おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

法人・個人事業主用のネットバンク口座の選び方

ネットバンク(インターネット専業銀行)は利用者が大きく増加していますが、実際のところ銀行の利用をネットバンクにすることでメリットが大きいのは、個人ユーザーよりも法人や個人事業主などのビジネス用途の方が大きいです。

そもそも論として法人向け・ビジネス用途の場合、一般の都市銀行や地方銀行のオンラインバンキングサービスはコスト高です。さらに、法人や個人事業主などの場合は、振込の回数も多いです。

それを考えると、コストの安いネットんバンクを利用すれば年間で数万円以上のコストを節約できる可能性が高いです。上手に法人・ビジネス用のネットバンクを活用しましょう。

スポンサーリンク

法人や個人事業主向けの銀行サービスは手数料が高い

冒頭にも書きましたが、法人や個人事業主ように、都市銀行や地方銀行が提供しているオンラインバンキングサービスはコスト高です。

なによりも驚いたのはオンラインバンキングを使うだけなのに手数料が必要になることです。個人向けでは考えられませんね。

  • 三菱UFJ銀行:1,600円
  • 三井住友銀行:2,000円
  • みずほ銀行:2,000円
  • 横浜銀行:2,000円
  • 静岡銀行:1,500円

上記は月額料金です。つまり、都銀や地銀を使ってオンラインバンキングを使おうと思ったら1銀行あたり年間に18,000円~24,000円もの手数料を払う必要があるわけです。

この金額を大きいとみるか、小さいとみるかはそれぞれの会社・ビジネスの規模にもよるのでしょうが、私は高いと思います。

法人や個人事業主としてビジネス用途の場合、銀行とは融資などのの面で“お付き合い”が必要になる場合もありますが、それでも節約できるところは節約するべきだと思います。

 

ネットバンクならオンラインバンキング利用手数料は無料、振込手数料も安い

そうしたコストを節約するのにぴったりなのはネットバンク(ネット専業銀行)です。もともと店舗がないので、オンラインバンキングしか使えないわけですが、オンラインバンキング手数料は無料です。

これだけで、年間に数万円を節約できます。

さらに、決済回数が多い法人やビジネス用途では影響の大きな「振込手数料」についてもネットバンクは安いです。

 

ネットバンク(法人口座)の振込手数料

以下は法人口座のオンラインバンキングを利用した際にかかる振込手数料を比較した表です。

こちらもネットバンクと都市銀行、地方銀行とでは、かなり手数料に差があります。1回あたりのコストが仮に200円でも、月に10件、20件と送金件数がある場合はかなりの手数料の差につながります。

3万円未満 3万円以上 同行間
住信SBIネット銀行 165円 258円 51円
楽天銀行 165円 258円 51円
ジャパンネット銀行 172円 270円 54円
三井住友銀行 540円 756円 216円-432円
横浜銀行 432円 648円 無料-324円

 

ネットバンクの弱みは、融資・資金調達

ここまでネットバンクの強みを紹介してきましたが、弱い部分もあります。

特に、銀行融資(ローン)に関しては、地域密着型の地銀や信用金庫などの方が融資を受けやすいと考えられます。

ただし、最近ではネットバンクでも法人向けの融資に手を出してきています。

・ジャパンネット銀行(freee連携ビジネスローン)
会計ソフトの「freee」を利用しているユーザー向けに提供。会計ソフトと連携することで会計・決算情報を収集しネットのみで融資が可能になります。最大3000万円まで、利率は1.45%~

・住信SBIネット銀行(レンディングワン)
同行口座を一定期間以上利用している法人向けの融資。最大3000万円まで、利率は1.999%~

 

おすすめの法人・個人事業主向けのネットバンク比較

2019年現在、法人や個人事業主向けにネットバンキングサービスをを提供しているネットバンクを比較していきます。

  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行

 

ジャパンネット銀行 個人事業主におすすめ屋号口座可能

ジャパンネット銀行は日本で最初にできたネットバンクで、ビジネス口座にも積極的に取り組んでいます。法人口座はもちろん、個人事業主の屋号口座にも対応しているのが大きいです。

「屋号名義」で相手に振り込みができるのは信頼性を獲得するという意味でもメリットが大きいです。

このほか、カードタイプのワンタイムパスワード生成器を無料で提供してくれるのもありがたいです。オンラインバンキングはなんとなく不安という方にもセキュア環境を構築可能です。

>>ジャパンネット銀行公式ホームページ

 

住信SBIネット銀行 振込手数料無料サービスがうれしい

住信SBIネット銀行は個人事業主は口座開設は不可ですが、法人向けのサービスが充実しています。

なんといっても特徴は安い手数料だけでなく、振込優待プログラムというサービスがあり、「毎月20回までの振込手数料無料」を獲得できるということです。

  • 他行からの振り込みが10回以上ある→10回無料
  • VISAデビットカードを10万円以上利用→10回無料

で合計20回まで振込手数料の無料回数を獲得可能です。258円×20回=5,160円もの手数料を節約可能です(都銀レベル換算だともっと節約できたことになります)。

>>住信SBIネット銀行の法人口座

 

楽天銀行は新規法人でも口座開設がしやすい、海外送金も強み

楽天銀行は個人事業主/法人の両方に対応しています。口座管理手数料は無料ですし、振込手数料も安いです。楽天市場がある関係で、法人口座を持っている方も多いので、楽天銀行間の振込手数料の節約も活用できます。

強みとしては海外口座への送金手数料が安いこと。外国法人との取引が多い方は送金手数料1,000円(中継銀行手数料1,000円)はかなり安いです。

参考:海外送金の種類と特徴、手数料が安い方法を比較

また、新規法人でも口座開設審査が比較的易しいといわれている点もメリットでしょう(※)

※法人口座は通常口座開設審査があり、実体がない(と見なされた場合など)は口座開設を断られるケースもあります。

>>楽天銀行公式ホームページ

 

お得な法人用・個人事業主用の銀行口座を活用しよう

お得な法人用、個人事業主やフリーランスの方が活用できるネットバンクについてまとめてみました。

都市銀行や地方銀行を使ってオンラインバンキングを利用している方は、切り替えるだけでも年間で数万~場合によっては十万円以上のコスト削減につながる可能性があります。

上手に活用していきましょう。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気のクレジットカード

お得で役立つクレジットカードを紹介していきます。


年会費無料&ポイント還元1%。楽天市場ならSPU特典で3%以上還元

 


ドコモ料金の10%還元、月1万円以上のドコモ利用があるなら“確実に”得をするゴールドカード

 


海外利用なら5.5%ポイント還元、羽田空港TIATラウンジ、海外旅行傷害保険も充実

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP