おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

なかなか貯金ができない家計へ贈る 3つの貯金ポイント

収入が少ないわけじゃないのになぜかお金が貯まらないという方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方にお勧めの3つの貯金のためにおさえておきたいポイントについてまとめていきます。基本は「天引き」「予算化」「家計簿」の3つです。

なかなか貯金ができないという人は、貯金のやり方がまずいケースが多いです。いいかえると、貯金は収入が多い少ないではなく、どうやって貯金ができるシステムを作っているか?ということなのです。

スポンサーリンク

貯金できないのは貯め方が間違っている

ある程度収入があるはずなのに、全く貯金ができていない。そう嘆く方は少なくないです。一方で収入はさほど高くない方でも毎年、収入のかなりの割合を貯金できている人がいます。

この違いは何なのでしょうか?

それは貯め方の違いです。貯金できない人と貯金できる人とでは貯金に対する考え方が違います。

貯金できている人
→毎月の貯金する金額を決めてから生活している

貯金できない人
→毎月の生活で余ったお金を貯金する

少し極端かもしれませんが、この違いだけです。貯金できないと嘆いているかたはここを改めるだけで大きく変わってくることは間違いありません。

 

ポイント1:最初から天引き・先取りで貯金する

一番効果的な方法はこの天引き貯金・先取り貯金をするという方法です。

先ほど書いたように貯金できている人は「あらかじめ貯金する金額を決めている」のです。なので、貯金できない人はこれを真似てしまいましょう。一番簡単なのは収入が入ってくる段階で天引き、あるいはそれに近い形で強制的に貯金をしてしまうという方法になります。

方法は色々あります。

 

1)勤務先の制度を利用する

勤務先で「財形貯蓄」や「自社株積立(従業員持ち株会)」のような方法があるのであればこうした方法を活用しましょう。給料からあらかじめ天引きされるので強制的に貯金されます。

なお、財形については預金となるのでリスクはありません。一方で持ち株会は自社の株式を購入することになるので運用リスク(株価変動のリスク)があります。詳しくは下記のリンク先でもっと詳しく紹介しています。

勤務先で財形貯蓄を始めるメリット、デメリットのまとめ
従業員持株会のメリット、デメリット

 

2)銀行や証券会社の積立関連のサービスを利用する

続いては銀行や証券会社で提供している積立関連のサービスを使う方法があります。代表的な物が「積立貯金(積立定期預金)」でしょう。金利はほぼ期待できないのが現状となっていますが、指定日時に自動引き落としとなるので、っ給料日に指定しておけば自動的に貯金ができます。積立貯金については「貯金のはじめは積立から「積立貯金の始め方」」でも詳しく説明しているのでこちらもご覧ください。

すこしならリスクが取れるという資金であれば、投資信託の積立投資などもおすすめです。

 

3)老後資金なら年金関連のサービスもおすすめ

貯金の目的が老後のためというのであれば年金関連のサービスもお勧めです。2017年1月からは個人型確定拠出年金(iDeCo)への加入条件が緩和されほぼすべての人が加入できるようになりました。
掛け金は全額所得控除となるので、節税効果もきわめて高い制度となります。詳しくは「個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリット・デメリット」をご参照ください。

 

ポイント2:日常の支出を予算化しておく

貯金を先取りしたあとは、その残ったお金で生活していく必要があります。
結局お金が足りずに貯金を崩したり、キャッシングやカードローンでお金を借りるというのは本末転倒です。

ポイントの2番目は日常の支出について予算化しておくということです。

「食費」「光熱費」「生活必需品の購入」「理美容費」「保険料」「住居費」「交通費」といった具合にあらかじめ予算組みをしておきます。

最初の方は雑でもいいので、大体このくらいと決めておいて予算を振り分けてしておきましょう。後から微調整してもよいです。なお、こうして予算化をするときに、同時に固定費の見直しをすることをお勧めします。

固定費というのは毎月決まって支出するお金のことです。

  • 家賃・駐車場代
  • 保険料(自動車保険・生命保険)
  • インターネット回線料金
  • 携帯電話料金

こういった費用です。固定費というのは毎月決まって支出されるので、一度見直しをすればその節約効果は長期継続します。食費を節約するといったように毎日頑張る節約術ではないため、まず最初に取り組むべきはこの固定費の削減です。詳しくは「家計見直しや節約に効果的なのは固定費の削減!」でも紹介しているのでご一読下さい。

特に、最近では携帯電話関連で格安スマホなどが台頭しており、旧来のドコモやau、ソフトバンクなどの携帯電話からの乗り換えが増えています。スマホ料金などが月に2000円節約できれば年間で24000円もの節約になるわけなので、一度は検討してもよいでしょう。

おすすめ格安スマホを徹底比較。自分に合った格安スマホを探そう

この予算化の中で一つのポイントとして、日常の生活費の予算化とは別に、「特別勘定」という枠を作っておくことをお勧めします。

生活費の予算組みで難しいのは、冠婚葬祭やお付き合い、年に数度の旅行、子供の学校の入学金といった具合に、月々の管理はできない費用です。こうした突発的な費用は、急にまとまった金額で必要になることも多いです。月々の生活費を管理しだすと、突発的な支出でどうしたらよいか分からなくなることがあります。

貯金の中で、こうした突発的な費用に備えたお金については特別勘定(名前は何でもよい)として別口で用意しておきましょう。こうしたお金はそうした時に活用するというように考えておくわけです。こうすれば急な支出にあわてることもなくなります。

 

ポイント3:家計簿をつける

家計簿をつけるというのは、支出を管理して次に生かしていく(問題点を把握する)上でとても大切です。多くの方が家計簿をつけることは大切という認識は持っているかと思います。

その一方で家計簿をつけるというのはかなり手間です。実際に家計簿についての意識調査では男性の5割、女性の7割が家計簿をつけたけど挫折した経験をお持ちということです。

そんな家計簿ですが、近年ではペーパータイプではなく、スマートフォンのアプリを使ったタイプが主流化しつつあります。しかも、クレジットカードや銀行口座との自動連携などによって、家計簿をつける手間もずいぶんと簡略されています。

無料でつかえるお勧めの家計簿アプリについては「家計管理に役立つおすすめ無料家計簿アプリの比較」でもっと詳しく紹介しているのでこちらもぜひご活用ください。

 

以上、なかなか貯金ができない家計へ贈る 3つの貯金ポイントでした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP