おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

買い物も預金もお得。イオン銀行+イオンカードセレクトの最強の組み合わせ

aoeonイオンを利用する機会が多いという方にぜひ知っておいていただきたいのがイオン銀行とイオンカードセレクト(キャッシュカード一体型クレジットカード)の組み合わせが非常に特典が多いということです。預金から普段のお買いものまで大きく得をすることができるこの組み合わせを上手に活用してください。

スポンサーリンク

イオンカードセレクトとは?

イオンカードセレクトはクレジット機能付きのイオン銀行のキャッシュカードです。通常のイオンカードとしてのクレジット機能の他に、イオン銀行のキャッシュカードとしての機能、イオングループの電子マネー(WAON)の機能もセットされています。

普通にイオンのクレジットカードとしての、「イオン利用での割引やポイントが貯まる」といった特典やメリットがありますが、イオンカードセレクトとしてイオン銀行と組み合わせるとお得さが一気にあがります。

(1) イオン銀行の預金金利が大幅アップ
(2) 電子マネーWAONをイオン銀行経由チャージで0.5%お得
(3) イオン銀行ポイントクラブでWAONポイントがもらえる

という3つの特典があります。

 

イオン銀行の預金金利が大幅アップ

イオンカードセレクトでイオン銀行の口座を開設すると、普通預金金利がなんと6倍(0.02%⇒0.12%)にアップします(2016年5月現在)。

また、不定期ではありますが、イオンカードセレクト保有者限定で定期預金の金利がアップするようなキャンペーンも開催しているので、低金利が続いており運用が難しくなっている現状で有利な預金金利を提供してくれます。

とりあえず、預けておくという普通預金の金利水準ではネットバンクを含めた中でも最高の金利を提供してくれています。

2016年1月に決まった日銀によるマイナス金利導入で2016年3月にはほとんどの銀行、ネット銀行で預金金利が大きく下がっています。そうした中でも0.12%の普通預金を維持しているイオンカードセレクト特典は非常に大きなメリットがあると思います。
ちなみに、同時期の三菱東京UFJ銀行普通預金金利は0.001%。3年定期でも0.025%です。

 

電子マネーWAONチャージで2倍のポイントがもらえる

イオンの電子マネーWAONは電子マネーを使う時にポイントがもらえる仕組みになっています(通常は200円につき1円分のWAONポイント)。これだけだとポイント還元率は0.5%です。
ただし、WAONにイオンカードセレクトを通じてチャージをすれば、イオンカードのポイント(ときめきポイント)も0.5%分もらえます。となると合計で1%のポイント還元率と倍になります。

イオンカードセレクトの引き落とし口座はイオン銀行とする必要があります。

普通にチャージしても1ポイントももらえないわけですから、それだけでも大きな特典と言えるでしょう。

 

イオン銀行ポイントクラブでWAONポイントがもらえる

イオン銀行ポイントクラブはイオン銀行における会員プログラムでイオンカード・WAONなどの利用実績に応じてWAONポイントが貯まるサービスです。

半年間のイオンカード利用額+WAON利用額でステージ1~ステージ3までのランクがあります。このランクに応じてWAONポイントの付与率がアップしたり、イオン銀行の手数料割引、サービス利用でのポイントプレゼントが拡大します。

 

1)銀行サービスでポイントがたまる

aeonbank001

公共料金の振り替え、定期預金、投資信託、住宅ローンなどの利用に応じて上記のようにWAONポイントがたまります。ステージが上位になるほどもらえるポイントの額も大きくなります。仮にステージ3の場合、定期預金100万円で毎月100WAONポイントがもらえるわけです。年間で1200円分のWAONポイントが貰えるわけで金利換算すると0.12%分が通常の定期預金金利に加えてもらえることにんなるわけでかなりお得です。

その他、電気代やガス代の引き落とし(自動振り替え)でもポイントが貯まります。詳しくは「電気代などの引き落とし・口座振替でポイントや特典がある銀行の比較」でもまとめています。

 

2)各種手数料も割引

ステージがあがると他行振込手数料、他行ATM利用料が無料になります。
ステージ1:1回まで
ステージ2:3回まで
ステージ3:5回まで

さらに、他行から振り込みを受けると1回あたり50WAONポイントが貰えるという特典もあります。ポイント受け取りもステージ別の上限回数までです。

 

3)WAONへのチャージもポイント最大3倍に

aeonbank002

ステージがあがると、イオンカードセレクトを利用したWAONへのチャージによるポイント付与が大きくなります。毎月5の付く日(5日、15日、25日)の限定ですが、最大3倍だとチャージによる還元率は1.5%にもなります。

 

総合的にメリットの大きい、イオン銀行+イオンカードセレクト

このように、イオン銀行はネットバンクなどと比較しても高い預金金利を提供するなどメリットが大きいです。

ただ、デメリットとして、イオン銀行のATMの少なさがあります。
最近のネットバンクの多くはセブン銀行ATMやローソンATMなどのコンビニATMに手数料無料対応するというのがスタンダードです。

ところが、イオン銀行ではイオン銀行ATMが設置されているミニストップを除いてコンビニATMの手数料が有料です。

お近くにイオンやマックスバリュなどがあり、それらを普段の生活で利用しているというのであればあまり不便はないでしょうが、生活圏にイオン銀行ATMが無いという方にとっては若干魅力は薄いかなと思います。

イオンセレクトカードやイオン銀行の最新の金利情報などについては「イオン銀行の評判や特徴」が詳しいので、サービス面が気になる方はぜひ参考にしてください。

>>イオンカードセレクト公式ホームページはこちら

以上、買い物も預金もお得。イオン銀行+イオンカードセレクトの最強の組み合わせというお話でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP