おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

還元率では最高峰の1.2%。リクルートカードのメリット、デメリット

recruitリクルートカードは、あのリクルートが発行するクレジットカードです。最大の特長はその高いポイント還元率にあります。一般のクレジットカードの還元率は0.5%程度なのに対してリクルートカードプラスの還元率は1.2%とその4倍もの高水準のポイント還元を行っています。ポイントは共通ポイントのPontaと使い勝手も悪くありません。

しかも年会費は無料とポイントを貯めている人には大変うれしいクレジットカードになっています。今回はそんなリクルートカードのメリットはもちろん、デメリットも紹介していきます。

スポンサーリンク

リクルートカードとは?

リクルートグループの「リクルートライフスタイル」が発行するクレジットカードです。
年会費無料で、カード利用額に対してで1.2%という高い還元率のポイントが付与されます。過去には年会費はかかりますが、リクルートカードプラスと言う還元率2.0%のカードもありましたが、こちらは募集が停止されております。

さらに、リクルートカードというだけあって、リクルートグループのサービス利用については特典が多く、「ホットペッパー」「じゃらん」「ボンパレモール」などリクルートが運営するサービスにおいて通常のポイントにプラスしてポイントが貯まる仕組みも用意されています。

 

Ponta(ポンタ)として利用できる使い勝手の良さ

リクルートカードができた当初は「リクルートのサービス内だけで利用できるリクルートポイント」というお世辞にも使い勝手が良いとは言えないポイントだったのですが、現在は共通ポイントのPontaポイントとしてポイントが貯まるようになっています。

PontaはTポイントと同様に様々な企業で使える「共通ポイント」と呼ばれるポイントです。ドコモのポイントであるdポイントとの相互交換が可能な他、JALのマイレージと交換することもできます。
店舗だと「ローソン」で1ポイント1円として使えるほか、Pontaを使ってお試しの商品を割安な価格で購入することもでき大変魅力的です他にも「昭和シェル」のガソリンスタンドでも利用することができます。

共通ポイントについて詳しく知りたい方は「共通ポイント(Tポイント、Ponta、Rポイント)の比較と活用方法」も御覧ください。

 

リクルートカードのデメリットは無いの?

デメリットとしてはPontaポイントをどこまで利用できるかというところに限ると思います。
共通ポイントではありますが、先行者であるTポイントと比べると使えるお店が少ないので、せっかく貯めたポイントの使い道がないといった状況になると悲しいです。

dポイントと相互交換が可能なので、ドコモを利用している方等にとっては電話代充当などができて使い勝手が多少広がります。ただ、dポイント自体も使えるお店がまだ限定されているので、ポイントの使い道自体に少し難があるように感じます。

Pontaを十分に活用できるという方にとってはリクルートカードはかなりお勧めのクレジットカードだと言えるでしょう。以上、還元率では最高峰の1.2%。リクルートカードのメリット、デメリットの紹介でした。

 

>>リクルートカード公式ホームページはこちら

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP