LINE証券の株のタイムセールはお得?上手にタイムセールを活用する攻略法を紹介

LINE証券が提供しているキャンペーンの一つに「株のタイムセール」というものがあります。その名前の通り、株式を割引価格で販売してくれるサービスです。その日の終値から3%、5%、7%のいずれかの割引率で購入できるようになっているセールです。

当日購入なので、翌朝の始値でそれぞれの割引率以上に値下がりしない限りはほぼ利益がでるというお得なセールです。

購入できる上限金額もあり、早い者勝ちでもあるので、大儲けできるようなキャンペーンではありませんが、コツコツと利益を拾っていきたい投資家の方にはおすすめです。私ももちろん毎回参加してます。

>>LINE証券の公式ホームページはこちら

スポンサーリンク

LINE証券の株のタイムセールの仕組み

LINE証券は2019年8月20日にサービスを開始した新しいネット証券です。1株単位の株式売買が可能な小額投資が可能な証券会社です。

LINE Financialおよび野村ホールディングスの共同出資により設立されています。

LINE証券を徹底活用!投資初心者におすすめのスマホ証券のメリット、デメリットを分析
2020-10-08 15:40
2019年8月20日にサービスを開始した新しいネット証券です。メッセンジャーアプリの「LINEアプリ」を通じて株式投資(主に小額投資)に特化した証券会社です。 投資初心者に優
リンク

現在はほぼ毎月1回~3回程度開催しています。

  • 対象銘柄を3%、5%、7%OFFで購入できます
  • タイムセールの対象銘柄は毎回変動
  • 買付手数料は無料だけど売却時は必要

開催の時期はバラバラです。

株のタイムセールの参加条件

以前は全員対象でしたが、アクセスが殺到しすぎてサーバーエラーのようなことが起こってからは、特定の条件を満たした人が参加できる「プレミアムタイムセール」を行うようになっています。

  • 過去一定期間に株の売買を〇回以上やっている
  • LINE証券の残高として〇万円以上入金されている
  • 誕生日が〇月~×月の人

といったような感じです。参加者を絞ることで殺到しすぎて買えない……という状況を回避しているのだと思います。

いいかえると、それだけお得なセールという事です。

 

次回の株のタイムセールはいつある?

2020年10月は4回のタイムセールが実施されますが、参加できる回を誕生日で振り分けています。なので実質一人1回です。

  1.  10月8日(木) 1月~3月生まれの方
  2. 10月15日(木) 4月~6月生まれの方
  3. 10月22日(木) 7月~9月生まれの方
  4. 10月29日(木) 10月~12月生まれの方

その他の条件はありません。ただし、タイムセール日の前日までに口座開設が完了している必要があります(最短翌営業日口座開設可能です)。

>>LINE証券の公式ホームページはこちら

 

LINE証券の株のタイムセール、当日の流れ

タイムセール当日の流れを紹介します。

  1. 16時ごろに対象銘柄が発表されます
  2. 必要金額を入金しておく(事前でもOK)
  3. 待機ページがLINEで送られてくるので17時前に待機
  4. 17時にリロード!割引率(3%、5%、7%)が決定
  5. 欲しい銘柄をタップして購入

という感じになります。17時から早い者勝ちになりますので、17時前は要待機です。お仕事中の方はタイムセールの時間帯はトイレにこもるという方もいらっしゃるのだとか(笑)

 

どの銘柄を買うのがいいの?

このLINE証券の株のタイムセールは基本的には翌日売りを私はおすすめしています。あくまでも3%、5%、7%の割引率を活かすものだと思っているからです。

ということはこの割引率に対して掛けられる利益というのは「総購入額」です。現在の株のタイムセールは銘柄によって購入可能株数が異なります。

なので基本的には「株価」×「購入可能株数」が一番大きな銘柄を購入するのが一番効率的だと思います。

もちろん、当日15時の終値-割引率=購入単価となりますので、15時以降で材料が出ているような場合はそれを判断材料に加えてもいいと思います。

 

翌朝は日中時間に売却するのがおすすめ

注意点です。LINE証券は株の売買時間が長いです。
ただし、立会時間外の時間帯は手数料率(スプレッド)が広がるという特長があります。

  • 日中時間:0.2~0.4%(9時~11時20分、12時30分~14時50分)
  • 時間外:1.0%

となっています(スプレッドは2020年10月5日に値上げ)。

そのため、売却時の手数料はかかりますので、手数料の安い日中時間帯で売却するようにしましょう。

>>LINE証券の公式ホームページはこちら

 

LINE証券、株のタイムセールのリスクは?

翌朝の株価が大きく下がり、割引率以上に下げた場合は損失が発生する可能性があります。

たとえば、過去のタイムセールの実績として2020年2月27日実施分では、当日の夜にNY市場は過去最大の下げ幅を記録する暴落となりました。その結果、翌朝の日本市場も大荒れとなり、タイムセールの割引率以上の損失が発生したケースもありました。

ただ、個別銘柄で翌日に5%、7%下げるというのはよほどのケースでしょう。

>>LINE証券の公式ホームページはこちら

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP