おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。
株・投資の税金

株や投資にかかる税金の最新情報と節税

株や投資で利益が出た場合にも利益に応じた税金がかかります。このカテゴリーでは投資・証券税制に関する説明や制度変更、投資に関する税金を節税するための投資方法などを紹介していきます。

投資の税金と節税の価値。投資における節税は複利効果を生む

2017年3月21日

投資や資産運用においても利益が生じれば税金が発生することになります。今回はそんな税金を節税することによって資産運用に対して与えるプラスの効果についてまとめていきたいと思います。投資において重要な要素の代表として挙げられるものの一つが「複利効果」と呼ばれるものがあります。複利というのは利息が利息を生むと考えてもらえるとわかりやすいかと思いますが、この複利効果を手軽に高める方法が投資の税金を節税することなのです。

今回はそんなとうしにかかる税金と節税とその複利効果についてまとめていきたいと思います。

続きを読む

株・投資の税金,節税・税金のライフハック

株の配当金の税金は確定申告をした方がお得?申告のメリット、デメリット

2016年12月19日

tax株式投資において、投資先の企業から配当金が出ることがあります。この配当金は基本的に20%(20.315%)が源泉徴収された形で銀行や証券会社の指定口座に振り込まれたり、配当金受領証を受け取り郵便局で受け取ります。

この時の源泉徴収で配当金に対する課税関係は終了となります。ただし、確定申告をすることで配当控除の適用が受けられたり、株や投資信託の損失がある場合には損益通算ができたりするケースがあります。

今回は配当金を受け取った人向けの確定申告のメリット、デメリット、注意点などを紹介していきます。

続きを読む

株・投資の税金,節税・税金のライフハック

株の特定口座「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の比較。どちらを選ぶべき?

2016年12月10日

tax-zei証券会社で口座を作るとき、基本は特定口座という株の税金の納付や申告を簡単にしてくれる口座を開設します。その特定口座には「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし(要申告)」という二つのプランがあり自由に選択することができるようになっています。

この二つ、確定申告が必要か不要かという違いだけでなく、選択の仕方によって税負担の大きさだけでなく、他にも様々な影響を及ぼすことになります。今回はそんな株の特定口座における源泉徴収ありと源泉徴収なしとの違いを徹底比較していきます。

続きを読む

株・投資の税金,節税・税金のライフハック,証券会社のサービス,証券会社の選び方

第3のNISA「積立NISA」が登場。メリット、デメリット。通常NISAとの比較

2016年12月5日

tumitate少額投資非課税制度(NISA)に新しい仲間(?)が追加される予定です。それが積立NISA。非課税の限度額が年40万円と通常のNISAの1/3ですが、非課税期間が20年(通常NISAは5年)と4倍の期間非課税で運用することができます。最短で2019年1月からの導入が予定されています。

この積立NISAが導入されれば、通常のNISA、未成年者向けのジュニアNISA、そして積立NISAとNISA3兄弟になる見込みです。

今回はそんな積立NISAについて現在発表されている概要から、利用するメリット、デメリット、既存のNISAとの比較をしていきたいと思います。

続きを読む

NISA口座に関するお役立ち情報,株・投資の税金,節税・税金のライフハック,証券会社の選び方

年末の利益調整・損益通算。株や投資信託の税金を節税する方法と注意点

2016年11月25日

nenmatsu年末は株式投資や投資信託に投資をしている方にとって益出しや損出しといった利益調整をする方も多いかもしれません。株や投資信託の税金は原則として1年単位で計算しますが、未実現の利益や損失は考慮しません。

そのため、株や投資信託の税金を節税するために12月の年末にかけて、損益通算のための益出しや損出しといった取引をする方も多いようです。

今回は年末に考えておきたい株の税金の調整(損益通算)をするポイントや注意点をまとめていきます。

続きを読む

株・投資の税金,節税・税金のライフハック

個人型確定拠出年金(iDeCO)のおすすめ証券会社を徹底比較。楽天証券かSBI証券しかない結果に。

2016年9月12日

rakuten401k2017年1月より利用可能な範囲も広がる個人型確定拠出年金。制度自体は節税メリットなどが強い制度ですが、正直言って利用できる証券会社といえばSBI証券だけという状況でした(他は手数料が高すぎる)。そんな状況に対して2016年9月にいよいよ、SBI証券のライバルともいえる楽天証券が個人型確定拠出年金への参加を表明しました。

今回はそんな楽天証券の個人型確定拠出年金(401k)についての詳細情報と、ライバルとなるSBI証券とのサービス内容を比較していきたいと思います。

続きを読む

ライフプラン,株・投資の税金,株式投資,節税・税金のライフハック,老後,証券会社の選び方,資産運用のライフハック

株式投資の利益に対する税金の申告方法・支払い方法の違い

2016年9月12日

tax株式投資をしているときの利益については利益に応じて税金を支払う必要があります。ただ、株の税金の支払い方法をより簡単にできるよう、日本の証券会社では「特定口座」という口座を認めています。そして基本的に証券会社に口座を作るときはこの「特定口座」を開設しているはずです。

特定口座内での株の利益に対する税金は大きく、取引をしている証券会社が投資家の代わりに税金を計算して支払いまでしてくれる「源泉徴収あり口座」と、計算だけは証券会社がしてくれて、発行された年間取引報告書をもとに自分で確定申告をする「源泉徴収なし口座」の2種類があり選択可能です。

それぞれによってメリット、デメリットがあるうえ、条件によって有利不利が変わってくる形になっています。今回はそんな株式投資の利益・所得の税金の申告方法や支払い方法の違いについてまとめていきます。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,株・投資の税金,節税・税金のライフハック,証券会社の選び方

10分でわかるNISAの仕組みと活用方法。NISAとは何か?

2016年8月29日

nisaNISA(ニーサ)とは画像の通り、Nippon Individual Saving Accountの略です。直訳すると日本個人貯蓄口座になりますが、「少額投資非課税口座」と呼ばれる投資優遇制度です。

もともとはイギリスにあるISA制度を日本に輸入したもので、年間100万円(2016年からは120万円)までの投資に対する売買益や配当益などの税金を非課税とする制度です。20歳以上の方ならだれでも利用でき、未成年の方には少し制度が違うジュニアNISAという制度があります。

今回はそんなNISAについて、10分程度の短時間でその内容や要点を理解できるまとめ情報として記事にしてみました。

続きを読む

NISA口座に関するお役立ち情報,株・投資の税金,株式投資,節税・税金のライフハック,証券会社の選び方,資産運用のライフハック

NISAが満期になったら預けている株や投資信託はどうなる?

2016年8月6日

track-finish-1442273NISA(少額投資非課税制度)は投資から5年間の間は売買益や配当金(株)や収益分配金(投資信託)などが非課税となる優遇税制です。ただ、非課税期間は投資から5年間(5年目の年末まで)と決められています。たとえば、NISA口座内で2014年1月に株を購入した場合、5年後の2018年12月末で非課税期間が終了となります。

満期(非課税期間終了)となった株や投資信託はどうなってしまうのでしょうか?今回はそんなNISA口座の満期(非課税期間終了)における株や投資信託の取り扱いについて説明していきます。

続きを読む

NISA口座に関するお役立ち情報,投資信託,株・投資の税金,株式投資,節税・税金のライフハック,証券会社の選び方,資産運用のライフハック

証券会社へのマイナンバー登録・通知の義務化。通知しないとどうなる?

2016年5月17日

my_number_cardマイナンバー制度のスタートにより証券会社では口座開設において2016年1月からマイナンバーの通知が必須となっています。2015年12月までに口座を開設した人は2018年12月末までに提出することが必要というようになっています。

この証券会社へのマイナンバーの通知はなぜ必要なのでしょうか?また、通知しなかったらどうなるのでしょうか?各社の対応状況から証券会社とマイナンバーについて調査しました。

続きを読む

マネーニュース・キャンペーン情報,株・投資の税金,節税・税金のライフハック,証券会社の選び方,資産運用のライフハック

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP