おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2017年6月から郵便料金の値上げ!定形外・ゆうメールに規格サイズが採用

2017/09/08最終更新   節約術 郵便料金・配送料金の節約

ハガキといえば52円という郵便料金が2017年6月から62円へと大幅に値上げされました。また、定形外郵便、ゆうメールについては規格内、規格外という二つの料金体系ができることになり、規格外については値上げとなります。

今回はそんな2017年6月からの郵便料金の値上げについての情報と、値上げに対して代替となる配送方法について検証、比較していきます。

スポンサーリンク

郵便料金が2017年6月より値上げ

2017年6月1日以降に投函される郵便物の料金が値上げとなります。値上げとなるのは下記の3種類です。

・ハガキ(第2種郵便)料金
・定形外郵便
・ゆうメール

封筒を使った郵便である定形郵便(25gまで82円)については料金据え置きのようです。さて、それではそれぞれの価格を見ていきたいと思います。

最近は郵便を使う人も減ってきたとは思いますが、ネットオークションやフリマアプリなどでモノを送るときに郵便や定形外郵便などを活用してきたという人も少なくないかと思います。そういう方にとってはこうした値上げは打撃となりますね……。

 

ハガキの値上げと年賀状の据え置き

通常ハガキの料金が52円から62円に10円値上げとなります。ただし、一定の条件を満たした年賀はがきについては料金据え置きとなります。

第2種郵便料金(ハガキ) 現行料金 2017年6月以降
通常はがき 52円 62円
往復はがき 104円 124円
年賀はがき 52円 52円

 

年賀はがきが52円で据え置かれる条件

普通のハガキは値上げされるのに年賀状だけは値上げしないということです。まぁ、ただでさえ需要が減少している年賀状をここで2割近く値上げしたら致命傷になりかねないという判断もあるのでしょう。通常は赤字事業であるハガキも配送が重なる年賀状に関しては黒字ということも影響しているのでしょう。

ただ、52円の価格で送ることができるのは、12月15日から翌年1月7日の間に差し出された通常はがきで表面に「年賀」の文字が明瞭に朱記して差し出された場合に限る。とされています。

そのため、たとえ年賀状であっても差出が遅れて1月8日以降に出すという場合には、年賀状に10円切手を貼って出す必要があります。ちなみに、マナー的には1月7日の松の内を過ぎた1月8日以降は寒中見舞いとなります。

 

定形外郵便の値上げ

定形外郵便はいわゆる定形郵便に該当しないサイズの郵便物です。現状の定形郵便・定形外郵便の定義は下記のようになっています。

上記の「定形郵便物」の範囲であればこれまでと変わりありませんが、「定形外郵便」に該当する場合は値上げ(規格内なら一部値下げ)となります。

ただ、規格内といえるサイズであれば、もともと存在する「クリックポスト」というサービスを使ったほうがもともと安いので、今回の定形外郵便、ゆうメールについては完全な値上げですね・・

 

定形外郵便・ゆうメールにおける「規格内」「規格外」

定形外郵便の規格内サイズは「長辺 34cm 以内、短辺 25cm 以内、厚さ 3cm以内 及び重量 1 kg以内」となっています。これを超えるサイズは「規格外」として、全体的な値上げとなります。

 

規格内の定形外郵便・ゆうメールの代替はクリックポストがおすすめ

ちなみに「長辺 34cm 以内、短辺 25cm 以内、厚さ 3cm以内 及び重量 1 kg以内」という定形外郵便やゆうメールの規格内サイズは郵便局が提供している「クリックポスト」という配送サービスの規定サイズと同様です。

こちら全国一律で164円という料金で送ることができるサービスになっているため、多くのケースで定形外郵便やゆうメールにおいて規格内サイズで送るくらいならクリックポストで送ったほうがお得という事になります。

郵便局のメール便 クリックポストの使い方と追跡、到着までの日数などを検証
2017-09-08 07:41
郵便料金の値上げや宅配便料金の値上げが相次ぐ中で、ネット通販やヤフオクやメルカリなどの個人間取引が増えており、送料・配送料の問題は決して小さくありません。 郵便局で利用できる
リンク

 

定形外郵便の新料金(値上げ)

定形外郵便 現行料金 2017年6月以降
規格内 規格外
50gまで 120円 120円 200円
100gまで 140円 140円 220円
150gまで 205円 205円 290円
250gまで 250円 250円 340円
500gまで 400円 380円 500円
1㎏まで 600円 570円 700円
2㎏まで 870円 取り扱い不可 1020円
4㎏まで 1180円 1330円

 

ゆうメールもほぼ同様の値上げ

ゆうメールは主に冊子とした印刷物や電磁記録媒体を割安で送付できる荷物の配送サービスです。カタログの配布などに使われていましたが、定形外郵便と同様に「長辺 34cm 以内、短辺 25cm 以内、厚さ 3cm以内 及び重量 1 kg以内」の規格ができることになりました。

3cmの幅制限を超える分厚い冊子などの場合は新料金(規格外)が適用されて値上げとなります。

ゆうメール 現行料金 2017年6月以降
規格内 規格外
150gまで 180円 180円 265円
250gまで 215円 215円 305円
500gまで 300円 300円 400円
1㎏まで 350円 350円 450円
2㎏まで 460円 取り扱い不可 560円
3㎏まで 610円 710円

 

厚さが3cmを超える場合の配送手段。定形外の代替。

少し形の変わったものを宅配便よりも安い価格で送るには定形外郵便が便利だっただけに、残念ですね。

3cmを超える配送としては定形外郵便が使えないとなるとその代替にできそうなサービスとしては、レターパックプラスがありますね。

こちらA4サイズに収まって封筒に収まるサイズ。3cmという制限はありません。ただし、封筒に収まらないといけないので、極端なサイズは無理です。

これ以上になると、普通に宅配便系のサービスしか残ってこないです。そうなってくると最低500円くらい~が相場になってくるので軽いけどかさばる物を送るという方にとっては痛手になりそうですね。

個人で利用可能な宅配サービス・郵便サービスについては「個人が利用できる配送方法や郵便サービスを徹底比較。料金や補償、信書の扱い」もご参照ください。

 

(追記)宅配便大手も値上げへ……

宅配便大手のクロネコヤマトは2017年10月から、佐川急便は2017年11月21日から、郵便局のゆうパックは2018年3月から個人向け宅配料金の値上げを表明しています。大型荷物の宅配に関しては少し厳しくなってきましたね。

クロネコヤマトの基本運賃が2017年10月1日より値上げ。個人向けの割引制度活用法
2017-05-24 06:01
宅配便大手のクロネコヤマト(ヤマト運輸)の運賃値上げはいつから行われるかと気になっていましたが、基本運賃の値上げを2017年10月1日より実施すると発表しました。運賃は従来よりもお
リンク
ゆうパックも2018年3月より値上げ。代わりにWEB割引や受け取りポイントが新設
2017-09-08 10:56
個人宅配便でいえば最大手のヤマト運輸(クロネコヤマト)と郵便局(ゆうパック)がありますが、クロネコヤマトは2017年10月からの値上げを発表していましたが、郵便局(ゆうパック)も2
リンク

 

以上、郵便料金の値上げという残念なニュースについてまとめました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP