GMOあおぞらネット銀行

厳密にいえば、ネットバンクというのはこちらに登録されている銀行となります。

ただし、近年ではそれ以外の銀行が、インターネット支店(支店利用を前提とせず通帳を発行しないサービス)などを提供しており、これらのネット口座では通常の口座とは異なる手数料体系や預金金利、サービス等を提供している銀行もあります。

また、新たな形態の銀行に中には、「商業施設との連携を主体にする銀行」という銀行もあり、こちらにセブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行があります。

狭義のネット銀行というのは前述のインターネット専業銀行になり、広義で言えば、インターネット専業銀行+既存銀行のネット支店(ネット口座)ということになりそうです。

こちらの記事では、後者の広義のネット銀行ということで各銀行のサービスを比較していきます。

 

ネット銀行に口座開設を勧める理由とおすすめ銀行

そもそも論になりますが、なぜネット銀行に口座開設を勧めるのか?という理由をいくつか紹介していきます。

  • 振込手数料無料などの決済コストが安い
  • (大抵は)コンビニATM手数料無料
  • 預金金利が高めに設定されていることが多い
  • 証券会社との連携サービスがある
  • ポイントサービスなどが用意されている
  • デビットカードに秀逸な機能がある

こうした点が大きな魅力となります。

 

振込手数料無料などの決済コストが安い

ネットバンクの多くは振込手数料(別の銀行に送金する手数料)が月数回まで無料といったサービスをやっている銀行があります。最近では無料で送金可能なアプリなども登場していますが、それでも他人にお金を送るときは振込を利用する機会の方が多いはずです。

ほとんど金利が付かない低金利時代に、1回数百円の振込手数料を負担するのは勿体ないです。特に振込回数が多い人はネットバンクを活用しましょう。

無料で銀行振込ができるネット銀行は以下の通りです。

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 東京スター銀行(ネット支店)
  • 楽天銀行
  • 新生銀行
  • じぶん銀行
  • ソニー銀行
  • 大和ネクスト銀行
銀行の振込手数料を比較。振込手数料が無料の10のネット銀行と無料条件
2019-08-14 07:05
2019年8月現在における主要な銀行やネットバンクにおける振込手数料を比較していきます。 銀行で仕事で振込が必要だったり、各種支払いや家族への送金などで銀行振り込みを使うこと
リンク

 

コンビニATM手数料無料

お金を出金する際も、ネットバンクなら一定の条件がある場合もありますが、ATM手数料を無料で出金可能です。

回数制限があることが多いですが、24時間利用できるコンビニATMを使えるというのは、あまり財布に現金を入れていない人にもおすすめです。

たとえば、ジャパンネット銀行だと3万円以上の入出金なら何度利用してもATM手数料無料となります。

コンビニATMで入出金の手数料を無料にする方法。無駄なATMコストを削減
2019-06-19 07:16
全国津々浦々にあるコンビニエンスストア、ここに置かれているコンビニATMは数でみれば日本最大のATMネットワークとなっています。皆さんもちょっとしたお金の引き出しなどに使うことが多
リンク

 

預金金利が高めに設定されていることが多い

都市銀行の普通預金金利は0.001%、定期預金でも0.01%程度が一般的な水準です。一方で、ネットバンクであれば、預金金利が高めに設定されています。

たとえば、GMOあおぞらネット銀行なら普通預金金利で0.11%です。都市銀行やゆうちょ銀行と比較して金利は110倍となります。金利水準は低く抑えられているなかでも、有利に運用できるネット銀行を活用しましょう。

普通預金の金利・利息が高くて便利なおすすめの銀行を比較
2019-08-31 10:02
マイナス金利政策の影響もあって、銀行預金に対する金利・利息は雀の涙となっています。定期預金に預けてお金を預けておけばお金が増えるというのはずいぶん昔の話です。 そうなってくる
リンク

 

証券会社との連携サービスがある

資産運用や投資を考えている人におすすめなのが証券会社との連携機能があるネット銀行です。グループのネット証券との間で運用資金を共有できるので、資金管理が簡単になります。

サービスを提供しているのはネットバンクの中では以下の4行となります。

  • 住信SBIネット銀行(SBIハイブリッド預金)-SBI証券
  • 楽天銀行(マネーブリッジ)-楽天証券
  • 大和ネクスト銀行(スイープ)-大和証券
  • GMOあおぞらネット銀行(証券コネクト口座)-GMOクリック証券

 

ポイントサービスなどが用意されている

金利があまり期待できない中、最近では預金や銀行サービスの利用で“ポイント還元”をする銀行が増えています。給与受取や他行からの振込、投資などをすることで、Tポイントや楽天ポイント、dポイントなどの共通ポイントが貯まる仕組みが用意されている銀行があります。

上手く利用すれば定期預金などよりもはるかに効率的だったりします。

  • 住信SBIネット銀行:スマプロポイント
  • イオン銀行:イオン銀行ポイントクラブ
  • 楽天銀行:ハッピープログラム
  • 新生銀行:新生ポイントプログラム
ポイントが貯まる銀行を活用!銀行でお得にポイントを貯める方法のまとめ
2019-10-09 05:48
長らく銀行の預金金利は「ほぼゼロ」に近い低金利となっています。日銀による「マイナス金利政策」が実行され、預金金利は軒並みほぼゼロとなっています。 普通預金に至っては0.001
リンク

 

デビットカードに秀逸な機能がある

最近は各ネットバンクもデビットカードの発行に積極的です。デビットカードというのは預金残高の範囲内でクレジットカードのようなカード決済が可能なツールです。VISAやJCB、MasterCardなどと連携していて、こうしたカードが使えるお店でお買い物ができます。

高校生などの未成年者でも利用できるうえ、審査はありません。また、ポイント還元がよかったり、デビットカードの中には外貨預金残高を使って、そのまま外貨決済ができるようなショッピングに適した機能が用意されているものもあります。

以下、一部ユニークなデビットカードを紹介します。

  • GMOあおぞらネット銀行:1%分のキャッシュバックが魅力
  • 楽天銀行デビットカード:決済で1%分の楽天ポイントが貯まる
  • 住信SBIネット銀行:外貨決済が可能
デビットカードを徹底比較、ネット銀行のブランドデビットのスペックを比較
2019-08-03 07:02
最近はネット銀行を中心にブランドデビットカードを強化しています。従来はただ決済さえできればいいというカードが多かったのですが、近年ではポイント還元やキャッシュバック、外貨決済といっ
リンク

 

当サイトで人気の高いネット銀行をランキング

当サイトを通じて、利用者の多いネット銀行をランキングしていきます。利用者が多いということは、やはりそれだけスペックが高くて使いやすいということの裏返しだと思います。

ぜひ利用の参考にしてみてください。

 

1位:住信SBIネット銀行

ネット銀行の中でもバランスの取れた銀行です。ネット証券最大手のSBI証券ともSBIハイブリッド預金で連携しているため、投資家の方の利用も多いようです。

  • ATM手数料:月2回~15回まで無料
  • 振込手数料:月1回~15回まで無料

無料利用回数は住信SBIネット銀行への預金残高等の利用状況に応じて増加します。また、給与振り込みや、口座振替などの銀行サービスの利用に応じてスマプロポイントというポイントが貯まります。ためたポイントは住信SBIネット銀行の口座にキャッシュバックできます。

スペック的な難をいえば、預金金利については、金利の高いネットバンクと比較すると弱いといったところでしょうか。全体的にはかなりハイスペックなネット銀行となっています。

(こんな人に向いている銀行)

  • とりあえずネット銀行に口座が欲しい
  • SBI証券で株取引、投資信託を買っている
  • iDeCoやNISAに興味がある
住信SBIネット銀行の評判とメリット、デメリット。金利や手数料、口座開設の流れまで解説
2019-05-03 07:27
住信SBIネット銀行は、ネットバンク(ネット専業銀行)の中でも万能的というかオールマイティーなサービス提供が魅力の銀行です。普段使いから、決済用、貯金用、投資用と幅広い内容で利用で
リンク

住信SBIネット銀行公式ホームページ

 

2位:ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行はネット銀行第1号です。スペック的には実はあまりパッとしたところがない銀行なのですが、根強い人気のある銀行です。その理由はやはりセキュリティに特化したサービスが挙げられると思います。

ジャパンネット銀行は口座開設をすると、パスワードを表示するカード型の機器を無償で提供してくれます。こちらにワンタイムパスワードが表示される仕組みになっていて、万が一、ネットバンクのログイン情報や暗証番号などが漏洩したとしても、こちらのハードウェアがなければ不正送金などができない仕組みになっています。

物理的な盗難にあっても、ワンタイムパスワード生成器だけではログインできないので二重の守りになっています。

こうした点が高く評価され、ビジネス向けのネットバンクとしても高いシェアがあります。詳しくは「法人・個人事業主用のネットバンク口座の選び方」でも紹介しています。

また、ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金ならコンビニATM手数料が無料という点も強みです。

(こんな人に向いている銀行)

  • ネット銀行はセキュリティが心配
  • 個人事業などのビジネスで使いたい
ジャパンネット銀行の評判とメリット、デメリット。セキュリティ対策の充実したネットバンク
2017-11-21 21:44
ジャパンネット銀行はわが国で最初に設立された“ネット専業銀行(ネットバンク)”です。三井住友銀行やYahoo!Japanと関係が深い銀行で、ネットバンクの中でも特にセキュリティ対策
リンク

ジャパンネット銀行公式ホームページ

 

3位:イオン銀行

イオン銀行はネット専業銀行ではなく、イオンモールなどの商業施設内にインストアブランチという形で店舗を展開しています。ネットバンキングにも力を入れており、預金金利水準はネット銀行全体と比較しても最高水準にあります。

また、イオン銀行の真骨頂はイオンでのお買い物をする人向けの優待やポイント還元にあります。日常的にイオンでお買い物をするような人への特典が大きな銀行となっています。

電子マネーのWAONやイオンカード(クレジットカード)などと組み合わせることで、普通預金金利が最大0.15%にまで上昇するほか、イオン銀行の利用でポイントもたまります。

逆に、イオンを使わない人であればお得度は相対的に低下することになります。

(こんな人に向いている銀行)

  • イオンやイオン系列のスーパー等でお買い物をする機会が多い
買い物も預金もお得。イオン銀行+イオンカードセレクトの最強の組み合わせ
2019-08-26 00:04
イオンを利用する機会が多いという方にぜひ知っておいていただきたいのがイオン銀行とイオンカードセレクト(キャッシュカード一体型クレジットカード)の組み合わせが非常に特典が多いというこ
リンク

イオン銀行公式ホームページ

 

4位:楽天銀行

楽天銀行(旧:イーバンク銀行)は楽天市場や楽天カード、楽天証券といった楽天系サービスをよく利用している人にとっては圧倒的にお得な銀行となります。

楽天銀行と楽天のIDを連携することでハッピープログラムという特典を利用することができるようになり、銀行取引や楽天証券での取引などで楽天ポイントを貯まります。

ネット証券大手の楽天証券と預金口座を連携(マネーブリッジ)することができ、マネーブリッジをした普通預金口座の金利は0.1%と高めの金利で預金をすることができます。

また、楽天カードの利用料金を楽天銀行引き落としにしたり、楽天保険の保険料を楽天銀行引き落としにすれば、楽天市場のポイント還元がアップするSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象でもあります。

楽天ポイント経済圏(楽天経済圏)などとよばれるように楽天系サービスをまとめて利用することでかなり得ができるようになっています。

(こんな人に向いている銀行)

  • 楽天市場でよくお買い物をする
  • 楽天ポイントを貯めている
  • 楽天証券で株取引や投資信託などを運用している
  • iDeCoやNISAに興味がある
楽天銀行の評判とメリット、デメリット。金利や手数料、口座開設の流れまで解説
2017-09-13 07:39
楽天銀行は日本で二番目に開業したネット銀行です(旧:イーバンク銀行)。現在は楽天の子会社となっています。楽天グループということもあり、楽天ポイントなどのポイントを使ったキャンペーン
リンク

楽天銀行公式ホームページ

 

5位:GMOあおぞらネット銀行

2018年にサービスを開始した新しいネット銀行です。ネット企業のGMOインターネットと、あおぞら銀行が連携した銀行です。住信SBIネット銀行や楽天銀行と同様にネット証券のGMOクリック証券と預金口座を連携した証券コネクト口座を開設可能です。

  • 証券コネクト口座の普通預金金利が0.11%と高金利
  • デビットカードならポイント還元ではなく常時1%のキャッシュバック

という点が魅力的です。証券コネクト口座の金利は0.11%で楽天証券(マネーブリッジ)や住信SBIネット銀行(SBIハイブリッド預金)などと比較しても金利が高めとなっています。手軽に高金利の普通預金を利用したいというのであれば一番お勧めできる銀行です。

また、GMOインターネットはオンラインでの様々な決済サービスを提供しており、ビジネス向けのサービスに一日の長があります。ジャパンネット銀行同様に、「法人・個人事業主用のネット銀行」としても活用の余地が高いです。

(こんな人に向いている銀行)

  • とにかく高金利の預金を利用したい
  • GMOクリック証券で株取引や投資信託などを運用している
  • ポイントにはあまり興味がない
GMOあおぞらネット銀行が開業!預金金利も高く、手数料も抑えたグッドバンク
2018-11-16 20:01
GMOあおぞらネット銀行というネットバンクが誕生しました。GMOインターネットグループと、あおぞら銀行による提携で誕生する銀行です。金融とITに関しては“フィンテック”という言葉が
リンク

GMOあおぞらネット銀行公式ホームページ

 

6位:東京スター銀行ネット支店

最後はやや番外的。東京スター銀行は東京都を地盤とする第二地方銀行です。こちらのネット支店(ネット専用口座)は、これまで紹介してきたネットバンク並みのサービスがある銀行となっています。東京の地方銀行ですが、ネット口座については全国対応となっています。

  • ATM手数料:月8回まで無料
  • 振込手数料:月3回まで無料(紙の明細廃止が条件)

となっています。他のネット銀行のようにポイント還元や投資や資産運用などのサービス面はそこまで充実していません。

ただ、住信SBIネット銀行などのネット銀行の標準の無料回数よりも多く、ATM手数料や振込手数料などを重視するのであれば東京スター銀行でも必要十分といえます。

(こんな人に向いている銀行)

  • ATM手数料と振込手数料が無料なら十分

東京スター銀行公式ホームページ

 

まとめ。便利なネット銀行を活用しよう

現在は数多くのネット銀行があり、それぞれで特色のあるサービスを提供しています。自分にあった銀行を見つけていきましょう。別に一つの銀行に限る必要はありませんので、いくつか作ってみて実際に使ってみるのも手ですね。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます
よろしければ、Twitterやfacebook、はてなブックマークなどでシェア、ご意見いただけると嬉しいです。ご意見は記事改善にも活用していきます

今後とも、MoneyLifeHack(マネーライフハック)をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP