おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

副業禁止の会社で副業するときに心がけたいバレない為の注意点

2017/01/04最終更新   仕事術 副業で収入アップ

本業以外のでも収入を得るための副業。でも始める前にちゃんと事前に法律や会社規則確認しておかないと後で痛い目に遭ってしまうことも。今回は副業を始める前に知っておきたい副業禁止の会社での副業の取り扱いについて考えていきたいと思います。
副業を認める会社も増えてはいますが、未だにNGという会社も多いです。

そんな会社で働きながら、こっそりと副業をしているという方が心がけておくべき注意点をいくつか紹介していきます。

スポンサーリンク

会社の副業規定は大丈夫?

最近では、会社における副業禁止の規定を撤廃する企業も増えているそうです。
しかしながら、依然として副業を禁止する会社も数多くあります。副業を禁止している会社で副業を行ってしまうと場合によっては懲戒処分となるようなリスクもあります。

なお、会社が副業禁止の場合でもその内容は千差万別、例外なしに不可としている会社もあれば、許可なしがNGで許可があればOKという会社、本業と関係がなければOKという会社もあるようです。

ちなみに、公務員の場合は法律によって一部の例外を除き副業は禁止されていますので、一般会社員と比較して副業開始ハードルは高いといえるでしょう。外でのアルバイトなどは確実に認められません。

 

副業NGの会社で副業をする時に心がけておきたいこと

会社では副業が禁止されているけど、どうしても副業をしたい、あるいはしているという方が心がけておきたい注意点をまとめます。

 

税金から副業がばれないように気を付ける

一つ目の副業がばれるリスクとして挙げられるのが「住民税」です。

普通会社では所得税・住民税を給料から天引きしています。このうち所得税は、現在の所得に対してかかっているのですが、住民税は性質上、昨年分を今年納付しているのです。これを「特別徴収」といいます。

この住民税の特別徴収される税額はその会社からのお給料だけでなく、他の所得も合算されて請求される場合があるのです。

たとえば、あなたと、Aさんという別の社員がいるとします。両名とも昨年の給料の金額同じだったにもかかわらず、あなたの住民税の方がAさんのものより高い場合、会社側はあなたに給料以外の所得があることを容易に推測できるのです。

これを予防するための方法はもちろんあります。副業収入を確定申告する際、「住民税を普通徴収しますか?特別徴収しますか?」という二つの選択肢があり、何も選択しない場合には「特別徴収」となって、働いている会社に請求がいくのです。

ただし、「副業収入で住民税を普通徴収にしても勤務先に特別徴収されるケース」でもまとめている通り、100%確実に勤務先に特別徴収されないというわけではありません。

事業所得としての副業であれば別ですが、ダブルワーク(給与所得)を副業する場合には、普通徴収を選択しても会社に特別徴収されるケースが多いようです。そのため、副業禁止の会社でダブルワーク的な副業(お給料をもらう副業)は控えた方がよさそうです。

 

人の口に戸は立てられぬ。同僚や友達にも注意

実は会社に内緒の副業が知られて今うきっかけとしては、他人に副業をしていることをポロリとしゃべってしまうというケースです。
お酒の席などで「俺○○やって稼いでるんだよねー」みたいな話を、ついしてしまって、それが噂になっちゃうみたいな感じです。
住民税からばれるケースはあくまでも、会社の経理や総務などが知るだけで、場合によっては秘密裏に処理してくれるケース(多めに見てもらえるケース)もあ るかもしれませんが、副業禁止が謳われている会社で、噂になってしまったような場合には、会社としても一罰百戒の意をこめて重い処分を行うかもしれませ ん。

特に副業が禁止されている職場で働いている方は軽々しく人に話すのはやめておくのが無難です。

 

万が一バレた時でも言い訳を用意しておく

万が一ばれた時でも何らかの言い訳を準備しておくとよいかもしれません。
副業が禁止とは言っても、仕方が無い事情であれば多めに見てもらえる可能性があります。たとえば、親戚がやっている会社でどうしてもといわれたので手伝ったとかはダブルワークで複数から給料をもらっているといった場合に有効です。

ただし、注意したいのは会社に届く「給与所得等に係る市民税・県民税 特別徴収額の決定通知書」には、主たる給与以外の合算所得区分としてどんな所得(営業(事業所得)・農業・不動産所得・利子所得・配当所得・給与所得・雑所得・譲渡・一時所得)かという所得区分の項目もあるので、所得区分がことなる部分でうそをついてもばれますのでご注意ください。

たとえば、副業収入を雑所得で申告をしたのに、不動産所得があるんです。といった嘘はばれます。ご注意ください。

 

懲戒処分になるような副業ならやめる

逆に注意したいのは懲戒処分になりそうな副業です。

「影響の小さな副業」がバレたからといって、いきなり強い懲戒処分が下される可能性は低いです。仮にそんなことをすると不当であると労働者側から訴えられる可能性もあるからです。

ただし、下記のようなケースは大きな問題となり、懲戒処分が下されるようなケースもあります。

 

・副業で深夜まで起きており、遅刻といったように悪影響がある
職務専念義務と労務提供義務を果たしていないとされ、副業が原因の場合は懲戒処分が下される可能性があります。特に副業禁止の会社ではかなり重い処分が下る可能性もあるでしょう。

 

・会社の備品やパソコン、インターネットなどを使っての副業
会社の備品やパソコンなどは会社の仕事のために利用することができます。会社の備品や設備を使って副業を行うことは厳しい処分を科されるリスクがあります。

 

・業務で知り得た情報等を使って同業者でバイト
かなり厳しい処分が下される可能性が高いです。場合によっては解雇という可能性もあります。また、これによって会社に損害を与えたというケースでは損害賠償の請求がなされるリスクも考えられます。絶対にやめましょう。

 

こうしたような形で副業をしているというのであれば、副業がばれた時に懲戒処分を受ける可能性が高くなります。今すぐ辞めるべきです。

以上、副業禁止の会社で副業をこっそりするときに心がけたいバレない為の注意点でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP