おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

イオンの株主優待 イオンオーナーズカードの特典を100%活用する方法

aeon-ownerイオンをよく利用するという方ならぜひとも活用したいのがイオンの株主優待でもらうことができる「イオンオーナーズカード」です。100株の株主からもらうことができるカードで株数に応じて3%~7%のお買いもの優待を受けることができます。

単純な値引きカードであるだけでなく、イオンカードセレクトとの併用やお客様感謝デーと組み合わせることもできます。上手に活用すれば10%超の還元率を達成することも可能です。今回はそんなイオンの株主優待でもらえる「イオンオーナーズカード」の特典活用法やその注意点などをまとめていきます。

スポンサーリンク

イオンオーナーズカードをもらう方法

イオン(8267)の株主に年2回発行されます。2月末と8月末の時点の株主に対して発行されます。その時点で株主ならたとえ1日しか株を持っていなくてもOKです。
100株以上:3%off
500株以上:4%off
1000株以上:5%off
3000株以上:7%off

こちらの金額はキャッシュバックになり、最終的な支払金額に対してキャッシュバックが後ほど行われる形になります。半年で100万円まで利用可能です。

仮に100株のオーナーが半年で100万円利用した場合は3万円が後日支払われる形になります(その場での割引ではありません)。

 

イオンオーナーズカードはお得か?

仮に100株のオーナーでイオンで毎月5万円の買い物をするとしましょう。
通年だと60万円、100株なので3%である18,000円がキャッシュバックされる計算となります。

一方でイオンの株式は016年8月18日終値が1400.5円なので140,050円で購入できます。優待利回りは12.8%となりますね。さらにイオンは配当金も出しているのでその分も含めるとイオンユーザーにとってはかなりお得になることは間違いないです。

 

500株、1000株、3000株とたくさん買ったほうがお得?

優待利回りを考えるのであれば最も効率的なのは100株です。仮に割引率が増えたとしても、イオン株を購入に必要な投資資金の絶対額の伸びの方が大きいため、利回りだけを考えると100株がお得です。

一方で利回りではなく、お得ができる「絶対額(金額)」を重視するのであれば、たくさん株数を持ったほうがお得です。ただし、3000株を買うには420万円ほどの資金が必要になりますので、ある程度お金を持っている方が前提になりますね。

 

イオンの株主の他特典「イオンラウンジの無料サービス」

ちなみにイオンオーナーズカードを所有していれば、イオンのショッピングモールなどにある「イオンラウンジ」も無料で利用できます。ソフトドリンクやお菓子などを無料で提供しています。ラウンジといってもそこまで高級感のあるものではないですが、お買い物につかれたときなどの休憩にはおすすめです。

ちなみにイオンラウンジについては「年会費無料&特典満載のイオンゴールドカードの入手条件を満たす方法」でも紹介したイオンゴールドカードを持っている方も無料で利用できます。

さらに、3年以上長期のイオン株主ならプラスアルファでギフトカードももらえます。

 

イオンオーナーズカードと併用できる各種割引のまとめ

イオンオーナーズカードはそれだけでも割引が利用できるお得なカードですが、実は他の割引やポイントとの併用が可能な案件がいくつかあります。それらを上手に活用すれば、10%以上の還元を受けることも夢ではありません。

 

イオンカードセレクトでWAON POINTを貯める(+1.2%)

イオンカードセレクトは「買い物も預金もお得。イオン銀行+イオンカードセレクトの最強の組み合わせ」でも紹介しているイオン銀行のキャッシュカードとイオンカード(クレジットカード)、WAON(電子マネー)が一体になったカードです。

イオンカードセレクトでWAONにクレジットチャージをすれば0.5%(イオンカードポイント)+0.5%(WAONのお買いものポイント)の両方をもらうことができます。

株主優待カード(イオンオーナーズカード)との併用が可能なので+1.0%の還元率となります。

さらに、2016年6月からsmart WAON(WAON POINTサービス)もスタートしています。WAON(電子マネー)での月間のお買い物金額500円に対して1WAON POINTが追加で貯まるようになっています。これも加味すると+0.2%分プラスということになりますね。

※イオンカードセレクトからのオートチャージは5日、15日、25日のチャージだと、利用状況に応じて1.5倍~3倍(0.75%~1.5%)にアップします。ただし、下記のお客様感謝デーとの併用が難しいです……。

 

お客様感謝デーで5%オフ(+5%)

イオンはお客様感謝デーとして毎月20日、30日は5%オフのキャンペーンを実施しています。お客様感謝デーにおいても、オーナーズカード(株主優待)のキャッシュバックは利用できます。
ちなみに、お客様感謝デーでもWAON(電子マネー)による支払いが可能で、こちらもポイントが付きます。

 

仮に10万円のお買い物をするものとしてまとめましょう。

お客様感謝デー(5%オフ)
95,000円の支払い(WAON払い)

WAON利用によるポイント還元
95000×1.2%=1140円分のWAON POINT

オーナーズカードによるキャッシュバック
95000×3~7%=2850円~6650円

 

10万円相当の商品を上記条件を満たして購入することで、5000円の元気値引きと1140円分のポイント、2850~6650円のキャッシュバック(後日)を受け取ることができるわけです。還元率としては8.99%~12.79%の割引となります。

 

イオンの株主優待券を手に入れるまでの流れ

イオンの株主優待券を手に入れるための流れは下記のとおりです。詳しい株主優待銘柄の買い方については下記記事もご参照ください。

株主優待で得をする。株主優待のもらい方、受け取るための手続き、流れのまとめ
2012-09-10 14:06
株主優待というのは、上場企業が株主に対して自社サービスの利用券や割引券、自社商品、そのほか商品等をプレゼントする企画です。日本では2016年現在3割を超える上場企業が導入しています
リンク

 

1)証券会社に口座を開設する

株式の購入(売買)は証券会社を通じて行います。とりあえずのおすすめはネット証券の「SBI証券」や「楽天証券」などが代表的です。詳しく証券会社を選びたい方は下記の記事なども参考にしてみてください。

株主優待の為の証券会社の選び方とお勧めのネット証券
2016-06-09 15:53
株主優待制度を設ける上場企業(証券取引所で取引できる会社)の数は年々増加しています。2015年8月時点での調査によると上場企業3663社のうち、株主優待を実施している会社は1227
リンク

 

2)期限までにイオンの株を購入する

イオンの権利確定日は2月末、8月末となっています。そのため、それぞれの3営業日前(権利付き最終日)までに同社の株式を購入しておく必要があります。

それ以降(権利付き最終日の翌日)であればイオンの株を売却しても優待券(オーナーズカード)は送られてきます。

 

以上、イオンの株主優待でもらえるイオンオーナーズカードの紹介と上手な活用方法を紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP