おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
教育費

money

子供の教育費のお役立ち記事

子供の教育費これは人生の三大出費の一つと言われています。教育費の準備をすることは親の義務であり、しっかりとした計画を立てなければなりません。
ここでは、子供の教育費を貯めるため、準備するための貯金や学資保険(こども保険)、運用、その他準備について役立つ記事をまとめています。ぜひご活用ください。

貯金はいつから始めるべきか?20代、30代、40代、50代の貯金のやり方

2017年2月20日

貯金はいつごろから始めたらいいのか?ということに悩んでいる方もいらっしゃるようです。いつから始めるべき?と聞かれたときには「思い立った時に始めるのが一番良い」と回答しています。人生においてまとまったお金が必要になる時期は色々あります。

住宅購入の頭金もそうですし、子どもの大学進学等に対する教育費・仕送り、さらには老後を考えると数千万円単位のお金が必要だといわれています。

そのため、貯金は思い立った時に始めましょう。一方で、過去に戻ることはできません。20代から始めなかったことを悔やんでも仕方がありません。今できる範囲から始めることが重要になります。今回はそれぞれの年代別に貯金を始め方やお勧めの方法などを紹介していきたいと思います。

続きを読む

ライフプラン,教育費,結婚・離婚,老後,銀行のライフハック,預金・貯金

奨学金を一括返済・繰り上げ返済するときのポイントと注意点

2016年9月13日

jasso日本で最も利用されている日本学生新機構(旧:日本育英会)の奨学金。事実上の学生ローンでもあるこちらの奨学金は2種利用の場合は金利も発生しています。

そのため、資金的に余裕があるというのであれば一括返済・繰り上げ返済によって早期に返済してしまうというのも一つの手だと思います。その一方で奨学金の金利は低金利だから、わざわざ一括返済や繰り上げ返済をする必要はないという意見もあるようです。

今回はそんな奨学金を一括返済(繰上返還)するメリット、デメリットを中心に奨学金の返済について考えていきたいと思います。

続きを読む

ライフプラン,借金やローンのライフハック,奨学金・学生ローン,教育費

奨学金の利率固定方式と利率見直し方式はどちらがお得?

2016年9月13日

jasso日本における代表的な奨学金制度(貸与型奨学金)である日本学生支援機構は平成19年4月以降の奨学金募集より第2種奨学金(有利子タイプ)について二つの金利タイプの選択ができるようになっています。利率固定方式と利率見直し方式です。

これは奨学金に申し込みをするときに決めるもので、保護者の方からの質問も大変多い項目となっています。今回はそんな奨学金の利率固定方式と利率見直し方式について、それぞれのメリット、デメリットを紹介していきます。

続きを読む

お金に関する疑問解決,ライフプラン,借金やローンのライフハック,奨学金・学生ローン,教育費

マイナス金利が学資保険などの貯蓄性保険に与える影響

2016年8月4日

calculator-3-13061052016年1月の日銀によるマイナス金利政策は、長期金利などの下落を呼び、長期国債の利回りもマイナス金利に沈んでいます。こうしたマイナス金利政策によって普通預金や定期預金などの金利も大きく下がりましたが、学資保険などの貯蓄性の保険にとっても他人事ではありません。

特に、これから学資保険・こども保険などの貯蓄性の保険に加入しようと考えている方は要注意です。

続きを読む

ライフプラン,保険のライフハック,学資保険,教育費

勤労学生控除を使えば103万円を超えたバイトでも扶養控除(特定扶養親族控除)は使えるか?

2016年6月15日

company_black_baito大学生の子供がいる家庭で起こりやすい税金と所得に関する問題として、子供がアルバイトを頑張りすぎて103万円の給与を超えてしまって父親(扶養者)の扶養控除(特定扶養親族控除)が適用されなくなって家計全体で見たときに大損するという問題です。

この点については「子供や配偶者のアルバイト。103万円以上なら扶養控除(配偶者控除)、扶養手当が利用できない」でも記事にあげましたが、お問い合せにて勤労学生控除があるので103万円を超えた場合でも所得税はかからないので、親の扶養控除(特定扶養親族控除)の対象になるのでは?というお話です。果たして可能なのでしょうか?

続きを読む

ライフプラン,所得税・住民税,教育費,節税・税金のライフハック

奨学金を滞納するとブラックリストに登録されるのは平成20年11月以降に利用した人

2016年6月4日

black日本学生支援機構(旧:日本育英会)は貸与型の奨学金として日本最大の奨学金制度です。最近その奨学金で問題になっているのが、返済開始ができずに遅延とみなされ、返済者に異動情報が付与される(ブラックリストに載る)というものがあります。

このブラックリストに載るというのは実は全員ではなく、平成20年11月以降に奨学金を利用し始めた人に限ります。それ以前の人はブラックリストには載りません。だからといって返済しなくてもよいというわけではもちろんありませんが、心配されている方が多いようなので記事にしておきます。

続きを読む

ライフプラン,借金やローンのライフハック,奨学金・学生ローン,教育費

郵便局の「はじめのかんぽ」は本当に優れた学資保険なのか?メリット、デメリット

2015年10月2日

hajimenokanpo郵便局で販売されている保険の中でも契約者数が急増しているのが「はじめのかんぽ」という学資保険です。2014年にリニューアルされた学資保険で、契約者数はそれまでの約3倍と急激に伸ばしています。従来のものよりも返戻率(戻り率)がされているという点が挙げらます。

今回はそんな気になっている人が多い郵便局の「はじめのかんぽ」について、その商品性はもちろん、利用するメリット、デメリット、他社の学資保険(こども保険)との違いも含めて分析していきます。

続きを読む

学資保険,教育費

学資保険とジュニアNISAの比較。どちらで教育資金を貯めるべき?

2015年7月27日

comparison2016年4月より利用が可能になるジュニアNISA。子供の教育資金を非課税運用で増やしていけるという税制面で有利な制度です。それに対して、子供の教育資金を貯めるという金融商品で人気の商品にはすでに「学資保険(こども保険)」というものが存在します。
今回は新制度であるジュニアNISAと学資保険とをそれぞれのメリット、デメリットを比較しながら、どちらで子供の学費・教育資金を貯めていくべきなのかを分析していきたいと思います。

続きを読む

学資保険,教育費,株・投資の税金,株式投資

大学進学で知っておきたい奨学金の基礎知識

2015年6月24日

books教育費は人生における三大費用の一つに数えられ、中でも大学生時期の子どもに一番お金がかかります。大学の授業料は私立だけでなく、国立でも上昇しており、その一方で家計所得は伸びていません。そのため、多くの家庭で大学生の子がいる家計は赤字となっているはずです。その赤字をサポートするものの一つが「奨学金」で、利用者は年々増加しています。日本学生支援機構の調査では全体の50%以上が何かしらの奨学金を利用しているということです。その一方で奨学金についてあまり知らずに申し込みをして将来苦労するという人も増えています。

続きを読む

奨学金・学生ローン,教育費

貯金しやすい時期。ライフステージ別の貯金方法

2015年2月13日

saving人生にはおおよそ3つの貯金・貯蓄をしやすい時期というものがあります。一つ目は「独身・夫婦2人の時期」、二つ目は「子どもがまだ小さい時期」、三つ目は「子どもの独立後」です。ライフステージにおけるこれらの時期に集中的に貯金・貯蓄をすれば、余裕のある家計のプランニングが可能になります。逆にこの時期に貯金・貯蓄ができないと、将来苦しい思いをすることになるでしょう。

続きを読む

ライフプラン,家計管理,教育費,結婚・離婚,老後,預金・貯金

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP