おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

雑誌の定額購読サービス(月額制読み放題サービス)の比較とメリット、デメリット

d-magazine雑誌を安く読むという方法については「定期購読」という方法があります。ただ、近年ではもっとお得にもっと手軽に雑誌を読むことができる、タブレットやスマートフォンを利用した定額購読サービスというものも増えています。タブレット端末などを使って電子書籍として雑誌を購読できるサービスで月額制で読み放題となっています。価格も月額数百円台と雑誌一冊を書店で購入するのとほぼ変わらない水準です。

今回はそんな雑誌の定額購読サービスの比較と利用のメリット、デメリットを紹介していきます。

スポンサーリンク

雑誌の定額購読(定額読み放題)サービスとは?

月額制の定額制サービスについては音楽の「Apple Music」や、動画サービスの「Hulu」や「Netflix」のように様々なサービスが登場していますが、雑誌業界においてもこの定額サービスが始まりつつあります。

雑誌一冊程度の料金で数十~100を超える雑誌が電子雑誌(電子書籍)として読み放題になるサービスとしては2014年6月にスタートしたNTTドコモの「dマガジン」を筆頭に同様の様々なサービスがスタートしています。雑誌専門チャンネルだででなく、雑誌+漫画が読めるサービスなど定額制の雑誌読み放題サービスも様々です。

 

雑誌の定期購読と比較したときのメリット、デメリット

まずは、実際に紙の雑誌を購入するケースとのメリット、デメリットを紹介します。

 

メリット
・料金的には圧倒的に強い。1冊分で何十もの雑誌が読める
・一台のタブレットでたくさんの雑誌を読むことができる
・クリッピングや検索など電子データならではのサービスが使える

 

デメリット
・すべて電子化されているわけではなく一部が制限されている
・wifiでないと、雑誌の購読(ダウンロード)でデータ量が圧迫される
・タブレット端末以外だと読みづらい。スマホじゃきびしい。

 

特に定額購読は「内容制限版」だということに注意が必要です。この記事が読みたいとおもってダウンロードしてもその記事が読めないというケースがある(多い)のは残念です。ファッション誌や女性誌などでもJ社のアイドルなどは丁寧に切り抜きされていて見れないような場合もあります。

特定の雑誌を隅から隅まで読みたいという場合にはやはり定期購読などを利用してお得に購入する方がお勧めです。
(参考:雑誌を購入するなら定期購読が超お得!割引や特典で上手に節約しよう

その一方で空き時間などにパラパラっと暇つぶしに雑誌を読んでみたいというような方には月数百円という安価な価格で沢山の雑誌を読めるというのは魅力的です。

 

代表的な雑誌の定額購読サービスの特徴と比較

代表的な定額購読サービスの特徴を紹介します。雑誌数が極端に少ないところは除外すると、dマガジン、ブック放題、タブホあたりが現時点で比較対象になるのではないでしょうか。
いずれもお試し期間などが用意されているので、試してみて使い勝手などを試し見ましょう。

雑誌読み放題 月額料金 雑誌数 無料期間 備考
楽天マガジン 410円(年払いだと324円) 約200雑誌 31日間 100円につき1ポイントがたまる。
ダイヤモンド、プラチナ、ゴールド会員は2倍
dマガジン 432円 約160雑誌 31日間 新規契約で100ポイント(dポイント)のプレゼント
Kindle unlimited 980円 30日間 雑誌というよりはコミックや書籍が中心。雑誌は過去のバックナンバーが一部読める程度

正直言って、楽天マガジン、dマガジンはサービス内容はほぼ同様です。読める雑誌も多少の差はありますが、ほとんど同じといえそうです。個人的には価格が安い楽天マガジンがおすすめです。

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)は雑誌も読めますが、主要紙のカバー率は低く、どちらかといえばコミックや書籍も読み放題にすることができるという点が強いです。

それぞれのサービスはいずれも1か月程度の無料期間があるので、全部申し込みをして自分に合っているものを選ぶという方法もありますし、無料期間を活用して順番に使っていけば3か月は無料でサービスを使うことができるということになりますね。

 

楽天マガジンのメリット、デメリット

月額:410円(年払いだと324円)
雑誌数:200誌以上

楽天市場との相性が良い雑誌の読み放題サービスが楽天マガジンです。雑誌の読み放題として主要紙を幅広くカバーしているので定額の雑誌読み放題サービスとしてはおすすめできます。

価格が年払い300円(1か月あたり)とdマガジンよりも安いのも魅力的です。楽天市場のゴールド会員以上なら2%分の楽天ポイントがたまります。

>>楽天マガジン公式ホームページはこちら

 

dマガジンのメリット、デメリット

月額:432円
読める雑誌:160誌

NTTドコモが運営する雑誌の定額購読サービスの最大手。NTTドコモですが、ソフトバンクやauやその他格安simの端末でも利用することができます。雑誌のダウンロードもできるので、wifi環境等でダウンロードさえしておけば、オフラインでも雑誌を読むことが可能というのは魅力的ですね。

初回は31日間無料のお試し期間があります。雑誌の定額購読がどういうものかを知るという意味で、個人的にはdマガジンを一度試してみて、合う合わないを考えてみるのがおすすめです。

>>dマガジン公式ホームページ

 

kindle Unlimited

月額:980円
読める雑誌:約17万冊(雑誌は5000誌以上)

Amazonが提供する定額サービスです。雑誌だけでなく、小説やコミック・漫画なども読み放題となっています。雑誌としては5000誌以上、数万冊の小説や漫画が読み放題となっています。Amazonの電子書籍端末kindleが無くてもスマホやタブレットでも利用できます。

端末には10冊までダウンロードして読むことができます。読んだ雑誌や小説を削除すれば追加でダウンロード可能です。少しお値段は高めですが、内容制限版ではないのと、雑誌以外にも小説、コミックス、専門書なども対象書籍であれば読み放題というのは強みがあります。

>>kindle Unlimited(Amazon)

 

前述しましたが、雑誌をしっかり読みたいという方にはあまりお勧めしません。

というのも、週刊誌などの雑誌はそれぞれ「特集」といわれるメインコンテンツが用意されています。ところが、定額購読サービスだとこうした特集部分が思いっきりカットされていることが多く、記事の表紙を見て読んでみたいなーと思っても、それが読めないことが多くあります。

あくまでも雑誌社としては定額購読サービスは「広告」のようなものであり、一部のチラ見せのようになっています。そのため、定額購読サービスは基本的に暇つぶしの為のコンテンツくらいの感覚で利用することをお勧めします。

実際どの程度の内容なのかについてはdマガジン、タブホともに無料利用期間を用意しているので確認してみてください。なお、途中で辞めたくなった方は退会の手続きを忘れないようにしてくださいね。

 

以上、雑誌の定額購読サービス(月額制読み放題サービス)の比較とメリット、デメリットでした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP