おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

WAON POINTの貯め方と使い方、活用方法のまとめ

waonpoint電子マネーのWAONは2016年6月よりsmart WAONと呼ばれるサービスを開始しています。これはいわゆるTポイントやPontaのような共通ポイントで、WAON POINTサービスと呼ばれるポイントサービスを開始しています。

従来から電子マネーのWAONを利用するとWAONポイントというポイントが貯まるのですが、これとは別にWAONカード(電子マネー)やWAON POINTカードを提示すればポイント加盟店でWAON POINTが貯まる仕組みになっています。

将来的には統合するそうですが、2016年6月現在ではWAONポイントとWAON POINTという2つのポイントサービスがあることになっています。ちなみに後者のWAON POINTが共通ポイントとなります。

スポンサーリンク

そもそも共通ポイントとは何か?

共通ポイントというのはざっくりと説明しましたが「複数の会社やお店で使えたりためたりできるポイント」です。TポイントやPontaなどが先行している共通ポイントですが、特定のお店やグループだけで貯まるポイントではなく、もっと幅広いお店で利用ができるポイントです。

2016年5月現在だと「Tポイント」「Pontaポイント」「楽天ポイント」「dポイント」などが存在します。ここに2016年6月以降は「WAONポイント」も加わる見込みです。ただし、上記ポイントはグループの垣根を越えての展開をしていますが、当面のWAON POINTはイオンならびにそのグループ内での展開が先のようです。

ちなみに、同じようにJR東日本も共通ポイントとして「JREポイント」を進めるとされており、共通ポイントはまさに戦国時代のようになっています。

 

WAONポイントとWAON POINTの違い

冒頭にも書きましたがWAONに関するポイントは「WAONポイント」と「WAON POINT」の2種類があります。それぞれは統合を予定しながらも現時点では「異なるポイントプログラム」です。
ややこしいですよね。ちなみに、イオン系のポイントは結構わかりにくいです。イオンカード(クレジットカード)の利用で貯まるポイントは「ときめきポイント」ですし……。早く統合して下さい。

 

WAONポイント

電子マネーのWAONを利用することで貯まるポイントとなっています。単一のWAONのほか、クレジットカードにもWAON付きのものが多くあります。「買い物も預金もお得。イオン銀行+イオンカードセレクトの最強の組み合わせ」でもお勧めしているイオンカードセレクトはイオン銀行キャッシュカード+イオンカード(クレジットカード)+WAONが付帯しています。

この電子マネーのWAONを利用した時に200円あたり1ポイント(標準)で貯まるのがWAONポイントです。あくまでも電子マネー決済時のみに貯まります。

なお、イオンカードセレクトには下記のWAONポイントカードの機能を付与することが可能です。ただし、無記名のWAON(電子マネーカード)のみを利用してきた人は別途会員登録が必要になります。

>>イオンカードセレクト公式ホームページはこちら

 

WAON POINT

Tポイントカードのように、WAONポイント機能だけが付帯したポイントカードです。電子マネーWAONやイオンカード(クレジットカード)などを持たなくても、WAON POINT加盟店で「提示」をすればポイントが貯まるようになっています。これはTポイントなどのカードと同様ですね。

 

WAONポイントとWAON POINTは併用して貯まる?

WAONポイントは電子マネーで支払いをしたときに貯まりますが、WAON POINTに使っているWAONを登録した場合はWAONポイントではなくWAON POINTが貯まるようになります。

WAON(電子マネー)で支払い
200円につき1WAON POINT+月間の利用金額500円につき1WAON POINT

WAN POINTカードを提示して現金払い
200円につき1WAON POINT

従来用のようにWAON(電子マネー)で支払った時のWAONポイントは付かない代わりに月間の利用金額に応じてWAON POINTが付与されるようになっています。

 

WAONポイントは貯まらないの?

そういうわけでもないみたいです。

買い物も預金もお得。イオン銀行+イオンカードセレクトの最強の組み合わせ」でも紹介しましたが、イオンカード+イオン銀行+WAONはイオン銀行もお得になります。

こちらはイオン銀行の利用でWAONポイントがいまだにもらえる仕様になっています。

イオン銀行ポイントクラブは「半年間のイオンカード利用額+WAON利用額」に応じてステージなし、ステージ1~3の4段階にわかれる会員プログラムです。

10万円以上:ステージ1
30万円以上:ステージ2
50万円以上:ステージ3

となり、ステージがあがるほど多くの特典を受けることができます。

 

1)チャージポイント付与率のアップ
イオンカードセレクトでのポイント付与率がステージ1(1.5倍)、ステージ2(2倍)、ステージ3(3倍)にアップします(毎月5の付く日のオートチャージ)。ステージ3なら1.5%還元です。

 

2)銀行サービスの利用でWAONポイント付与
・公共料金振り替え:5WAONポイント/件
・定期預金(100万円以上):25~100WAONポイント/月
・投資信託(100万円以上):25~100WAONポイント/月
・住宅ローン(残高あり):25~100WAONポイント/月
・無担保ローン利用(残高10万円以上):25~100WAONポイント/月
・年金の振り込み:25~100WAONポイント/月

 

マイナス金利政策で金利が大きく落ちている現状で、定期預金の毎月100WAONポイント付与というのは利回り的にもかなり好条件です。このようにWAONポイントが貯まる機会もまだあるようです。

 

WAON POINTの活用方法

貯めたWAON POINTは1ポイント1円分のWAONとWAONステーションやイオン銀行ATM、WAONネットステーション(WEBサイト)などで交換できます。このほか、WAONはSuicaとも提携しており、WAONポイントとSuicaポイントをそれぞれ手数料なしで等価交換することができます(双方向交換可能)。

さらに、共通ポイントらしく、WAON POINTの加盟店であれば、WAONに交換しなくても1POINT=1円としてお買い物に使うこともできます。

 

今後はさらに使い道は拡大するはずです。とりあえずはその時までポイントはためておくという方法も有効な考え方だと思います。

いずれにしても、WAON POINTをためるには「イオンカードセレクト」がおすすめです。まだ持っていないという方でWAON POINTを貯めたい(貯めている)という方はすぐにカードを作っておきましょう。

>>イオンカードセレクト公式ホームページはこちら

 

以上、WAON POINTの貯め方と使い方、活用方法のまとめでした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP