おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

利子と利息、金利と利率と利回りの違い

percentお金を預ける時や運用するとき、またはお金を借りる時に使われる「利子」「利息」「金利」「利率」といった言葉。

それぞれおなじような意味で使われることが多いですが、実際にそれぞれの意味の違いについてはご存知でしょうか?今回はこの利子と利息の違い、また金利と利率と利回りの違いについてまとめていきたいと思います。

金融の一般常識として押さえてきましょう。

スポンサーリンク

金額とレート(%)の違い

まず、「利子」「利息」「金利」「利率」という言葉は大きく「金額」と「レート(%)」で分けることができます。「利子と利息」は実際の金額を指し、「金利と利率、利回り」はレート(%)を指します。

お金を運用したり、借りたりして支払う金額のことを「利子・利率」と呼び、その計算レート(通常は%で表示)を「金利・利率・利回り」と呼びます。

100万円の定期預金を年利(1年あたりの利率)3%で1年間運用したとします。このときの利子・利息は3万円、金利・利率・利回りは3%ということになるわけです。

それでは、利子と利息、金利・利率・利回りにはそれぞれ違いはないのでしょうか?

 

利子と利息の違い

基本的に違いはありません。貸したお金や借りたお金にかかる費用を利子、利息と言います。

慣例的には、「受け取るお金は利子」と呼ばれており、「支払う場合のお金は利息」と呼ばれることが多いようです。

銀行では上記のように区分しており、定期預金の場合は利子、住宅ローンやカードローンの場合は利息といったように分けて使うことがあるケースもあるみたいですが、扱いは結構自由なようです。

利子や利息という言葉を使う時はさほど気にして使い分ける必要はなさそうですね。

 

金利と利率、利回りの違い

金利や利率、利回りという言葉は、利子・利息を計算するためのレートです。

通常は1年あたりの%(パーセント)で表示されます。

一方で、割(10%)、部(1%)、厘(0.1%)のような形で表現されることもあります。2割5分3厘なら「25.3%」と同じ意味ですね。

もう一つの利率表現として「日歩」というものもあります。こちらは100円に対して1日当たりの利息額を示すものです。

 

年利・月利・日利(日歩)の違い

特に何も前置きがない場合1年あたりの金利である「年利」を指しますが、「月利(1カ月当たり)」「日利・日歩(1日当たり)」などを指す場合もあります。月利は年利を12(カ月)で割ったもの、日歩は年利を365(日)で割ったものになります。

このあたりはしっかりと確認しておく必要がります。たとえば、お金を借りる時、カードローンやキャッシングなどは実質年率という「年利」で表現していますが、質屋の質入れについては「月利」で表示されているのが一般的です。

また、違約金などは日歩で表示されることが多いです。日歩というのは1日当たりという意味ですが、日歩○銭というように率ではないことが多いです。日歩○銭は、100円あたり○銭(1銭は100分の1円)という意味になります。

日歩とは何か?日歩4銭、日歩5銭、日歩0.04%などの計算方法
2018-01-29 13:15
日歩という言葉があります。読み方は「ひぶ」です。この日歩というのは利息・利率を表す言葉で使われている言葉で、100円に対して発生する1日当たりの利息という意味になります。英語では“
リンク

 

同じ率で表現する金利・利率・利回りの意味の違い

さて、金利と利率、利回りの違いですが、金利と利率については違いは基本的にありません。どちらも同じ意味で用いられます。意味は「1年に発生する利子の元本に対する割合」です。あくまでも1年間という期間での金利を百分率で表示したものです。

一方で利回りというのは、投資や資産運用で使われる言葉で“投資した資金に対しての何%の利益があるか”という意味になります。単純には1年あたりの利率になるのですが、投資という視点である以上様々な計算方法があり、結果が変わることがあります。

また、投資先によって使われる利回りの意味が違う場合があります。

  • 表面利回りと実質利回り(主に債券や不動産)
  • 年平均利回り(預金・複利型)

複利分を考慮したり、投資にかかる諸経費を含む含まない、といったようにすることで数字が変わります。

たとえば、年利3%の5年間の定期預金(半年複利)という商品を例に考えます。
金利・利率は表記の通り3%となりますが、利回りは異なります。

この定期預金は年利3%の半年複利なので半年ごとに利子(利息)が計算され残りの半年はそれが上乗せされた状態で次の利息が計算されます。

仮に100万円をこの定期預金に預けた場合、半年後に3%の1/2である1.5%が上乗せされ、その半年後には上乗せされた預金に1.5%が上乗せされます。
具体的な数字で見ると

  1. 半年後:101.5万円
  2. 1年後:103.0225万円
  3. 1.5年後:104.5678万円
  4. 2年後:106.1363万円
  5. 2.5年後:107.7284万円
  6. 3年後:109.3443万円
  7. ・・・5年後116.0540万円

となります。トータルの利子は元金である100万円を差し引いた16万540円ということになります。5年間運用しているわけですから、1年あたりに換算すると5で割って32108円、投資額は100万円なので利回りは3.2108%となります。

 

利回りの表示はミスリーディングも多いので注意

たとえば、アパート経営(不動産投資)で表面利回りというのは、投資額(不動産価格)に対する家賃収入の割合です。一方の実質利回りは、家賃収入額から各種諸経費(管理費や税金など)を引いたもので計算します。

実態に即したものは実質利回りの方ですね。

<例>3000万円の物件。家賃収入は年間180万円で年間の管理費と税金が20万円、ローンの利息が50万円かかるとしましょう。

表面利回り=180÷3000=6%
実質利回り=(180-20-50)÷3000=3.67%

かなりの差がありますよね……。大抵の不動産広告は利回りが高く見える“表面利回り”で表示されるのが一般的です。このように利回りというのは表現の仕方次第で高く見せたり、低く見せたりすることもできるので、ミスリーディングに注意が必要です。

 

以上、利子と利息、金利と利率と利回りの違いについてまとめました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP