おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

日経新聞の記事や過去記事の検索ができる日経テレコン活用法

経済系の新聞といえば日経新聞(日本経済新聞)がとても代表的な新聞ですね。日経新聞は電子版もありますが、無料で読めるのはダイジェストだけです。全文を読むためには電子版として4200円/月を支払う必要があります。
また、宅配とセットの日経Wプランは5,509円となっています。

その一方で日経新聞の当日の記事や過去記事の検索などが利用できる「日経テレコン」というサービスがあります。こちらを利用すれば、日経新聞の朝刊、夕刊、地方版などの記事の他、過去の記事情報まで検索して記事本文を読むことができます。

今回はそんな日経テレコンのサービスとその活用方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

日経テレコンを活用する

その方法は、「日経テレコン」という日本経済新聞社が提供するデータベースサービスを使用するというものです。過去30年分の新聞・雑誌記事に加えて、国内120万社の企業情報、人事情報までを手に入れることができます。

ちなみに、日経テレコン(通常版)の月額利用料は8000円/月(税別)という価格設定になっています。日経新聞の電子版よりも高い価格設定になっていますが、日経各紙に加え各種雑誌情報まで過去の分も含めて閲覧でき、その他にも企業情報など様々な情報にアクセスできるので納得の価格設定かもしれません。

一方で、そんな価格を出すくらいなら素直に日経新聞のWプランや電子版を利用するよという方も多いかと思います。

そんな方にお勧めなのが簡易的な手段として日経テレコン(○○証券会社版)を利用するというものです。

 

証券会社の日経テレコンサービスを活用

一部のネット証券では、株取引のツールの一つとして日経テレコンの一部機能を提供しています。証券会社によってサービスの詳細は異なる部分もありますが、主に下記の機能を利用することができます。

 

1)きょうの新聞記事

当日、前日、前々日の日本経済新聞朝刊、日本経済新聞夕刊、日経産業新聞、日経MJ(柳津新聞)、日経地方経済目の記事見出しと記事本文が読めます。「一面」「総合」「政治」「経済」「国際」「視点焦点」「アジアBiz」「企業」「投資情報」「マーケット総合」「マーケット商品」「教室」「スポーツ」「社会」「文化」といったように順に並んで、見出しをクリックすると記事が読めるようになっています。

※テレビ欄や相場欄、小説、寄稿文章などは掲載されていません。
なお、証券会社版は本サービスの機能制限版となっています。といったようなサービス内容となっています。

 

2)記事検索

過去の記事を検索することができます。検索対象は日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ(流通新聞)、日経金融新聞、日経地方経済面、日経プラスワンです。キーワードで検索することができるため、企業名などで検索すればその会社が取り上げられた過去の記事を調べたりすることもできます。

 

日経テレコンを提供している証券会社

方法といっても、やることは証券会社に口座を開設するだけです。下記のネット証券では口座開設をすると無料で日経テレコンを利用できます。もちろんネット証券の口座開設や利用において手数料はかかりません。

 

楽天証券

日経テレコン(楽天証券版)を同社のトレードソフトである「Market Speed(PCソフト)」やスマートフォンアプリである「iSpeed」を利用すれば無料で利用することができます。スマートフォンでも日経テレコンを通じて日経新聞等の記事が読めるので外出先などでも上手に活用できます。

株取引はもちろん、仕事などで何かを調べたいときにも便利です。楽天証券の口座開設はもちろん無料です。

>>楽天証券公式ホームページはこちら

 

丸三証券

日経テレコン(丸三証券版)を利用することができます。丸三証券は口座開設から2か月は株取引手数料が無料というようなサービスで人気の証券会社となっています。口座開設や口座管理手数料などはかかりません。

丸三証券も日経テレコン(丸三証券版)を利用することができます。

>>丸三証券公式ホームページはこちら

 

投資をするうえで、あるいは仕事のために日経新聞を読んでいるという方は少なくないと思います。上手に活用してください。

以上、日経新聞の当日記事や過去記事の検索ができる日経テレコン活用法を紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP