証券会社の選び方

株式投資や投資信託などの資産運用を考えるとき、証券会社という金融機関を活用する必要があります。銀行と比べるとよくわからないというイメージがあるかもしれませんが、自分に合った証券会社を選ぶことが、投資にも大きく影響します。

このカテゴリーでは自分にあった証券会社、ネット証券を選ぶためのポイントやコツ、手数料比較やサービス比較などをしていきます。

ETFの取引手数料が無料の証券会社と活用術、フリーETF、ゼロETF、0円ETFなど登場

2018/06/28 更新

ETF(上場投資信託)は日経平均株価やTOPIX、あるいはダウ平均、金価格といった様々な指数に対して個別株式と同じように手軽に売買することができる金融商品です。

本来は現物として存在しない指数を投資信託の仕組みで疑似的に作り出し、それを個別株と同じように証券取引所に上場させることで投資できます。インデックスファンドとならび、ETFは指数投資に欠かせない金融商品です。

今回はそんなETF投資家にうれしい、ETFの売買手数料が無料となる証券会社とそのサービス内容、活用方法を紹介します。

続きを読む

証券会社の手数料

野村證券の評判と特徴。業界最大手の証券会社に個人投資家が口座を持つメリット

2019/01/29 更新

野村證券は日本における証券会社ではナンバーワンの規模を持つ総合証券会社です。その規模からガリバー証券と呼ばれることもあります。基本的には対面営業が中心ですが、ネット取引専用口座の野村ネット&コールも用意されています。

そんな業界最大手の証券会社である野村證券に対して個人投資家が口座を持つメリットはあるのでしょうか?今回はそんな野村證券のメリット、デメリットや強みといえる部分について徹底的に分析していきたいと思います。

続きを読む

証券会社比較と口座開設

SBI証券でたまるSBIポイントの活用方法と注意点

2018/06/04 更新

SBIポイントというのはSBI証券を始めとした金融グループであるSBIグループの共通ポイントです。

知名度は低いですが、SBI証券を利用している人は株の売買や投資信託の保有などでポイントを貯めることができるようになっています。今回はそんなSBIポイントについて貯めたポイントの使い道や活用方法、利用上の注意点などをまとめていきます。

上手に活用してポイントをお得にためていきましょう。

続きを読む

ポイントサービス,証券会社のサービス

投資信託を買うなら楽天証券がお得、ハッピープログラムでポイント2重取り

2018/06/04 更新

投資信託を買うのであればおすすめの証券会社の一つが楽天証券です。楽天証券(楽天銀行)では同社サービス利用者向けに“ハッピープログラム”というポイントプログラムを用意しています。

このハッピープログラムを上手に活用すれば投資信託の購入や保有でお得にポイント活動をすることが可能です。ネット証券で投資信託を買うなら楽天証券で買うのがお得です。

今回はそんな楽天証券(+楽天銀行)を活用した投資信託の買い方とポイント獲得術を紹介していきます。

続きを読む

投資信託,証券会社比較と口座開設

ネット証券の株を買って、株主優待で手数料割引を受ける方法

2018/05/29 更新

ネット証券での株取引で気になるのが“売買手数料”ではないでしょうか。最近では取引コストが下がってきてはいるものの、アクティブな取引をする投資家の方にとっては重要な要素です。

今回はそんなネット証券の手数料を割引にすることができるネット証券(や、その親会社)の株主優待制度を紹介していきます。auカブコム証券、マネックス証券、GMOクリック証券のネット証券3社では、株主優待として手数料優待が用意されています。

上手に利用すれば株の売買手数料を大幅に節約することもできるかもしれませんよ。

続きを読む

株主優待,証券会社比較と口座開設

米国株に投資ができるネット証券4社を徹底比較。どの証券会社がお得か?

2019/12/24 更新

株式投資において日本株ではなく米国株(米国ETF)に投資をしたいと考えている方も多いかと思います。一方で証券会社において米国株・米国ETFに投資ができる所は実はかなり限られています。

たとえば、いわゆる大手ネット証券といわれる証券会社6社(SBI証券、マネックス証券、楽天証券、auカブコム証券、松井証券、岡三オンライン証券、GMOクリック証券)の中でも米国株取引に本気で対応しているのはSBI証券、マネックス証券、楽天証券です。また、新興ネット証券もDMM株(DMM.com証券)も対応しています。

今回はそんな米国株に投資をすることができる証券会社(ネット証券)各社のサービス内容を徹底比較していきいます。

続きを読む

外国株投資,証券会社比較と口座開設

つみたて証券会社が登場、つみたてNISA専用で投信購入がクレジットカードで可能

2018/05/17 更新

2018年夏、つみたて証券会社という新しい証券会社がサービスを開始します。この証券会社には一風変わった特徴が2つあります。

一つは取扱い投資商品が小額投資非課税制度である「つみたてNISA(投信積立)」に絞られているということ。もう一つはその投資信託の購入が「クレジットカード払い」になっているということです。

最近はポイント投資、おつり投資といったようにFintech(フィンテック)やアプリなどを活用した色々な投資サービスが登場していますが、この「つみたて証券会社」も個人的にはかなり注目しています。今回はそんな、つみたて証券会社の特徴や利用するメリット、デメリットなどを分かりやすくまとめていきます。

続きを読む

証券会社比較と口座開設

STREAM(スマートプラス)の評判とメリット、デメリット。株の売買手数料が無料のネット証券

2019/02/25 更新

株式売買手数料というのは、株を売買するときにブローカーである証券会社に対して支払う委託手数料です。この手数料競争が続く中で、株の売買手数料の“完全無料化”をうたう証券会社(ネット証券)がいよいよ開業します。

証券会社の“再定義(証券3.0)”を謳うスマートプラスは、フィンテックベンチャーのフィナテキストと大和証券グループ本社が共同で設立したネット証券です。『ストリーム(STREAM)』と呼ばれる取引アプリを利用して現物株取引、信用取引のどちらも株式委託手数料(株の売買手数料)を無料化するのが特徴です。ちなみに、○○証券という名称になってませんが、ちゃんとした証券会社です。

今回はそんな、スマートプラスの株取引の特徴や手数料無料化を実現できる理由について紹介していきます。

続きを読む

Fintech(フィンテック),証券会社比較と口座開設

ダークプール取引とは何か?ネット証券も個人投資家に開放

2018/03/16 更新

最近、ネット証券が個人投資家にも解禁するという話がでているダークプール取引について紹介していきます。ダークプール取引とは、証券会社内のシステムにおいて投資家の売買注文を付け合わせて取引をすることです。

東京証券取引所などの取引所を介さず、取引を行うものです。ちなみに、似たようなものにPTS(私設取引システム)がありますが、こちは個人投資家向けでダークプールは機関投資家向けのプロ用の取引市場です。

こうしたダークプールは松井証券やSBI証券が個人向け株売買サービスとして提供を予定しております。

続きを読む

証券会社のサービス

DMM 株の特徴と評判(DMM.com証券)。手数料格安のネット証券として株取引に参入

2019/12/24 更新

FX取引やCFD取引といった投資商品を展開してきた、DMM.com証券がついに、国内株式取引サービスを開始しました。サービス名称は『DMM 株』です。

ネット証券業界の中でも屈指の手数料の安さを実現しており、現物株取引、信用取引ともにコスト重視派の投資家におすすめできる証券会社となっています。パソコンでの取引はもちろん、スマートフォンでも株売買ができるアプリも用意しています。

今回はそんな手数料格安ネット証券となるDMM 株(DMM.com証券)のメリット、デメリットやサービスの特長などについてまとめていきます。

なお、口座開設を完了すると最大2か月間取引手数料が無料になります。

DMM株公式ホームページ

続きを読む

証券会社比較と口座開設

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP