おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
証券会社の選び方

株式投資や投資信託などの資産運用を考えるとき、証券会社という金融機関を活用する必要があります。銀行と比べるとよくわからないというイメージがあるかもしれませんが、自分に合った証券会社を選ぶことが、投資にも大きく影響します。

このカテゴリーでは自分にあった証券会社、ネット証券を選ぶためのポイントやコツ、手数料比較やサービス比較などをしていきます。

LINE証券が設立!LINEと野村HD(野村證券)によるネット証券は成功するか?

2018年3月29日

メッセンジャーアプリ最大手のLINEと、総合証券会社で業界ガリバーの野村證券を傘下に持つ野村HDが共同で“LINE証券”というネット証券を設立することについて合意したと発表されました。2018年5月にもLINE証券の設立を予定しているそうです。

LINEは2018年になってから金融事業・フィンテックサービスに積極的に力を入れています。すでにLINE Financialを設立し仮想通貨交換業の登録を申請しており、LINEというプラットフォームを通じて様々な金融サービス領域へ進出するようです。

続きを読む

証券会社比較と口座開設

スマートプラス(SMART+)の評判とメリット、デメリット。株の売買手数料が無料のネット証券

2018年3月9日

株式売買手数料というのは、株を売買するときにブローカーである証券会社に対して支払う委託手数料です。この手数料競争が続く中で、株の売買手数料の“完全無料化”をうたう証券会社(ネット証券)がいよいよ開業します。

証券会社の“再定義(証券3.0)”を謳うスマートプラスは、フィンテックベンチャーのフィナテキストと大和証券グループ本社が共同で設立したネット証券です。『ストリーム』と呼ばれる取引アプリを利用して現物株取引、信用取引のどちらも株式委託手数料(株の売買手数料)を無料化するのが特徴です。ちなみに、○○証券という名称になってませんが、ちゃんとした証券会社です。

今回はそんな、スマートプラスの株取引の特徴や手数料無料化を実現できる理由について紹介していきます。

続きを読む

Fintech(フィンテック),証券会社比較と口座開設

ダークプール取引とは何か?ネット証券も個人投資家に開放

2018年3月7日

最近、ネット証券が個人投資家にも解禁するという話がでているダークプール取引について紹介していきます。ダークプール取引とは、証券会社内のシステムにおいて投資家の売買注文を付け合わせて取引をすることです。

東京証券取引所などの取引所を介さず、取引を行うものです。ちなみに、似たようなものにPTS(私設取引システム)がありますが、こちは個人投資家向けでダークプールは機関投資家向けのプロ用の取引市場です。

こうしたダークプールは松井証券やSBI証券が個人向け株売買サービスとして提供を予定しております。

続きを読む

証券会社のサービス

DMM 株の特徴と評判(DMM.com証券)。手数料格安のネット証券として国内株に参入

2018年3月6日

FX取引やCFD取引といった投資商品を展開してきた、DMM.com証券がついに、国内株式取引サービスを開始しました。サービス名称は『DMM 株』です。

ネット証券業界の中でも屈指の手数料の安さを実現しており、現物株取引、信用取引ともにコスト重視派の投資家におすすめできる証券会社となっています。パソコンでの取引はもちろん、スマートフォンでも株売買ができるアプリも用意しています。

今回はそんな手数料格安ネット証券となるDMM 株(DMM.com証券)のメリット、デメリットやサービスの特長などについてまとめていきます。

なお、口座開設を完了すると最大2か月間取引手数料が無料になります。

DMM株公式ホームページ

続きを読む

証券会社比較と口座開設

PTS取引(SOR注文・夜間取引)に対応しているネット証券を比較

2018年2月24日

PTS取引というのは、証券取引所以外で株式を売買することができる場で、「私設取引システム(Proprietary Trading System)」と呼ばれています。一部の証券会社では東証(証券取引所)に加えてPTS取引にも対応しています。

PTS取引ができるメリットというのはSOR注文によって普通に東証に注文を出すよりも有利な価格で約定(取引成立)となる可能性があることや、夜間など時間外での株取引ができるといった点が挙げられます。今回はそんなPTS取引に対応しているネット証券の紹介や、それぞれのサービス内容を比較していきます。

続きを読む

証券会社のサービス

証券会社が倒産したら株やお金はどうなる?銀行のペイオフのような保護制度はあるの?

2018年1月12日

銀行には預金保険(ペイオフ)があり、一定の範囲で補償されるような仕組みがありますが、証券会社が万が一倒産・破たんした場合、預けている株や投資信託などの運用資産、現金などはどのような扱いになるのでしょうか?

今回は、証券会社が倒産したら、破たんしたら私たちが預けている株や投信、現金などの資産はどのように扱われるのか?どのような保険や保護制度があるのかを紹介していきます。

続きを読む

証券会社比較と口座開設

株の少額取引、小額投資におすすめの証券会社と手数料プランの選び方

2017年12月27日

昔は株投資をするのであれば、最低売買金額が100万円くらいする銘柄も多く、小額投資は難しかったです。近年では、単元株数(売買単位)の引き下げなどもあり、少ない資金でも株式投資を始めることができるようになりました。

証券会社側もそれに合わせて、株の売買手数料について“小額投資・少額取引”をする人向けのプランも用意するようになっており、小額投資でも低コストで株の売買ができるようになっています。

今回はそんな5万円、10万円、30万円、50万円といったような小額投資におすすめの証券会社とその選び方について紹介していきたいと思います。

続きを読む

証券会社の手数料,証券会社比較と口座開設

おすすめ株(株式)を探すためのスクリーニングツールの活用術と注意点

2017年12月22日

株式投資において、どの株に投資をするべきなのかに迷う人は少なくありません。そんなときに役立つのが証券会社(ネット証券)が提供しているスクリーニングツールと呼ばれるものです。

スクリーニングとは“ふるいにかける”という意味で、上場している3000を超える銘柄を様々な条件で絞り込むことができるのです。

今回はそんな便利な株のスクリーニングツールの上手な使い方と注意点などをまとめていきます。

続きを読む

初心者のための株の始め方,証券会社のサービス

逆指値注文のやり方と意味、株やFXなどで使える逆指値を活用しよう

2017年12月8日

株式投資やFX(為替)のように価格取引をするときの注文方法の一つに“逆指値(ぎゃくさしね)”と呼ばれる注文方法があります。一般的にはリスクヘッジとなる注文や予約注文として活用できる注文方法となります。

この逆指値注文は投資家が株取引や為替取引をする上で一番最初に覚えておくべき特殊注文(条件付き注文)となるはずです。今回はそんな逆指値とは何か?どのような注文方法でどうやって活用していったらいいのか?ということを投資初心者にもわかりやすく紹介してきます。

ちなみに逆指値は英語でいうと“Stop Order”と呼びます。

続きを読む

証券会社のサービス

岡三オンライン証券の評判とメリット、デメリット。優秀なトレードツールと情報、IPO投資が魅力

2017年11月29日

岡三オンライン証券は、準大手証券会社とされる岡三証券グループのネット専業証券です。“IT企業がつくるのではなく、『証券のプロ』がITを活用してつくる証券会社”を謳っています。岡三ネットトレーダーと呼ばれるトレードツールの他、株の売買手数料も安く、ネット証券のシェアを拡大しています。

現在は大手ネット証券の一角を占めており、コストに敏感な投資家、あるいはIPO投資家など人気がある証券会社となっています。

なお、ただいま当ブログは岡三オンライン証券とタイアップしており、下記のリンクよりキャンペーンコードを取得し口座開設、5万円以上の入金で“もれなく5,000円”がプレゼントされます。

岡三オンライン証券公式ホームページ

続きを読む

証券会社比較と口座開設

1 / 812345...最後 »

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP