おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

借金返済・繰上返済は超効率的でノーリスクな資産運用と同じ

もし、あなたにローンや借り入れ、クレジットの未返済残高があるのなら、株式投資や債券投資などに投資をしたり預金・貯金をする前に、ローンの返済(繰り上げ返済)を考えてましょう。

キャッシングやカードローン、ショッピングリボ払いなどの借金の金利は一般に高利なので、こうした借金の返済を繰り上げて行うというのは言い換えれば、超効率的な運用をしているのと同じことになります。

投資や資産運用を始めるというのであれば、まずは身近に未返済の借金・債務がないかを確認しましょう。

スポンサーリンク

借金をしているのに投資をする人が多い?

これは調査をして結構驚いたのですが、クレジットカードで分割払いやリボ払いを利用しているのに、積立預金のような形で預貯金をしている方、投資信託に積立投資をしているというような人が少なからずいらっしゃいます。

こうした場合、基本的に優先するべきは、貯蓄や投資ではなく、借金・債務の返済です。

 

ローンの繰上返済は最高の投資?

ローン・借金の返済(繰上返済)は投資ととらえるととっても魅力的です。

仮に年利10%で借りているローンを返済するということは、利回り10%の投資をするのと同じだけの利息負担を軽減することができます。

しかも、繰上返済をして損をすることというのは無いのでノーリスクでの運用となります。

定期預金もゼロ金利に近いなか、また国債などに投資をしても1%を切るような利回り状況を考えると随分魅力的ではないでしょうか?

 

借金返済(繰り上げ返済)による利息軽減

100万円を年率15%で借金している場合、そのままだと年に15万円の利息が発生することになります。これを繰り上げて返済をすれば、発生するはずだった15万円の利息をゼロにすることができます。

実際には100万円の現金が減ることになるので、その現金から得られたであろう利回り(預金利息等)もなくなるわけですが、現在のような超低金利の時代であればほぼゼロです。

仮に資産運用をしているような場合でも15%のような高いリターンを出すことは難しいです。それだけのリターンを狙うにはそれだけのリスクも負う必要があります。

一方で借金返済なら、100%確実に15%の利息負担を減らせます。この差は大きいです。

15%という年率はクレジットカードの分割払いやリボ払いなどの手数料がこの水準となります。

 

投資で得た収益は20%課税されるけど、繰り上げ返済は非課税

また、この借金の繰り上げ返済のいいところは、それによってえらえる利息軽減効果は「非課税」ということ。当たり前ですが、ローンの返済をしたからといって税金を取られることはありません。一方、株式投資の配当金や投資信託の分配金などには税金がかかってしまいます(参考:株式投資と税金)。

そう考えると、繰上返済して浮いた利息相当はまるまる懐に入れることができ税制面でも有利となります。

 

そういった意味で、借金を抱えている状況なら資産運用をするよりも借金の返済をするというのは実は“超”が付くほど効率的なのです。

 

低金利の預金(貯金)よりローン返済を優先させよう

貯金や投資は確かに大事です。もちろん、一定額の預貯金は生活防衛資金という観点から考えても必要です。

万が一を考えた場合、半年~2年分くらいの現預金はあるほうが安心です。

万が一のための生活防衛資金を貯めておく必要性とそのメリット
2019-08-05 15:26
急な質問ですが、明日から1円もお金が入ってこなくなるとしたら、あなたたちはどのくらい生きていくことができますか? この質問に対して、1カ月とか2カ月といったごく短い期間しか生
リンク

しかしながら、高い金利で借りているローンの返済は非常に高利回り(しかもノーリスク)の投資と同じ効果をもたらします。高い金利の借金がある方はまずは、その返済を優先させましょう。

 

意外とみんな借金している?返済するべき優先順位

ここでは、多くのローンや借金、クレジット債務などの紹介と、返済するべき優先順位をまとめています。基本的には「金利が高いものから返済する」というのがセオリーとなります。

たとえば、住宅ローンと消費者金融を同時に利用している場合、返済の優先順位はより金利の高い消費者金融(カードローン)から行うべきです。

金利が高いローンは1日単位でみても利息負担は決して小さくないので、できるだけ早く返済計画を立てて実施していくべきです。

たとえば、年利15%の借金の場合1日あたりの利率は0.041%です。30万円の借金なら1日で123円もの利息が発生する計算となります。

優先度が高い(金利が高い)ローンをなるべく早く繰上返済するようにしましょう。

 

キャッシング・消費者金融・カードローンからの借り入れ

返済の優先度:★★★★★

無担保ローンの代表格です。一昔前と比較すると金利水準は下がったもののなお高金利借金の代名詞となっています。紹介する借金の中でも返済郵船順位が最も高いローンのひとつです。

もし、これらの借り入れがあるのであれば、最優先で返済しましょう。

 

クレジットカードの分割払いやリボ払い

返済の優先度:★★★★★

クレジットカードにおける分割払いやリボ払いの手数料(金利)はとても高額。10%を超えるのもざらです。もし投資にお金を回しておきながらカードで分割払い、リボ払いをしているようならすぐに、運用商品を売却して返済に当てましょう。下手するとキャッシングなどよりも金利が高いケースもあります。
リボ払いについてはこちらも参照「本当は怖いリボ払い」。

 

マイカーローン・教育ローン

返済の優先度:★★★

ローンの中では金利は低めですが、それでも数%以上の金利が発せ敷いているはずです。今の世の中ノーリスクでの運用を考えると随分よい案件かもしれません。繰上返済を検討しましょう。

 

有利子の奨学金の返済

返済の優先度:★★

奨学金というのも意外と大きな返済効果を生みます。たとえば、奨学金として有名な日本学生支援機構(育英会)の場合、金利は借りた時期などによっても異なりますが、最大で3%の利息がかかっています。意外と侮れない金利水準ですよ。
借金と考えていない方も多いので、忘れられがちな隠れ債務の一つです。最近では奨学金の返済が遅れると「ブラックリストへの登録」が行われるようになりました。奨学金も立派なローンです。返済を甘く見ないようにしましょう。

 

住宅ローンの返済

返済の優先度:★~★★

住宅ローンの場合は金額が金額だけに繰上返済の効果が得られやすいという特徴があります。ただし、他のローンよりは金利は低めになっているはずですので優先順位は低いかもしれません。

また、住宅ローン減税のような税制上の優遇もあります。住宅ローン減税期間中はローン残高の1%が税額控除されるため、期間中は逆に繰り上げ返済をしないほうが有利なケースもあります。

住宅ローンでマイナス金利。お金を借りてお金がもらえる?住宅ローンと住宅ローン減税
2019-08-25 08:29
日銀によるマイナス金利政策によって長期金利は大きく低下しています。 それによって住宅ローンの金利も大きく低下しています。さすがに、住宅ローン金利自体が“マイナス金利”の水準に
リンク

また、住宅ローンは金額も大きいので繰上返済ですぐに完済というのも難しいです。手元資金(万が一のための生活防衛資金)や将来の子供たちの学費など確保しておくべきお金もあるはずなので、そのあたりと相談して繰上返済するようにしましょう。

ただし、金利は低いとは言っても金額が大きく、返済期間も長いローンなので金利の絶対額という面では侮れません。可能であれば繰上返済を使って早期返済を目指しましょう。 (参考:住宅ローンと繰上返済

 

今すぐ返済できない場合に取れる2つの方法

今すぐにローンを繰り上げ返済をするのが難しいという場合、以下の二つの方法を取ることができます。

 

月々の返済額を少しでもいいから増やす

今すぐ一括で返済できないという場合でも、毎月の返済額をわずかでもいいから増やすようにしましょう。ローン会社、クレジット会社は増額返済などが可能です。

そんな余裕がないという方は、このブログでもいくつかの家計改善に関する記事がありますので、そうした記事も参考に、支出を減らしながら増額返済していきましょう。

 

低金利のローンに借り換えするという方法もある

特に金利が高めのキャッシングやクレジットカードの分割払いやリボ払いなどをしている場合、年率が15%以上になることも少なくありません。

こうした高金利のローンを利用しているのであれば、別の低金利のローンなどに“おまとめ”して利率を小さくすることで負担を小さくするという方法もあります。

30万円×15%の借金3本があるとして、それを90万円×8%の借金におまとめすることが出来れば、年間の利息負担は13.5万円→7.2万円にまで圧縮可能です。

おまとめローンのメリット、デメリット。借金の一本化は上手に行おう
2019-08-04 08:49
おまとめローンというのは複数で借りているお金を一つのローンに集約することです。カードローン、キャッシング、クレジットカードのリボ払い、質入れといったように複数のところでお金を借りて
リンク

 

借金は必ずしも悪いわけではない

ただし、借金であれば絶対にダメというわけではありません。

調達コスト(ローン金利)よりも高い利回りで運用できている、あるいは投資によるキャッシュフローが黒字化しているケースについては必ずしも借金返済が有利となるわけではないです。

良い借金と悪い借金、安心な借金と危険な借金の違い
2019-08-15 16:04
借金というと悪いものととらえてしまう方も多いかもしれません。だってイメージ悪いですもんね。ただ、借金をしているというのを一つの側面で見るとはあまり正しいとは言えないと私は考えていま
リンク

上記の記事でも紹介しているように、たとえば、不動産投資のように借金をしてアパートを建てて運用という場合は当然借金をしていますが、それによって「賃料収入>ローン返済+諸経費」という状況をキープできるならメリットがあるでしょう。

株の信用取引のようにコストはかかるけれどもレバレッジによって高いリターンを上げることができれば問題ないです。

以上、借金返済・繰上返済は超効率的でノーリスクな資産運用というお話でした。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます
よろしければ、Twitterやfacebook、はてなブックマークなどでシェア、ご意見いただけると嬉しいです。ご意見は記事改善にも活用していきます

今後とも、MoneyLifeHack(マネーライフハック)をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP