おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2017年 ネットバンクのATM手数料、振込手数料を無料にするためのまとめ

digital-dreams-11559282017年4月現在における主要ネットバンクにおけるATM手数料や振込手数料、振込手数料の無料条件などをまとめます。特に、ネットバンクを普段使いの銀行として便利に活用したい方は、あなた自身の生活スタイルや周辺環境なども加味してネットバンクを選ぶようにすると良いかと思います。

たとえば、近くや生活圏セブン銀行がないのに、セブン銀行のATMが無料の銀行を選んでも意味がありません。特にネットバンクは実店舗がないためサブの銀行としての役割が強いです。あなたが銀行(ネットバンク)に求める役割を考えてどの銀行を利用すべきかを検討するようにしましょう。

スポンサーリンク

2017年の銀行の振込手数料やATM手数料の状況

2015年と比べて少し状況が変わりました。
大きいのは住信SBIネット銀行が無条件の手数料無料というのをやめて、預金残高等に応じて無料回数を増やすという「スマートプログラム」を導入したことでしょうか。

逆に、楽天銀行は2015年末に預金残高に応じた振込手数料の無料化を実施し、ネットバンク同士によるATM手数料や振込手数料の無料化についての条件が平準化したように感じます。

 

コンビニATM手数料編

ATM(現金自動預け払い機)についてネットバンクの多くは自分の銀行ATMを持ちません。その代りに他の銀行と提携してATMを使えるようにしたり、コンビニATMなどで引き出せるようにしているケースが大半です。

また、ネットバンクを使っているのにATM手数料を取られていては節約になりませんので、多くの銀行がATM手数料の無料化を実施しています。

ネットバンク名 セブン銀行ATM イーネットATM ローソンATM ゆうちょ銀行ATM
新生銀行 無料 無料 無料 無料
ATM面では2016年でも最強の銀行です。上記のコンビニATM以外にも、都市銀行や信託銀行などのATMも実質手数料無料で利用できます。さらに、イーネットATMの利用なら月に2回までですが、利用すると1回あたり10ポイントが逆にもらえます(上限20ポイントまで)。

ATMの利便性という面では2016年最強の銀行だといえます。

住信SBIネット銀行 108円 108円 108円 108円
2015年まではATM手数料はほぼ無料だったのですが、2016年の「スマートプログラム」導入によって、回数制限がちょっと厳しくなりました。預金残高等に応じて月2回~15回無料です。
ある程度の残高がある方はいいですが、そうでない場合は月2回まで無料という形になってしまいます。ちなみに、ステージ2(無料回数月5回)くらいまでなら実は簡単に目指せます。詳しくは「スマートプログラムでランク2を目指す方法」をご覧ください。
楽天銀行 216円 216円 216円 216円
預かり資産残高に応じて0回~7回のATM出金手数料が無料です。
10万円:1回無料
50万円:2回無料
100万円:5回無料
300万円:7回無料といった形になります。なお、手数料を無料にするには楽天銀行の口座と楽天市場のアカウントをリンクさせる必要があります(楽天銀行ハッピープログラム)。
ジャパンネット銀行 162円(無料) 162円(無料) 162円(無料) 162円(無料)
無料利用回数は定められていませんが、1回あたりの入出金が3万円以上であれば入金・出金ともにATM手数料は無料です。これを考えると、実はかなり使い勝手がいいです。その他、三井住友銀行ATM、@バンクATMを利用することができます。
じぶん銀行 108円 108円 108円 216円
コンビニATM・三菱東京UFJ銀行ATMは月2回~11回まで「じぶんプラス」のランクに応じて無料。ゆうちょ銀行ATMは月1回まで無料。
ソニー銀行 無料 108円 108円 108円
セブン銀行に関しては入出金ともに完全無料(回数制限なし)。その他のATMは出金は合計月4回まで手数料無料となります。一般的な利用方法であれば、回数を超えてしまうことは無いでしょう。
その他、三井住友銀行ATM・三菱東京UFJ銀行ATM・@バンクATM(九州除く)も月4回まで無料で利用できます。
セブン銀行 108円 利用不可 利用不可 105円~210円
セブン銀行ATMでの入金は随時無料。出金は午前7時~午後7時は無料だがそれ以外の時間は105円となっています。
セブンイレブン以外ではあまり使い勝手が良いとは言えないです。
大和ネクスト銀行 108円 利用不可 利用不可 108円
通常はキャッシュカードなし。大和証券にも口座を持てば大和証券のキャッシュカードで入出金が可能。その他・大和証券内ATM
・三井住友銀行ATM

緑色に塗っているのは、月の無料利用回数が定められているものです。月に3回~5回程度の回数制限はあるもののこの範囲内であれば無料でATMを利用できます。

また、表をぱっと見るだけでは分かりませんが、ジャパンネット銀行は3万円以上の入出金ならATM手数料はかからないので、このくらいの金額をやり取りするならジャパンネット銀行もかなりお勧めとなります。

 

振込手数料編

次は、銀行同士の振込手数料を見ていきます。窓口なんかで振込をしようとすると他行あてなら840円などのような高額な手数料がかかる振込手数料もネットバンクでオンライン振込ならかなり手数料を抑えることができます。

ネットバンク名 自行間 他行間 他行振込手数料無料回数・条件
住信SBIネット銀行 無料 154円 スマートプログラム」の導入によって常時3回無料から、会員ランクに応じた無料回数制度に変更されています。
ランク1:1回無料
ランク2:3回無料
ランク3:7回無料
ランク4:15回無料
先ほどのATM手数料の項目でも書きましたが、ランク2くらいまでなら比較的簡単に達成できるので、振込手数料無料回数は多めに獲得できそうです。
新生銀行 無料 103~308円 会員ランクに応じて月1回~10回まで無料になります。
条件なし(スタンダード):月1回まで無料
預金200万円(ゴールド):月5回まで無料
預金2000万円(プラチナ):月10回まで無料上記は総資産の条件です。それ以外の条件でもランクアップできるケースがあります(投資信託の保有やローンなど)。ランクが上がると、振込手数料以外の特典もあります。ちなみに、新生銀行は他行から振り込み(1万円以上)を受けると25ポイント(Tポイント)がもらえます(上限100ポイント)。たとえば、自分の住信SBIネット銀行の無料振込を新生銀行にすればタダでポイントが貰えます。
楽天銀行 無料 165円/258円 預かり資産残高に応じて0回~7回のATM出金手数料が無料となります。10万円:1回無料
50万円:2回無料
100万円:3回無料
300万円:3回無料ATMのところでも書きましたが「ハッピープログラム」への登録(無料)が必要になります。
ジャパンネット銀行 52円 172円/270円 【条件付】預金平均が3000万円以上で月5回まで無料です。この条件はかなり厳しい条件ですね。
じぶん銀行 無料 174円/278円 前述の「じぶんプラス」のランクに応じて無料。
ランク3:1回無料
ランク4:3回無料
ランク5:5回無料
ソニー銀行 無料 216円 【無条件】月に1回までは無料
2016年より「ソニーバンクウォレット(ソニー銀行のVISAデビットカード)」を利用する方に関しては振込回数が2回まで無料となります。
また、外貨預金の残高等で変わる優遇ステージによって、最高で月11回まで振込手数料を無料にすることができます。
セブン銀行 52円 216円 無料条件なし
大和ネクスト銀行 無料 216円 【無条件】月に3回までは無料

お勧めなのは、住信SBIネット銀行、新生銀行、ソニー銀行あたりでしょうか。

大和ネクスト銀行もよさそうに見えますが、そもそもキャッシュカードもないのでそこらへんを考えると微妙です。あくまでも大和証券に口座を持っている方向けの銀行お知恵そうです。

 

以上、2017年 ネットバンクのATM手数料、振込手数料を無料にするためのまとめでした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP