おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

自動車保険は継続ではなく毎年見直し・比較をして保険料を節約する

自動車保険(任意保険)の保険期間は基本的には1年単位であり、大体の方が年間契約を更新していることかと思います。ただ、この更新作業を、保険会社から通知がくるからそれにしたがってただ漠然と更新しているという方も多いのではないでしょうか?

面倒くさがらず、毎回見直しをすることで自動車保険料の大きな節約とちょっとしたお小遣いがゲットできるチャンスがあります。

もちろん、比較の結果、今の保険を継続するというのもアリです。

スポンサーリンク

自動車保険はスイッチングコストが安い保険

自動車保険は生命保険とは異なり、スイッチングコスト(切り替えコスト)がとても低い商品です。

基本的に自動車保険は1年間の掛け捨て型ですので、保険会社を切り替えたからといって損をすることはないのです。

逆に生命保険の場合は数年~数十年の加入が前提となっているような商品も多く、気軽に切り替えをするわけにはいかない事が多いかと思います。

そのため、自動車保険は毎年の保険料やサービスなどを比較したうえで、より条件がよい保険会社に乗り換えていくというのがベストな選択となります。

 

保険会社(損保)によって保険料算出の根拠や条件が違う

自動車保険の保険料というのは各社によってその基準が異なります。

そのため、同じ条件のドライバーや運転歴、事故歴であっても保険会社によって補償内容は同一にしても保険料が違うということが多々あります。

代表的なところでいえば、「年齢区分の評価」や「ドライバーの免許証の色(ゴールド)を評価」、「走行距離に対する評価」などをどのように評価してどの程度保険料を割引するのかは各社で異なっています。

 

人によって条件は違うのでどの自動車保険が安いとは一概に言えない

一般的に自動車保険もダイレクト型(通販型)と呼ばれる保険会社が保険料は安いです。

ただ、契約者一人一人によって自動車保険の保険料の算出根拠となる条件は違ってきます。

  • あまり走行距離がない人、めちゃくちゃ乗る人
  • 年齢制限を付けてもOKなひとNGなひと
  • 免許証の色
  • 事故歴の有無
  • 等級
  • 車両保険の有無
  • 弁護士費用特約など、特約の有無

一つ一つの項目ごとに自動車保険の保険料算出のやり方は変わってきますし、割引する金額(率)も違ってきます。

そのため、どの自動車保険が一番安いのかを計算するのは見積もりを取ってみないとわからないのです。

でも、何社にもホームページから車種、走行距離、年齢、補償内容などを入力して見積もりを取るのは大変な重労働です……。

そうした手間をなくすためには自動車保険の一括見積もり・比較サイトを使うのが便利なうえ、プレゼントや特典などがありお得です。

 

自動車保険の一括見積もりサイトを使うメリット

なんといっても、一括見積サイトを利用すれば、手入力をする回数が少なくて済むというのが大きいですね。

個人情報や車両に関する情報、つけたい保険内容(補償内容)などを損保会社一社ずつ検索していくのへきわめて面倒です。

一括見積サイトを使えば、一つのサイトで必要な情報を入力すれば、しっかりとした見積もりを出してくれます。

必要な情報としては以下の通りです。

  • 自分自身(契約者)の情報
  • 車両に関する情報(走行距離や車検証)
  • 現在の補償内容(保険証券

こちらがあればOKです。あとは、一括見積サイト上で入力して、見積もりを取りたい保険会社を複数選択して依頼すればOKです。

 

一括見積サイト経由なら特典もある

また、自動車保険の比較・見積もりサイトは、一括見積利用者に対しての特典を用意していることが多いです。

たとえば、自動車保険の一括見積もりサイトである「インズウェブ」では自動車保険の一括見積もりをするだけでもれなく全員に「魚沼産のお米3合」をプレゼントといったような特典もあります。上手に活用すれば得できますね。

それぞれの保険会社の保険料を一括で比較できるほか、インズウェブ経由の契約だとさらにプレゼントがもらえるキャンペーンをやっている保険会社もあったりします。

>>インズウェブの自動車保険一括見積もり

なお、インズウェブの一括見積は、見積もり結果の連絡はメールとなっているので、しつこい営業電話などがかかってくることはありません。

 

メールの配信(メルマガ)はしつこい?

一括見積をするデメリットの一つとして多くの方が認識しているのが、連絡はメールだけかもしれないけど、そのメール(メルマガ)がうざいんじゃないの?というものかと思います。

たしかに、見積もりを依頼すると依頼した会社からメールは届きます。何十社と見積もり依頼をするとその処理は大変になるかもしれません。

ただ、送られてくるメルマガには必ず「メルマガを解除する方法」が記載されています。そちらから手続き(ほとんどはワンクリック)をすればメールの配信は止まります。

いずれも大手の損保会社なので、この辺りは安心できるところです。

 

自動車保険の一括見積を上手に活用して保険料を節約しよう

自動車保険の一括見積をすることで、インズウェブのデータでは、平均3万円以上の保険料の節約につながっているそうです。

自動車保険のような保険料は「固定費」となっています。こうした固定費は毎月(年)のように支払いが生じることになります。一度節約してしまえば、あとは継続的にずっと節約効果がいきるのが固定費節約の良いところです。

家計見直しや節約に効果的なのは固定費の削減!
2017-07-13 14:04
家計における支出見直し、節約に効果的なものはやはり「固定費の削減」です。固定費というのは家賃や保険料のように、毎月固定的に支出される費用です。 この固定費は一度見直してしまえ
リンク

毎月の細かな節約をしていくよりも大きな固定費を下げることが家計改善の大きな力になります。

>>インズウェブの自動車保険一括見積もり

 

また、少し話はずれてしまいますが、保険料を見直すのではなく、自動車保険の保有自体を見直すというのも一つの手だと思います。

最近はカーシェアリングサービスなども普及しており、都市部では自動車を所有せず、必要なタイミングだけ借りるほうがコスト的に節約となることがあります。

自動車の維持費は年間にいくらかかる?車を手放せば固定費改善・節約効果は抜群
2018-10-16 12:26
家庭の固定費削減という話が出るときに真っ先にやり玉にあがるのが「自動車」ではないかと思います。一般家庭における耐久消費財としてはもっとも高価なものであり、またその維持費もかかります
リンク

 

以上、自動車保険は節約のためにも毎年見直し・比較をして得しようというお話でした。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます
よろしければ、Twitterやfacebook、はてなブックマークなどでシェア、ご意見いただけると嬉しいです。ご意見は記事改善にも活用していきます

今後とも、MoneyLifeHack(マネーライフハック)をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気のクレジットカード

お得で役立つクレジットカードを紹介していきます。


年会費無料&ポイント還元1%。楽天市場ならSPU特典で3%以上還元

 


ドコモ料金の10%還元、月1万円以上のドコモ利用があるなら“確実に”得をするゴールドカード

 


海外利用なら5.5%ポイント還元、羽田空港TIATラウンジ、海外旅行傷害保険も充実

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP