おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

今すぐ株を買いたい。最短即日で口座開設できるネット証券比較

IPO(新規公開株)や株主優待銘柄などのように申し込みや購入に期限がある株式を買いたいいった理由で、今すぐ証券会社に口座開設をしたいという話を耳にすることがあります。通常、証券会社への口座開設は郵便等の手続きも考えると2週間くらいはかかります。

そんな証券会社への口座開設について、一部のネット証券では本人確認書類をWEBアップロードすることで最短即日で口座開設が可能なスピード口座開設のサービスを提供しているところがあります。こうした証券会社を利用すれば、すぐに株を売買したり、IPOへの申し込みも可能になります。

今回はそんな最短即日で口座開設が可能なネット証券の比較と申し込みの流れなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

スピード口座開設に対応している証券会社

以下はスピード口座開設に対応している証券会社です。いずれも本人確認書類やマイナンバーなどの必要書類をWEBアップロードすることで、本人確認作業を最短にすることで郵送等でかかる時間を抑えています。

なお、マイナンバーについては「証券会社へのマイナンバー登録・通知の義務化」でも紹介している通り2016年1月以降の新規口座開設で必須となっています。

注意点としては「口座開設≠取引可能」ということです。即日口座開設が可能な証券会社の場合でも実際に取引(売買)ができるようになるのは翌日くらいからです。

各社ともに口座開設の手続き後に郵送で取引開始に関する書類(パスワード等の確認書類)を本人限定受取郵便などの形で送ってきます。こちらが届いてログインできるようになって初めて取引ができるようになります。
参考:本人限定受取郵便が受け取れないときの対応方法。家族受取、窓口受取、土日受取などの方法

なお、ログイン後にすぐに株を買いたいという場合には、買い付け代金を入金する必要があります。即日入金できる銀行口座を持っていないと、入金までに時間がかかることになります。こちらも合わせて考えておく必要があります。

以下のスピード口座開設が可能な証券会社に即時入金(手数料無料)が可能な銀行も合わせて併記していますのでご利用の銀行も合わせて考えられるとよいでしょう。

 

SBI証券 express口座開設

口座開設:最短即日
取引開始:最短翌日(必要書類の受取後)

SBI証券では2013年5月からEXPRESS口座開設というインターネット上だけで口座開設が可能なサービスを開始しています。マイナンバーおよび本人確認書類をWEBアップロードすることで最短翌営業日で取引可能になります。

IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券」で紹介したようにIPO申し込みにも強みがあるネット証券なのでIPO目的でスピード口座開設をしたいという人に特にお勧めです。

 

即時入金が可能な銀行

対応している銀行が多いのも魅力です。住信SBIネット銀行についてはSBIハイブリッド預金という銀行口座と証券口座を連携させるサービス(自動スイープ)も利用できます。

三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 りそな銀行
ゆうちょ銀行 楽天銀行 ジャパンネット銀行 住信SBIネット銀行
ソニー銀行 セブン銀行 じぶん銀行 イオン銀行
×
×
×

>>SBI証券公式ホームページはこちら

 

カブドットコム証券 インターネットでらくらく電子口座開設

口座開設:最短即日
取引開始:最短翌日

署名捺印不要で、申し込みは10分で完了します。本人確認書類の提出はパソコンやカメラ付きのスマートフォン(携帯電話)から可能です。口座開設は最短即日です。口座開設の通知が到着次第取引することができます。

 

即時入金が可能な銀行

MUFGということもあり、三菱東京UFJ銀行に限っては投資資金の自動振替に対応しています。ネット銀行は同グループのじぶん銀行のみの対応となっています。

三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 りそな銀行
×
×
×
ゆうちょ銀行 楽天銀行 ジャパンネット銀行 住信SBIネット銀行
×
×
×
ソニー銀行 セブン銀行 じぶん銀行 イオン銀行
×
×
×

>>カブドットコム証券公式ホームページはこちら

 

楽天証券 クイック口座開設

口座開設:最短翌日
取引開始:最短2日後

口座開設手続きをオンラインで行った後で、本人確認書類のアップロード手続きをしてください。最短翌日に口座が開設されます。

 

即時入金が可能な銀行

SBI証券同様に対応している銀行は多いですね。楽天銀行については預金口座との連携が可能です。連携すると楽天銀行の普通預金口座が「マネーブリッジ」となり普通預金の金利も高くなるという特典が付いています。

三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 りそな銀行
ゆうちょ銀行 楽天銀行 ジャパンネット銀行 住信SBIネット銀行
ソニー銀行 セブン銀行 じぶん銀行 イオン銀行
×
×

>>楽天証券公式ホームページはこちら

 

マネックス証券 かんたん口座開設(ペーパレス口座開設)

口座開設:
取引開始:最短2日後

オンライン上で口座開設手続きが完結します。なお、本人確認書類は「運転免許証」」のみとなります。それ以外の本人確認書類で口座開設をするときは郵送口座開設となります。

 

即時入金が可能な銀行

三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 りそな銀行
×
ゆうちょ銀行 楽天銀行 ジャパンネット銀行 住信SBIネット銀行
×
ソニー銀行 セブン銀行 じぶん銀行 イオン銀行
×
×
×

>>マネックス証券公式ホームページはこちら

 

記事中にも書いていますが、口座開設はできても、ログインIDやパスワードなどが記載された郵便物を受け取らないと実際の取引はできません。

郵便物の受け取りが本当にその住所に住んでいるかどうかの確認になるわけですね。郵便は都内からの発送になるはずなので、地方の場合はプラス1日程度は最低でも見ておいたほうが良いかと思います。

以上、スピード口座開設が可能なネット証券を紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP