おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

dポイントの貯め方と使い方、活用方法などのまとめ。

d_pointドコモの共通ポイントであるdポイントは2015年12月にスタートした新しい共通ポイントです。共通ポイントとしては先駆けて、Tポイント、Pontaポイント、楽天ポイントなどのポイントがありますが、モバイル業界の巨人であるNTTドコモがドコモのポイントであった「ドコモポイント」をグレードアップして参入しました。

ドコモユーザーにとって特典の多いdポイントの上手な貯め方や使い方、活用方法や注意点などを分かり易くまとめていきます。なお、共通ポイントについてざっと理解したいのなら「共通ポイント(Tポイント、Ponta、楽天ポイント、dポイント)の比較と活用方法」の記事でまとめています。

スポンサーリンク

ゼロからわかるdポイント

まずは、dポイントの基本的な特徴を抑えていきましょう。

dポイントは2015年12月にドコモの携帯電話ユーザー向けのポイントプログラムだった「ドコモポイント」をリニューアルしたポイントプログラムです。

それまではドコモだけのポイントだったのですが、このときに共通ポイント(複数のお店やサービスでポイントを貯めたり、使ったりできるポイント)に制度を変更しています。

なので、ドコモの携帯電話やスマートフォンを使っていない人でも貯めたり使ったりすることができるようになっています。

年会費・入会金 無料
カード・端末 カードタイプ(ドコモショップ等で入手可能)
スマートフォンアプリ
クレジットカード一体型(dカード)
ポイント付与率 100円(税別)につき1ポイント
貯まるポイント dポイント
ポイント交換 共通ポイントである「Pontaポイント」と相互交換が可能です。
また、エアマイレージであるJALマイル(マイレージ)とも交換可能です。
利用可能な店舗 ・ドコモでの各種料金の支払い
ドコモオンラインショップでの端末購入
・ローソン
・高島屋
・オリックスレンタカー
・エネオス
・マクドナルド
・伊達の牛タン本舗
・イオンシネマ
・オンラインショップ(dケータイ払いプラス加盟店)

 

dポイントを貯めるにはどうすればいいの?

dポイントは主に下記の方法で貯めることができます。

 

dポイントカードの提示

上記でも紹介したdポイントカードに加盟しているお店でdポイントカードの提示をすることでポイントが貯まります。仕組みとしてはTポイントなどと同様です。ポイントカードはカードタイプ(ドコモショップの他、ローソン、マクドナルドなどで無料で手に入れることができます)のほか、スマートフォンのアプリもあります。

ドコモの携帯電話を利用している人は多くの方が自動的にdポイントクラブに加入していますが、そうでない方はdポイントの公式サイトから登録する必要があります。

 

dカード(クレジットカード)の利用

dポイントカードと一体型のクレジットカード(旧:DCMX)があります。こちらはクレジットカードの利用で100円あたり1ポイント(1%)のdポイントが貯まります。dポイント加盟店でdカードで決済をすればポイントを2重に貯めることができます。

 

○ドコモ利用者ならdカードゴールドが圧倒的にお得

ドコモの携帯電話等を利用しているという前提ですが、dカードGold(年会費1万円)の方が普通のdカード(年会費無料)よりもお得です。

詳しいメリットについては「dカードゴールド(旧:DCMX gold)はドコモのヘビーユーザーはメリットいっぱいのカード」でも紹介していますが、

・年に1回でもiDを使えば3000円分のポイントプレゼント(夫婦なら6000P)
・ドコモの利用料金の10%がポイント還元

などがあります。仮に家族で月に1万円の携帯電話料金を払っていれば6000ポイント+1000ポイント×12ヶ月=18000ポイントものdポイントを貯めることができるわけです。これは非常にお得です!

>>dカードGoldの公式ホームページはこちら

 

ドコモの携帯電話の利用

ドコモの携帯電話を利用している方は携帯電話料金の約1%相当のdポイントが貯まります。前述の通り、dカードgoldというゴールドカードに入会すれば自動的にdポイントクラブのゴールド会員となり、ドコモ料金のポイント付与率が10倍の10%になります。

 

ドコモのオンラインサービス「dマーケット」を使う

ドコモのオンラインサービスである「dマーケット」でお買い物やサービスを利用すればポイントが貯まります。

こうしたオンラインサービスはドコモ利用者じゃないと使えないと思っている方も多いかもしれませんが、実はドコモ利用者以外でも使えるサービスは多いです。たとえば「雑誌の定額購読サービス(月額制読み放題サービス)の比較とメリット、デメリット」でも紹介したdマガジン(雑誌読み放題)、「出前・デリバリーサービスを徹底比較。一番お得な出前を頼めるポータルサイトはどこ?」で紹介したdデリバリーなどはドコモユーザー以外でも使えます。

一方で、「歩くだけでポイントがもらえるドコモの「歩いておトク」を実際に試してみた。」のようにドコモユーザーでないと使えないサービスもあります。

 

dケータイ払いプラスでポイント二重取り

dケータイ払いプラスはdポイントのアカウントがある人が利用できる決済サービスです。
加盟店(ネットショップ)で選択することができ、携帯電話料金との合算、dポイント払い、クレジットカード払いなどが可能です。

大きな特徴は、dケータイ払いプラスだと100円あたり1ポイントがもらえます。土曜日なら5倍(5ポイント)です。また、さらにこの支払い分をクレジットカード払いにすればクレジットカードのポイントも二重に貯まります。

なお、携帯電話料金と合算して支払うこともできます。この場合でも携帯料金の支払いをクレジットカード払いしておけば二重にポイントを貯めることができますね。詳しくは「dケータイ払いプラスの活用術」もご参照ください。

なお、携帯電話払いとするときは「ドコモの携帯電話料金をdカードで支払ってはいけない理由」でも紹介しているようにdカード(クレジットカード)での携帯電話料金はポイント付与の対象外になるので、dカード以外のポイント還元率が高いクレジットカーで携帯料金を払うようにすることが重要です。

ポイント還元率の高いクレジットカードについては「ポイント還元率が高いお得なクレジットカードのまとめ」も参考にしてみてください。

 

dポイントのキャンペーンを活用する

dポイントは共通ポイントの中でも比較的キャンペーンを多数展開しています。
たとえば、「dポイントがポイント交換レートを25%UPキャンペーン実施中」といったポイント交換に関するものもあれば、ローソンなどのdポイント提携店でのポイント獲得率アップさせるようなキャンペーンも展開しています。

 

ゲームやアンケートに参加してdポイントを貯める

dポイントではサイト上で携帯電話(スマートフォン)で参加可能なポイントが貰えるゲームなどを実施しています。毎日利用すれば数ポイント単位にはなりますが、こつこつdポイントを貯めることができます。

他にもdポイントクラブアンケートというアンケートに回答できるサービスがあります。貯まるポイントはそれぞれ数ポイントですが、暇な時間などを活用すればコツコツとdポイントを貯めることができます。

 

dポイントを100%活用する活用方法やポイント交換

上記のような方法で貯めたdポイントをさらに活用するための方法や攻略方法を紹介していきたいと思います。

 

1)ローソンのロッピーで「お試し引換券」と交換する

これはdポイントとPontaポイントで活用できるテクニック。ローソンのロッピーでお試し引換券とdポイントを交換できます。このお試し引換券は通常よりも安い価格(少ないポイント)で商品と交換できるようになっています。

たとえば、300円の商品を100ポイント(dポイント)と交換できるといったような内容になっています。交換できる商品は限られていますが、お菓子からお酒まで交換可能な商品の幅は広いので上手に活用してください。

お試し引換券については「ローソンでPontaポイント・dポイントを使えば格安で商品が買える。お試し引換券活用術。」で詳しい操作方法や利用法を紹介しています。

 

2)JALマイルやPontaポイントと交換する

dポイントはJALマイルやPontaポイントとの交換に対応しています。

交換レート
Pontaポイント 1dポイント⇔1Pontaポイント
JALマイル 2dポイント→1JALマイル

特にPontaポイントとは完全な相互ポイント交換が可能になっています。dポイントではポイントの使い道がないというケースでもPontaに交換すればPonta加盟店で利用できます。

特にPontaはリクルート系のサービス(じゃらんnetやホットペッパーグルメ(ビューティー)などに強いのでこうしたサービスを使っている人は比較的貯めやすいdポイントで貯めて、実際に使うのはPontaポイントとして使うとういう方法もアリです(もちろん、その逆もできます)。

 

3)dカードプリペイドのチャージして使う

dポイントはポイント払いで利用した時にポイントにポイントは付きません。
ところが、2016年11月から利用できるようになったdカードプリペイド(MasterCard)を利用すれば話は別です。

dカードプリペイドにはdポイントを使ってチャージできる仕組みがあります。dカードプリペイドのぽ委員と還元率は0.5%なので、dポイントはそのまま使うよりも、一旦dカードプリペイドにチャージをしてから、iD(電子マネー)などとして利用すれば0.5%分だけですが得をできます。

dカードプリペイドについては「dカードプリペイドのメリット、デメリットとその活用術」で詳しく紹介しています。

 

以上、dポイントの貯め方と使い方、活用方法などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP