おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

Quoカード(クオカード)のお得な購入方法や利用方法、換金方法のまとめ

quocardノベルティ、謝礼、プレゼントなどでも使われることが多いQuoカード(クオカード)。コンビニやファミレス、書店などで幅広く利用できるうえ、有効期限もないため、使いやすいギフトカード(共通プリペイドカード)です。

今回はそんなクオカードを上手に利用する方法や、お得に購入する方法、あるいは換金する方法などをわかりやすく一つの記事にまとめたいと思います。

スポンサーリンク

いろいろな場面でもらえるクオカードを活用しよう

クオカードはいろいろな場面でもらうことも多いかと思います。

その一方で、いちいちカードを財布の中に入れておくのもかさばるし、邪魔と考える方もいらっしゃるかもしれません。

今回はそんなクオカードについて買い物で活用する、お得に購入する、換金するという3つの利用方法、活用方法をまとめます。

 

クオカードを買い物で使い切るのにお勧めの場所

せっかくのギフトカードなのですから買い物でさっさと使い切ってしまうのがお勧めです。
クオカードを使いやすいお店としては大手コンビニやファミリーレストラン、書店、ガソリンスタンドなどが代表的です。

クオカードは一枚自体は少額のギフトであることが多いため、もらったらすぐに使ってしまうというのが一番手っ取り早い方法だと思います。

 

クオカードをお得に購入する方法

コンビニや一部の店舗で販売しているクオカードの内、5000円券、10000円券についてはそれぞれ5070円、10180円というようにちょっとだけおまけがついています。こちらを購入するのが良いですね。

 

nanaco+クレジットチャージで購入すれば購入時にポイントも付く

クオカードを購入するならセブンイレブンが最もお得です。
セブンイレブンではクオカードをnanacoで購入できます。nanacoで購入してもポイントはつかないのですが、「公共料金や税金などの支払いはセブンイレブンのnanaco(電子マネー)がオススメ」でも紹介している楽天カード(JCB)などを利用してnanacoにクレジットチャージをすればその分はポイントとしてゲットすることがでいます。

楽天カードのポイント還元率を仮に1%とするとnanacoを経由してクオカードを買うことで1%分のポイントがさらにもらえます。仮に1万円のクオカードを購入するとすると1万円の支払いで楽天ポイント1%(100円分)と額面のおまけの1.8%(180円分)の合わせて2.8%分だけお得に購入することができます。

クレジットチャージでポイントが貯まるカードの中でもお勧めなのが前述の楽天カード(JCB)です。
楽てカードについては「楽天カードのメリット、デメリット、活用方法のまとめ」の記事もご覧ください。

 

金券ショップで購入する

後述するクオカードの換金先としては金券ショップ、チケットショップが中心ですが、ここで購入するというのも一つの手です。料金的には2%ほど安く売っているケースが多いようです。

常に在庫が有るというわけではないですが、

 

クオカードを換金したいときのおすすめの方法

クオカードでわざわざ買い物するよりもせっかくなら現金化(換金)したいという方も少なくないかもしれません。前述の通りクオカードは使えるお店も多いため、金券ショップに持ち込めば、最低でも額面の95%くらいでは買取をしてくれるはずです。

金券ショップ以外にもヤフオクなどのオークションサイトでも売却できないわけではありませんが、手数料や送料などを考えるとあまり効率的とは言えないと思います。金券ショップ持ち込みがベストです。

ギフトカードの中でも換金率は高いほうです。なお、以下のようなケースではクオカードの買取を拒否される場合があります。

 

少額でも使用している場合

いくら残っているかの残高を確認することができないからです。少しでもつかっているなら自分自身で使い切るようにしましょう。未使用品しか売れません。

 

企業の広告系のクオカード(デザインクオカード)

買取拒否とまではならないことが多いですが、企業の宣伝用のクオカードなどは買取時の価格が下がってしまうケースがあるようです。その一方でレアものとされるクオカードは高値で取引される場合もあるようです。
ただ、レアものの場合は金券ショップではその価値を判断できない場合もあります。そうした希少性(コレクター的価値)のあるクオカードの場合は金券ショップよりもネットオークションなどを利用したほうが良いかもしれません。

 

コンビニ販売のクオカードの場合(裏面の番号が00Aで始まる)

コンビニで販売されているQuoカードは、レジを通さなければアクティベーションされません。外見だけをみればQuoカードなのですが、その段階では入金処理がされていないカードの可能性があるわけです。

実際に使えるQuoカードかどうか買取店(金券ショップ)側では判断できないため、こうした店頭販売タイプのクオカードは一律で買取を拒否するというお店が多いです。

ちなみにコンビニ販売されているクオカードは頭文字が「00A」なので「00クオカード」「00Aクオカード」などと呼ばれています。

お得に購入できるコンビニのクオカードですが、このように換金(売却)できないという問題がある点は理解しておく必要があります。

 

以上、Quoカード(クオカード)のお得な購入方法や利用方法、換金方法を紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP