おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

高額商品を買うときほど、オプション品やグレードアップに慎重になろう

2015/06/15最終更新   お買い物のライフハック 節約術

plusone注文住宅、自動車、テレビ、冷蔵庫、エアコン、高額な耐久消費財・高額商品を買うときほど、サイズアップやグレードアップに注意しましょう。普段100円の節約をするよりもよっぽど節約効果が働きますし、逆を言えば無駄遣いが発生する場面にもなるわけです。

スポンサーリンク

高額商品ほど、金銭感覚が鈍感になる

注文住宅や自動車といったような高額な商品を購入する時ほど、人はお金に対する感覚が鈍くなります。
たとえば、特に購入する金額が大きくなれば大きくなるほど、その傾向は強くなります。

たとえば、大根1本を買う時に10円、20円の金額差を気にして、自転車で10分、20分かけてでも安いお店に買いに行く。そんな節約家な方でも、注文住宅を買うときは、オプション品を付ける時、数万円単位の物でもさしたる検討もせずに「気分」で決めてしまいます。

これは何も特別なことではありません。

人は、買い物をするとき「基準となる金額からの割合」で考えることが多いのです。たとえば、100円のもので10円の値段差は10%です。一方で3000万円の買い物の中の10万円はわずか0.33%に過ぎません。

そのため、どうしても前者の方が大きく感じ、後者の方が絶対額では大きいのに気になりにくいのです。

でも、よくよく考えると100円は100円だし、10万円は10万円です。100円の節約を1000回しないと10万円の節約にはつながらないということを考える必要があります。

 

高額商品を購入する時は、1回考えるようにしよう

正直言って、すべての取引でこうしたお金の使い方を点検するのは難しいです。
先ほどの注文住宅のケースで数万円単位のオプションをイチイチすべて精査するのは時間的に難しいでしょう。

売り手的にはマーケティングの手段としてこのようなサイズアップ、プラスワン、グレードアップなどは販売戦略に組み込まれています。

そうしたことを理解した上で、高額商品を購入することに決めた後のオプション品の選択などは少し立ち止まって考える時間を作ってみるのも良いかもしれません。

 

 

 

正直

 

 

もっとも、こうした判断を人が直感的に下すのは経験則的にそうする方がスムーズに取引が進むからには理由があります。

 

経験則的にそのように決断しないと話が進まないことを知っているために、直観的な判断をして

 

 

 

 
自動車を購入する時のカーナビのグレード、オプション品などは最たるものです。

オプション品1点1点が何万円もするものでも、さしたる検討もせずに感覚だけで選んでいきます。
こちらのカーナビは○○の機能が付きます。価格も2万円しか変わりませんのでアップグレードしませんか?

こんなトークで、○○の機能に本当に2万円の価値があるのかも検討せず、「あったら便利かも」とか「なんか良さそう」といったような理由でプラスワンしていくことはザラです。

普段は100円単位の値段の差を考えて、そんな節約家の方でもこのような形で、

 

 

2Kテレビを4Kテレビにたったの5万円でグレードアップ

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP