おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
Fintech(フィンテック)

金融とITの融合サービスFintec。近年は様々なサービスが登場しています。上手に活用していきましょう。

人工知能のロボアド Wealth Navi(ウェルスナビ)のメリット、デメリット

2017年2月14日

Wealth Navi(ウェルスナビ)はロボアドを利用した自動運用サービスを提供する資産運用サービスです。ロボアドとは、ITを駆使して最適な資産運用のためのアセットアロケーション(資産配分)やポートフォリオ構築をサポートしてくれるツールで、フィンテックの大本命の一つとされています。

ロボアドは、一部のネット証券で顧客向けに提供されていますが、今回紹介しているWealth Navi(ウェルスナビ)のように独立系の資産運用サービスとしても登場しています。今回はそんなWealth NAVIについてサービスの特徴やメリット、デメリット、他のサービスとの比較をしていきたいと思います。

続きを読む

Fintech(フィンテック),webサービス,投資信託,資産運用のライフハック

クラウド会計のfreeeとMFクラウドを徹底比較<個人確定申告・2017年最新版>

2017年2月9日

個人事業主やフリーランス、副業サラリーマンなどにとって、2月は確定申告のシーズンとなります。確定申告というのは前年の1月~12月の一年間における収入と支出を計算して、税務署に申告し所得税を確定するという作業になります(ついでに所得税を申告するとデータが市区町村にも贈られるので住民税も決まります)。

そんな確定申告において近年人気急上昇なのがクラウド会計ソフトです。専用ソフトをインストールすることなく、パソコンのブラウザ上で経理書類の作成が可能で、確定申告にも大いに役立ちます。

今回はクラウド会計の中でもシェアの高いfreeeとMFクラウドの2つのクラウド会計を徹底比較していきます。

続きを読む

Fintech(フィンテック),webサービス,所得税・住民税,節税・税金のライフハック

松井証券の投信工房のメリット、デメリット。ロボアドで投資信託の積立投資

2016年12月16日

toshinkobo大手ネット証券の松井証券が投資信託の販売を再開します。取り扱う投資信託はすべてコストの低いインデックス投資信託で、ロボアドを利用した投資信託ポートフォリオの提案やリバランスサービスである「投信工房」も一緒にスタートしています。

投資信託へ投資を考えるのであればかなり魅力的なサービス内容となっています。今回は松井証券の投信工房の特徴やサービス利用のメリット、デメリット、活用方法などを紹介していきたいと思います。

続きを読む

Fintech(フィンテック),webサービス,投資信託,証券会社のサービス,証券会社の選び方,資産運用のライフハック

マネックス証券のラップ口座MSV LIFE(マネラップ)の特徴と活用方法

2016年12月16日

msvlifeマネックス証券が2016年にラップ口座MSV LIFE(マネラップ)というサービスを開始しました。最近耳にする機会も増えてきたロボアド(ロボアドバイザー)というシステムを活用したラップ口座(投資一任契約に基づく運用口座)です。

今回はそんなマネックス証券のマネラップ(MSV LIFE)についてその特徴や使い方、他社が提供しているラップ口座(ファンドラップ)との比較をしていきたいと思います。

続きを読む

Fintech(フィンテック),webサービス,証券会社のサービス,証券会社の選び方

国内初のビットコイン取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)の評判と利用方法のまとめ

2016年9月24日

bitflyerbitflyer(ビットフライヤー)は日本初のビットコインの取引所です。2014年1月に設立され、現在はリクルート、三菱UFJキャピタル、SBIインベストメント、電通デジタルホールディングスなどの名だたる会社からの出資を受け、日本国内では取引量や資金力ともに最も大きなビットコイン取引所となっています。

豊富な資金力を生かして、ビットコイン関連サービスを多数立ち上げてるだけでなく、ビットコインをこれから始めたいと考えている人向けにもキャンペーン等を多数展開しています。今回はそんなbitflyer(ビットフライヤー)について、実際に私が利用した上での感想や評判、注意点などをまとめていきます。

続きを読む

Fintech(フィンテック),webサービス

今さら聞けないビットコインとは何か?仮想通貨ビットコインの特徴と仕組み

2016年9月15日

bitcoinビットコイン(bitcoin)とは、P2Pネットワークを利用して運用されている暗号通貨、仮想通貨です。最近ではブロックチェーン技術と呼ばれる言葉が様々な場面で利用されていますが、ビットコインはこのブロックチェーン技術をを利用して管理されています。

仮想通貨と呼ばれるように、現実にビットコインというコイン(貨幣)は発行されておらずインターネット上だけで存在します。楽天Edyやnanacoといった電子マネーとも少し違います。

今回はそんなビットコインとはどんな仮想通貨なのかということをわかりやすく解説していきます。

続きを読む

Fintech(フィンテック),webサービス,お金に関する疑問解決,お金の雑学

ロボアド(ロボアドバイザー)を利用した資産運用の特徴とサービス比較

2016年8月9日

OLYMPUS DIGITAL CAMERAロボアド(ロボットアドバイザー)というのは金融とITの融合であるFintech(フィンテック)における一分野といわれている金融サービスです。ロボット(システム・プログラム)による金融的なアドバイスを行ってくれるサービスです。

金融とITはそもそも非常に相性が良いいわれている分野ですが、ロボアドは資産運用のアドバイスをシステム(プログラム)によって実施するという新しいサービスです。今回はそんなロボアドというものがどんな金融サービスで、どのようなサービスが現在提供されているのかを比較していきます。

続きを読む

Fintech(フィンテック),webサービス,投資信託,株式投資,資産運用のライフハック

大手証券会社が力を入れるファンドラップの比較と問題点

2016年7月21日

3d-green-dollar-sign-3-1237849大手証券が軒並み力を入れているのファンドラップと呼ばれる口座です。ファンドラップとは、ラップ口座という投資判断を証券会社や銀行などの管理者に委任する口座の一種で、投資対象を投資信託に限定したものがファンドラップです。

従来のラップ口座は最低数千万円以上の預け入れが必要でしたが、投資対象を投資信託とすることで最低預金額を数十万円~数百万円と比較的手ごろにできるのが魅力です。

投資や資産運用は難しいと考える人に対して「100%おかませ」で運用できるということで証券会社を中心に攻勢を強めています。一方、投資を「お任せ」できる半面で注目したいのはそのコストです。ファンドラップはお任せの対価としてファンドラップフィー(投資顧問料+管理費)を受け取りますが、これが意外と高額です。

今回はそんなファンドラップそのもののメリット、デメリットと各社によるファンドラップの比較などを中心にファンドラップをまとめていきます。

続きを読む

Fintech(フィンテック),投資信託,証券会社の選び方,資産運用のライフハック

PayPalとは何か?PayPalの基本とメリット、デメリット、危険性のまとめ

2016年7月6日

paypalPayPal(ペイパル)とは、インターネットを利用した決済システムです。米国のPayPal社が提供しています。最近ではいろいろな場所で利用することができるPayPalですが、名前は知っているけど一度も使ったことがないという方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなPayPalについて、基本の使い方や利用上の注意点、仕組み、特徴、注意点や危険性などについてもまとめていきます。

続きを読む

Fintech(フィンテック),webサービス

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP