おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

銀行振込で振込先を間違えた時の返金手続きの流れ

utern銀行振込で間違った相手に振込をしてしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?このようなケースで行う手続きを「組み戻し手続き」と呼びます。ただ、この間違った振込で振り込んでしまったお金を取り戻すというのは結構大変だったりします。

相手が応じない可能性がありますし、また、高額な組み戻し手数料というコストもかかります。一番は振込間違いをしないということです。

スポンサーリンク

間違い振込みの返金手続きの流れ

まずは、組み戻し手続きの流れを簡単に説明していきます。

1.振込依頼をした銀行(A)に組み戻しの手続きの依頼をする。
2.Aは振込先銀行(B)に組み戻し依頼を行う。
3.Bは間違って振込をした先(C)に組み戻しの了解を得る。
4.組み戻し手続きの開始、あなたの銀行口座にお金が戻る。

また、組み戻しを行う場合、組み戻し手数料という手数料が銀行によって異なりますが800円~1000円(税別)程度かかるのが一般的です(最初に払った振込手数料とは別)。

 

組み戻しの流れにおいて一番の課題は「3」の間違って振込を受けた先の了解を得るというところです。
一旦Cさんの口座に振り込まれたお金はたとえ間違いだったとしても、Cさんの了解なしに銀行が勝手に取り出すことはできないのです。

銀行は、Cさんにコンタクトは取りますが、電話に出ない、連絡がつかないということでなかなか話が先に進まないというケースや、場合によってはCさんが組み戻しを拒否した場合には銀行はそれ以上の手続きをすることはできません

拒否された場合でも、振り込んだお金はあなたのお金なので民事裁判をするなどして返金を求めることは可能です。ただし、裁判には時間も費用もかかりますし、回収できる保証もありません。

 

振込先は絶対に間違えないこと。指差し確認必須

銀行振込をするときは細心の注意を払って手続きをするということしかありませんね。

多いミスとしては、「オンラインバンキングで登録した振込先に送るために振込先を選択したつもりが、間違った振込先を選択してしまっていた」というケースのようです。他にも振り込みをする桁数を間違える(0を1個多く入力するだけで大変なことになります……)

クリックだけで振り込める便利なオンラインバンキングですが、このようなミスがないように、毎回振込先の名前などをしっかり確認するようにしましょう。

間違った振込をしたら、そのお金は戻ってこない可能性が高い。そんな気持ちで振込先、銀行名、口座番号などをしっかり指差し確認しましょう。

 

間違い振込のお金を受け取った場合

組み戻し手続きは拒否することができるっていうことは、拒否してしまえばその間違ったお金は自分の物になる?と思われるかもしれませんがそれは違います。

法律的に、誤振込で受け取ったお金については「不当利得」となり返還する義務を負っています。

銀行から組み戻しについての依頼を受けた時点で、誤入金であることを知らなかったという理屈は通りません。銀行預金内に入金されているだけの状態なら刑事上の責任はありませんが、ATMや窓口でお金を引き出すと窃盗罪詐欺罪として刑事罰の対象となる判例がでております。

間違って振込を受けた方も手続きなど多少面倒なこともあるでしょうが、ぜひ協力してあげてください。

 

以上、銀行振込で振込先を間違えた時の返金手続きの流れでした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP