おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
証券会社のサービス

証券会社が提供しているいろいろなサービスや最新情報などを紹介していきます。

楽天カードで投信積立+売却で年間6000ポイントがほぼノーリスクで手に入れる方法

2018年11月10日

2018年10月より楽天カード(クレジットカード)を使って楽天証券において投資信託を月額5万円までカード払いで購入できるようになりました。購入時には1%相当の楽天ポイントも付与されます。

これを活用して、投資信託の積立+売却を利用してほとんどリスクなく、年間に6000ポイントを貯めることができる方法を紹介していきます。

投資に興味がない方、リスクがあるから怖いという方でも活用できる方法です。

続きを読む

ポイントサービス,投資信託,楽天市場で得をする,証券会社のサービス

Tポイント投資が開始!SBIネオモバイル証券でポイント運用が可能に

2018年10月30日

最近は様々なポイントを使ってのポイント投資、ポイント運用が流行っていますが、共通ポイントカードの雄であるTポイントが、ネット証券最大手のSBI証券と組んでのポイント投資サービスを開始するようです。

SBIネオモバイル証券がTポイントを1ポイント単位で投資できる新たなサービス「Tポイント投資」を開始します。

続きを読む

共通ポイントの活用術,証券会社のサービス

楽天証券 マーケットスピード2がいよいよ始動。アルゴ注文や新機能、活用方法を紹介

2018年9月20日

楽天証券の人気トレードツールであるマーケットスピード(通称:マケスピ)は2000年6月に提供されて以来、絶大な人気を誇ってきました。また、個人投資家にプロ投資家に近い環境を初めて提供したサービスでした。

そんなマーケットスピードもサービス開始から18年経過し、さらなるトレード環境を提供するために新ソフトウェア「マーケットスピードⅡ(MARKETSPEEDⅡ)」が2018年10月14日にローンチされます(延期されました)。

今回は、ご縁があって、メディア向けの説明会に参加させていただきましたので、その内容と、私が感じたマーケットスピード2の特徴や活用方法などについて紹介したいと思います。

楽天証券公式ホームページ

続きを読む

証券会社のサービス

楽天証券で投資信託を楽天カードで購入すると1%のポイント還元

2018年8月30日

ネット証券の楽天証券で、2018年10月(予定)より楽天カードを使って投資信託を買えるようになります。今までも買えた?いいえ、これまではただの口座振替でしたが、これからはクレジットカード決済として投信を買えるようになります。

結果、楽天証券で投資信託を楽天カードで買えば、1%分の楽天ポイントが貯まるようになります。普通のお買い物ではない、投資信託の購入でポイントがもらえるのはスゴイことになると思います。実質1%還元です。

今回はそんな楽天証券で投信を楽天カードで買えて、さらにポイントも付くってことについて詳しく紹介していきたいと思います。

続きを読む

投資信託,証券会社のサービス

株の自動売買注文の種類と仕組み。株の自動売買とは何か?

2018年7月28日

株の注文は通常「指値」または「成行」という二つの注文が基本ですが、自動売買注文は特定の条件を満たした時に執行される株の注文方法です。

代表的なものには逆指値注文がありますが、これ以外にも様々な種類の自動売買注文(特殊注文とよばれることも)があります。今回はそんな、色々ある株の自動売買注文とそれぞれの特徴、どんな場面で使えるのか?ということについて分かりやすく紹介していきたいと思います。

続きを読む

証券会社のサービス

ロボアド投資のTHEO(テオ)の評判とメリット、デメリット

2018年7月11日

ロボアド(ロボットアドバイザー)というのは、資産運用の分散投資の提案をロボ(AI)が行ってくれるサービスです。投資の世界で分散投資の重要度の高さは知られていますが、その配分をどうするかは高度な計算が必要になります。ロボアドは投資家が一人一人がとることができるリスクの大きさに応じて、最適な投資を提案してくれるサービスです。

THEO(テオ)は、そんなロボアドを投資個人向けに提供している資産運用サービスです。お金のデザイン社が運営しているラップ口座(投資一任)サービスとなっています。

今回はそんなTHEO(テオ)のロボットアドバイザー投資についてその特徴と評判や他のロボアド投資と比較してのメリット、デメリットなどを紹介していきます。

続きを読む

証券会社のサービス

SBI証券でたまるSBIポイントの活用方法と注意点

2018年6月4日

SBIポイントというのはSBI証券を始めとした金融グループであるSBIグループの共通ポイントです。

知名度は低いですが、SBI証券を利用している人は株の売買や投資信託の保有などでポイントを貯めることができるようになっています。今回はそんなSBIポイントについて貯めたポイントの使い道や活用方法、利用上の注意点などをまとめていきます。

上手に活用してポイントをお得にためていきましょう。

続きを読む

ポイントサービス,証券会社のサービス

カブドットコム証券の“毎月ポイント”とは?投資信託保有でたまるポイント

2018年4月26日

大手ネット証券のカブドットコム証券では、自社の口座内で投資信託(ETF除く)を保有していると、残高に応じて「毎月ポイント」というポイントがたまる仕組みがあります。

こうした投資信託の保有に対するポイントプログラムはカブドットコム証券だけでなく、SBI証券や楽天証券などでも実施されていますが、カブドットコム証券は最高レベルの付与率となっているのが特徴です。

今回はそんなカブドットコム証券の投信ポイントである“毎月ポイント”の特徴やメリット、デメリット、他社ポイントとの違いなどを紹介していきます。

カブドットコム証券公式ホームページ

続きを読む

投資信託,証券会社のサービス,証券会社比較と口座開設

ダークプール取引とは何か?ネット証券も個人投資家に開放

2018年3月7日

最近、ネット証券が個人投資家にも解禁するという話がでているダークプール取引について紹介していきます。ダークプール取引とは、証券会社内のシステムにおいて投資家の売買注文を付け合わせて取引をすることです。

東京証券取引所などの取引所を介さず、取引を行うものです。ちなみに、似たようなものにPTS(私設取引システム)がありますが、こちは個人投資家向けでダークプールは機関投資家向けのプロ用の取引市場です。

こうしたダークプールは松井証券やSBI証券が個人向け株売買サービスとして提供を予定しております。

続きを読む

証券会社のサービス

PTS取引(SOR注文・夜間取引)に対応しているネット証券を比較

2018年2月24日

PTS取引というのは、証券取引所以外で株式を売買することができる場で、「私設取引システム(Proprietary Trading System)」と呼ばれています。一部の証券会社では東証(証券取引所)に加えてPTS取引にも対応しています。

PTS取引ができるメリットというのはSOR注文によって普通に東証に注文を出すよりも有利な価格で約定(取引成立)となる可能性があることや、夜間など時間外での株取引ができるといった点が挙げられます。今回はそんなPTS取引に対応しているネット証券の紹介や、それぞれのサービス内容を比較していきます。

続きを読む

証券会社のサービス

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP