おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

新社会人におくるクレジットカードの作り方と使い方

cc新社会人になって、クレジットカードを作ろうとか作るように勧誘された、またはカードを新しくつくろうと考えている方も多いのではないかと思います。クレジットカードは便利で使い方を間違えなければお得ですが、使い方を間違えると大きな損をしてしまうこともあります。今回はクレジットカードの作り方と使い方の基本、注意点を説明していきます。

スポンサーリンク

クレジットカードの作り方とその注意点

クレジットカードはWEBでの申込の他、店頭などでもよく募集されています。
作ると500円の金券プレゼントとか、色々な特典を付けていることも多いです。手当たりしだいにつくると面倒なことになるかもしれません。

 

1)とりあえず入社すぐは審査に通らないこともある

まず、新入社員として入社してすぐの場合はクレジットカードの審査に通らないケースも少なくありません。
特に、審査が比較的厳しいとされている銀行系のクレジットカードなどは難しいかもしれません。審査通過情報などから考えると流通系のクレジットカードのほうが審査に通りやすいといわれています(楽天カードイオンカードなど)。

 

2)カードに申込み過ぎない

商業施設などでお買い物をしようとするといろいろな特典のあるクレジットカードを紹介・案内されることが多いかもしれません。
だからといって手当たり次第に申込みをするのは感心できません。何枚もクレジットカードを作っても管理が難しくなります。一般的には財布に入れることができるクレジットカードの枚数も限られますのでメインカードとサブカード2、3枚程度の3~4枚が限度だと考えておきましょう。

 

3)年会費には注意。実質無料の年会費にも要注意

年会費がかかるクレジットカードも多いです。その代りポイントがたくさんついたりするわけですが、年に何百万円も決済するなら別ですが、そうでないのであれば、年会費無料のカードで十分だと思います。仮に年会費1500円でポイント還元率が2%という場合、これの元をとるためには75000円を使う必要があります。これ以上使って初めて「得」ができるわけです。
逆に年会費無料のカードでポイント還元率が1%であれば、それと比較すると年に15万円以上使わないと差が生じないことになります。

また、年会費無料のカードにも注意。最近増えているのは「実質年会費無料」というカード。特定の条件を満たせば年会費無料になりますが、満たせない場合は年会費がかかるものもあります。

 

じぶんにあったクレジットカードの選び方

選択の要素としては「ポイント還元率などの利用特典」「空港ラウンジサービスや付帯保険などの所有特典」の二つが選択のポイントとなるでしょう。

 

クレジットカードの利用特典から選ぶ

クレジットカードの利用(カードショッピング)における最大のメリットはポイント還元です。ポイント還元率の高いクレジットカードがやはりお得になります。全般的にポイント還元率の高いクレジットカードから、特定の店舗等でポイントや割引が受けられるカード、ANAやJALなどの航空マイレージがたまりやすいカードなど様々なクレジットカードがあります。自分のライフスタイルに合わせたカードをチョイスしましょう。

 

クレジットカードの所有特典から選ぶ

クレジットカードには保有するだけで受けられる特典というものがあります。たとえば、付帯保険。海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険、ショッピング保険といった保険がクレジットカードを持っている人の付与されます。また、ゴールドカードなどのグレードの高いカードでは空港でのラウンジ利用が無料でできる権利などが付いたカードもあります。
このほか、シティホテルの上級会員資格が付与されたもの、航空会社の上級会員資格が付与されるカードなど所有に対する特典が豊富なカードもあります。

 

こうした様々な特典があるクレジットカードですが、具体的な選び方については「おすすめクレジットカード選び 自分にあったカードが探せる」のページが参考になるかと思います。

 

クレジットカードの使い方の基本

以下では、クレジットカードを使う上で抑えておきたい基本をまとめます。

 

1.支払いは「1回・一括」で

クレジットカードはカード払いした時にその金額を翌月一括で引き落とされる1回払い(一括払い)と、複数回に分けて返済できる「分割払い」「リボ払い」があります。
分割払いやリボ払いには金利(手数料)がかかるようになっています。これは年利15%程度とかなり高額になっているので問題です。(参考:実は危険なリボ払い
また、金利面も問題ですが、分割払いやリボ払いの利用は金銭感覚をマヒさせ、収入以上の消費を誘発しやすいという危険性もあります。「お金で苦労しないための3つの成功習慣」でも書きましたが、収支のバランス感覚を持つことは大切です。
リボ払いや分割払いによるショッピングはこのバランス感覚をあっさりと崩壊させます。

 

2.引き落とし日に落ちないという状況は絶対につくらない

クレジットカードに限らず、金融機関は延滞を相当嫌っています。社会人になりたての方は意外とこうしたことを軽く考えるかもしれませんが、これは覚えておいてください。
会社でも2回不渡り(決済できない)を出すとたとえ黒字でも銀行取引停止となって倒産してしまいます。

クレジットカードなどの引き落とし日はあらかじめわかっていますので、その日には引き落としされる分のお金を入金しておきましょう。ちなみに、滞納が続く場合、事故情報(異動情報)が個人信用情報機関に登録されます。登録はいわゆる「ブラックリスト」で以後、数年間はクレジットカードを始めほとんどの借金・ローンが利用できなくなります。
詳しくは「クレジット・ローンの事故情報(ブラックリスト)はいつ消える?確認は?」も御覧ください。

逆に、約束通りの支払いがしっかりできれば、それが信用となります。こうした信用をクレジットヒストリー(クレヒス)といいます。(参考: クレジットヒストリー(クレヒス)の重要性

 

3.カードの引き落とし先は給与振込口座に設定しておく

これは必須とは言えませんが、やっておくとよいでしょう。給与振込口座であればある程度、預金があるはずですので、不測の事態であっても引き落としできないというリスクを回避できます。
また、本件とは関係ありませんが、貯金習慣をつけるためにも「積立貯金」をおすすめしています。
貯金が苦手な方でもお金を貯めるのに最適です。また、こうして貯金をしておけば、万が一のカードの引き落としの時も預けているお金の一定範囲内なら自動貸付を行ってくれるので残高不足の場合でも預金している金額内となりますが安心できます。

 

まとめ。クレジットカードは賢く利用しよう

以上がクレジットカードの申込や利用の基本です。
クレジットカードの無計画な利用は身を破綻させるきっかけともなります。かわいらしいCMでリボ払いの良さ(便利さ)を盛んに宣伝していますが、それは自社(カード会社)が儲かるからです。

その一方で賢く利用すれば大変便利でお得なツールでもあります。怖さを理解した上で正しく、お得に活用するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP