おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ロボアド(ロボアドバイザー)を利用した資産運用の特徴とサービス比較

OLYMPUS DIGITAL CAMERAロボアド(ロボットアドバイザー)というのは金融とITの融合であるFintech(フィンテック)における一分野といわれている金融サービスです。ロボット(システム・プログラム)による金融的なアドバイスを行ってくれるサービスです。

金融とITはそもそも非常に相性が良いいわれている分野ですが、ロボアドは資産運用のアドバイスをシステム(プログラム)によって実施するという新しいサービスです。今回はそんなロボアドというものがどんな金融サービスで、どのようなサービスが現在提供されているのかを比較していきます。

スポンサーリンク

投資における分散投資の有効性とその難しさ

たとえば、投資信託や株式などを購入するときに「分散投資」が重要ということは多くの方がご存知かと思います。そんな分散投資は、それぞれの値動きが相反するような資産を組み合わせることで、全体のリターンは維持したままリスクだけを小さくするようなことが可能です(平均分散アプローチ)。

つまり、ただしく分散投資をすればリターンは維持したままリスクだけを小さくすることが可能なのです。

こうした資産クラスの組み合わせのことをアセットアロケーション(資産配分)といいますが、これを一個人が分析して最善の手を考えるのは極めて難しいです。

最善の組み合わせを考えるには。各資産の値動きとそれぞれの相関関係をしらべ、リスクとリターンのバランスが取れた配分(有効フロンティアに近い配分)を決定する必要があります。

ところがこれの計算は複雑すぎるのと、相場動向の変化などで、組み合わせが変化することもあるため、これを考えるのはかなり難しです。

こうした不可能なことをFintechによって可能にしようとするのがいわゆる「ロボアド(ロボットアドバイザー)」です。

 

ロボアドによって最適な配分をアドバイスしてもらう

ロボアドはこうした資産(アセットクラス)ごとの情報を保有していおり、その組み合わせなどを提案してくれるプログラムです。

投資家が取ることができるリスクに応じた様々な投資商品の組み合わせを提案して、それによってリスクとリターンの有効フロンティア(効率的な資産クラスの組み合わせ)上の投資ができるというわけです。

もともとはプロ向けに稼働していたプログラムで非常に高価なものでしたが、近年ではネット証券を中心としてこうしたロボアドを利用した投資サービスを個人投資家に対しても提供し始めました。

2016年はその幕開けといってよい年でしたね。

 

ロボアドで実際に投資ができるサービス比較

以下はロボアドを利用して実際にポートフォリオの構築(投資信託等の購入)ができるサービスです。2017年2月現在楽天証券、マネックス証券、松井証券、ウェルスナビ(含むSBI証券)のサービスが代表的です。

ロボアド名 提供証券会社 投資形態 最低額 特徴・特色
楽ラップ 楽天証券 投資一任 10万円 国内の投資信託を投資対象
MSV LIFE(マネラップ) マネックス証券 投資一任 1万円 海外ETFを対象
投信工房 松井証券 投信積立 毎月500円~ 国内の投資信託を対象
ウェルスナビ ウェルスナビ 投資一任 100万円 海外ETFを対象
SBI証券(仲介) 投資一任 30万円 海外ETFを対象

 

楽天証券「楽ラップ」

ロボアドとファンドラップ口座を組み合わせたサービスとなっています。
口座自体はファンドラップと呼ばれる投資家が預けた資金を証券会社が代行して運用してくれるというサービスで、実際の投資商品(投資信託)はロボアドがチョイスして運用することになります。

ロボアドは最初にあなたに運用方針や預けるお金の性質、お金に対する考え方などを参考に、リスク性向を判断し、そのリスクに応じた最適なアセットアロケーションを投資信託で実現するようになっています。

定期的なリバランスもロボアドがファンドラップ口座内で実施してくれるので、今回紹介するロボアドサービスの中でももっとも自動化できているサービスといえます。

一方でファンドラップの形(投資一任契約)を取っているため、管理料が必要となります。手数料は残高に対して最大で0.702%となります。

>>楽天証券公式ホームページ

 

MSV LIFE(マネックス証券+セゾン+バンガード)

MSV LIFE(マネラップ)はマネックスグループ、クレディセゾン、ザ・バンガードグルプ・インクの3社の合弁会社として登場したロボアドを利用した投資一任運用型のロボアドによるラップ口座運用サービスとなります。

なお、投資対象はファンド(投資信託)ではなく、国内外のETF(上場投資信託)というところもユニークです。上記の楽天証券の楽ラップが非上場型の投資信託を投資対象とするのと違いがありますね。

運用の目標を重視しており、豊富なシミュレーションツールで投資資金の目的に応じたプランニングやリスクレベルの選択などが可能になっています。特定の目的のために資産運用をしたいけど、投資のことはあまり考えたくないという方に最適です。

最初のプランニングができればあとはほぼ全自動です。運用中の状況に応じてのアドバイスもしてくれます。

なお、マネックス証券に口座を持っていれば資金の振り替えは簡単にできます。
形としてはMSV LIFEもファンドラップとなるため、管理手数料が必要となります。こちらは年率で0.648%となります。

>>マネックス証券(MSV LIFE)公式ホームページ

 

投信工房(松井証券)

投信工房は松井証券が始めたロボアドによる投資信託の積立投資サービスです。いくつかの質問に答えるだけであなたに合ったポートフォリオを提案してくれるようになっています。
積立投資は毎月500円の少額スタートさせることができます。

ちなみに、松井証券の投信工房はいわゆるファンドラップ口座(投資一任契約)ではありません。そのため、サービス利用にかかる「投資顧問料」や「管理料」などの費用は掛かりません。

もっとも投資信託自体にかかるコスト(信託報酬等)は発生しますが、多くのファンドラップと比較してコスト面で非常に魅力あるサービスとなっています。組み込み可能な投資信託も低コストファンドで代表的な、たわらノーロードやSMTシリーズ、eMAXISなどとなっており、充実しています。

完全全自動というよりも、どちらかというと自分自身の投資判断の裁量を残しておきたい方や徹底的にコスト(手数料)にこだわる方に特におすすめです。

>>松井証券公式ホームページ

 

ウェルスナビ(Wealth NAVI)

国産のロボアドサービスです。2016年10月には国内最大手のネット証券であるSBI証券と業務・資本提携し、2017年1月31日より、SBI証券を通じてもウェルスナビの利用ができるようになりました。

投資対象は米国上場のETFで、投資一任契約によるサービスとなります。手数料は年間1%です。
税金の自動最適化DeTAXのサービスなどが魅力の一つです。2017年春にはお釣りを利用して積立投資をするサービスなども開始予定です。

SBI証券で投資可能ですが、利用するには「ウェルスナビの口座」+「SBI証券の口座」の両方が必要になります。

>>ウェルスナビ公式ホームページはこちら

>>SBI証券公式ホームページはこちら

 

ロボアドを活用した投資情報ツール

以下で紹介するのはロボアドを活用してポートフォリオの提案を行うのが基本で、実際の売買を自動化するわけではないサービスです。いずれも無料で利用できるので情報収集用に活用いただけます。

 

カブドットコム証券「FUND ME」

カブドットコム証券が提供しているスマートフォン向けアプリです。
楽ラップと同じようにロボアドが出す質問に回答することで、あなたのリスク性向とそれに適合した投資信託の組み合わせを提案してくれます。

実際の購入はカブドットコム証券の証券口座が必要ですが、その結果を見て自分自身で別の証券会社を通じて購入することもできます。

>>カブドットコム証券公式ホームページ

 

SBI証券「FundRobo」

SBI証券のロボアド(FundRobo)、アセットアロケーションを提案するロボアドではなく、あなたにあった1本の投資信託を選ぶためのツールとなっています。年齢、資金の性質、投資経験、投資ニュースなどの投資情報の入手状況などをもとに提案してくれます。

資産全体というよりは、投資信託を買おうと思っているけどなにを買えばいいかわからないという方向けです。ちなみに、SBI証券に口座を持っていない方でも利用できます。

>>SBI証券公式ホームページ

 

投資や資産運用をすることは重要だとは思うけれども、日々の仕事が忙しい方などにとってこうしたロボアドのようなトレードツールは低コストで資産運用を効率的に行うことができるとても魅力的なツールです。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP