おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

クレジットカードで得しているはずが赤字拡大(無駄遣い拡大)の罠

クレジットカードはお得ですよね。カード払いにするだけでポイントが付いたり値引き特典が利用できたりするわけです。しかも1回払いにさえしておけば金利や手数料もゼロ。

これなら現金払いはやめてカード払いにするのが経済的に考えても「お得」になるわけです。でも、知らず知らずのうちに家計赤字拡大の罠(無駄遣いの増加)に陥っている可能性もあります。

スポンサーリンク

クレジットカード利用で無駄遣いが増える?

クレジットカードを使って決済をするとどうしても管理が甘くなってしまいます。手元の現金がなくなるわけではなく、また実際に引き落としがされる時期も先になってしまいまうからです。

人の心理と経済的な行動を研究する学問でも、クレジットカードのように“直接現金をやり取りしない取引の場合、取引に対する心理的な抵抗感が小さくなる”ということがわかっています。つまり、無駄遣いが増えやすいのです。

この心理的な抵抗感というものは厄介なもので、自分自身ではなかなか気づきにくいものです。たとえば買い物をするときに、モノを買う、買わないを判断するのに多くの場合、深く考えるのではなく「直感」で判断することが多いことでしょう。
そうしたときに「買い物に対する心理的抵抗感が低くなるカードが手元にあると「買う」という判断をしやすくなる」という状況になるからです。

 

今、いくら使っているかの管理が難しい

また、多くの人は「1ヶ月にいくらくらいの生活費で暮らす」と考えていることでしょう。
その多くは「預金残高」や「財布に入っているお金」をベースに判断することが多いのではないでしょうか?

クレジットカードのような「後払い」の決済をすると、実際の預金残高や財布の中のお金が減っていないため、買い物していないような気分になりやすいのです。

これはお金の管理上の問題もありますが、さきほどと同様に心理的な面で無駄遣いが増えると言われています。

人は買い物などをするとき、「その商品(買い物)に対していくらまでならお金を払うか?」ということを判断するときに「今ある(使える)お金の残高」がベースになることが多いと言われています。

たとえば、ちょっと欲しいなと思った1万円の靴を買うか、買わないかの判断をするときを考えます。
今月使えるお金が20万円あるときと5万円しかないときではきっと買う買わないの判断は変わってくるのではないかと思います。

このような考え方をメンタルアカウンティング(心の会計)と呼びます。

クレジットカードのような後払いの決済方法は、このような形で無駄遣いを引き起こしやすいのです。

 

クレジットカードで無駄遣いが増えた時の対策はどうする?

理由が分かったところで、じゃあ、無駄遣いを減らすにはどうしたらいいのか?という対策をかんがえるひつようがありますね。

 

1回払い以外は使わない

これは当たり前です。
分割払いやリボ払いは金利(手数料)が発生するだけでなく、負担を先送りして将来のあなたに負担を背負わせているだけです。

リボ払い、分割払いをしてはいけない2つの理由
2013-10-01 18:44
クレジットカードを利用するという方への最大の注意点の一つが「リボ払い」や「分割払い」の利用です。クレジットカードのリボや分割は今お金が無い時にお金を使える(モノを購入できる)という
リンク

超大型の買い物を除き、1回払いで買えないものはカード払いしないというのは基本中の基本といえるでしょう。

 

毎月利用明細を必ずチェックして振り返りをする

カード会社から送られてくる利用明細をチェックして振り返りをしましょう。
これは無駄遣いじゃなかったのか?本当に必要な買い物だったのかを確認して次に活かしましょう。

なお、利用明細のチェックは不正利用対策としても必要です。

クレジットカードの盗難保険を解説。紛失や盗難で不正利用の被害にあった時の補償の仕組み
2017-05-23 05:21
クレジットカードには「盗難保険」と呼ばれる保険がセットされています。これはクレジットカードの不正利用や盗難などによって被害(損害)が生じたときのための保険です。こうした保険がセット
リンク

 

家計簿をつける、家計簿アプリを利用する

対策の一つとしては家計簿が有効です。
お金の管理を「預金残高」や「財布の中身」ではなく、別のところで管理するようにすることで、無駄遣いを抑制することができます。家計簿をつけるのが面倒という方にオススメなのが「無料家計簿・資産管理ツールのマネーフォワード」でも紹介しているマネーフォワード。特にカード利用が多い人ほど、ほぼ自動的に家計簿が出来上がっていくので管理が簡単です。

こうして「今いくらお金を使っているか?」ということを見える化するのが無駄遣いを減らし、家計の赤字拡大を防ぐ一つの方法です。

最近だとスマホアプリを利用して利用額などを管理できるツールも登場しています。

2018年 家計管理に役立つおすすめ無料家計簿アプリの比較
2016-09-12 11:21
節約や家計管理において重要といわれている家計簿。多くの節約本や節約術でも家計簿をつけることがとても大切だと説かれていることが多いです。その一方で家計簿についての意識調査によると、男
リンク

 

家計を管理したいなら「現金」や「デビットカード」で

もう一つの対策として考えられるのは、クレジットカードを使うのをやめるということ。

クレジットカードという後払い決済の手段をなすくことで、心理的に生じる無駄遣いは減らすことができます。でもカードがないと不便という方には「デビットカード」という選択肢もあります。たとえば最近では「楽天JCBデビットカード」「JNBデビットカード」のようにクレジットカードブランドと提携したデビットカードが発行されており、クレジットカードが使えるお店なら普通にクレジットカードと同じように決済が出来ます。

もちろんデビットカードなので使用した分については即時銀行口座から引き落とされますので無駄遣いは増えにくいです。
デビットカードって何?という方は「デビットカードの選び方~便利でお得なデビットカードを活用しよう~」も参考にしてみてください。

浪費癖を治すのための現金主義・現金払いのススメ
2014-08-12 11:43
浪費癖があり中々治すことができないという方も多いようです。「浪費」の対義語は「節約」ですが、節約というのは「賢いお金の使い方」ともいわれています。つまり浪費癖というのは正しいお金の
リンク

 

まとめ。クレジットカードは便利でお得だけど自己管理も重要

いかがでしょうか?収入は多いのに意外とお金が貯まらない家計というのはどこかで無駄遣いしているものです。特に、クレジットカードを使うとなおさら分かりにくくなるようです。

クレジットカードは上手に使えばポイント還元などもあり便利です。
ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカード」などにもありますが、中には購入額の2%がポイントとして還元されるクレジットカードもあります。年間に100万円の買い物をするなら現金購入よりも2万円も得をすることができます。

一方、クレジットカードのポイントで2万円の得をするために、年間に5万円の無駄遣いをしていては全く意味がありません。クレジットカードを活用するなら、まずは無駄遣いしないための仕組みづくりを考えましょう。

 

以上、クレジットカードで得しているはずが赤字拡大(無駄遣い拡大)の罠というお話でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP