楽天スーパーポイントと楽天キャッシュの違い。お買い物での使い分けや使い方。

オンラインショッピングモールの楽天市場でお買い物に使うことができるポイントには大きく二つポイントがあります。それが「楽天スーパーポイント(楽天ポイント)」と「楽天キャッシュ」です。

前者の楽天ポイントは、お買い物で貯まるポイント、後者の楽天キャッシュは楽天グループのみで使える電子マネーという特徴がありますが、いずれもほとんど同じように扱われています。そんな楽天ポイントと楽天キャッシュ、どのように使い分けるべきか、あるいはお買い物をするときにどちらを先に消費するべきかといったことをまとめていきます。

スポンサーリンク

楽天キャッシュと楽天ポイントは楽天内での買い物は基本同じ

この二つは別々のポイントのように見えますが、楽天市場のお買い物に使うという意味では、下の図のように共通して利用することができるようになっています。

たとえば、楽天スーパーポイントが2000ポイント、楽天キャッシュが3000ポイントある場合、合計5000円のお買い物まで一度の買い物で使えます。

 

楽天ポイントと楽天キャッシュの違いを比較

つづいて、楽天スーパーポイント(楽天ポイント)と楽天キャッシュの違いについてみていきましょう。

楽天ポイント 楽天キャッシュ
入手方法 ・楽天市場でのお買い物で付与
・楽天カードの利用で付与
・楽天ポイントカードの利用で付与
・楽天市場のキャンペーン
・購入
・楽天アフィリエイト
有効期限 最終利用から1年間
ただし、期間限定ポイントは延長の対象外。
獲得から10年間
利用制限 1回のお買い物で3万ポイントまで
1カ月で10万ポイントまで
1回のお買い物で10万円まで
換金 不可 楽天銀行へ換金可能(1万円以上なら手数料無料)他行は210円/回
ポイント移行 楽天証券(投信買い付け)
楽天Edy
ANAマイル
不可
ポイント譲渡 不可 楽天ペイユーザー同士であれば楽天キャッシュを手数料室生で送ることができます。1円単位ですが、1回10万円(月100万円)までの上限があります。

表にしてみると上のような感じになります。

楽天キャッシュは入手する機会がかなり限られていることがわかりますね。自分自身でわざわざ楽天キャッシュを購入するか、楽天アフィリエイトの報酬として受け取るというくらいしかありません。

楽天キャッシュは楽天カード(クレジットカード)で購入すれば手数料無料で購入できますが、あえて、購入するメリットがないです。昔は楽天市場でもクレジットカード不可のお店があり、そういうお店で買い物をするときには楽天キャッシュを利用するメリットがありましたが、今は楽天市場にカード不可のお店はないはずなので、あえて楽天キャッシュを使う必要はないはずです。

人に贈ることができるという点もありますが、皆が皆、楽天を使っているというわけではないでしょう。それなら、ギフト券や図書カードなどのようなもので贈った方が喜ばれるのではないかなと思います。

楽天キャッシュの基本型とプレミアム型の違い

楽天キャッシュには面倒なのですが「基本型」と「プレミアム型」の二種類があります。

楽天キャッシュの【基本型】は本人確認せずにチャージ、利用、送付・受取が可能です。
一方の【プレミアム型】は【基本型】の機能に加えて、楽天キャッシュ残高を自身の銀行口座に出金可能です。

ただし、楽天キャッシュのプレミアム型の残高を保有するためには事前に本人確認のお手続きが必要になります。2021年8月現在、楽天キャッシュのプレミアム型にするには「ラクマ」の会員登録が必要です。なお、本人確認終了後であっても「楽天銀行からのチャージ」「楽天カードからのチャージ」については基本型となります。

楽天キャッシュは現金化が難しかったが改善

楽天キャッシュはプレミアム型なら楽天銀行などに対して送金が可能なので現金化が可能です。
以前は楽天銀行限定でしかも10%も手数料がかかったので現実的ではありませんでしたが、今は手数料が改善されています。

  • 楽天銀行宛て(1万円未満):100円
  • 楽天銀行宛て(1万円以上):無料
  • 他行当て:210円/回

 

楽天ポイントと楽天キャッシュはどちらを先に消化すべき?

楽天ポイントと楽天キャッシュの両方を持っている人は、楽天市場などでのお買い物でポイントを使って買う時、楽天スーパーポイントと楽天キャッシュのどちらから先に消化すべきでしょうか?

楽天ポイントは使い道が豊富

まず、利用の汎用性を考えた時、楽天ポイント(スーパーポイント)の方が使い道が広いです。

  • 楽天ポイント加盟店で使うことができる
  • ANAマイルや楽天Edyと交換できる
  • 楽天証券を通じて投資信託の購入が可能

楽天スーパーポイントは、楽天ポイントとしてアプリやポイントカードを使ってリアル店舗でも使うことができます。また、マイルなどの他のポイントへ移行することができるというのも大きなメリットといえそうです。

また、2017年8月からは楽天証券を経由させることになりますが、投資信託の購入も可能になります(要、楽天証券の口座)

楽天証券公式ホームページ

さらに、以下の記事でも詳しく紹介しますが、ポイントで買った投資信託をすぐに売ってしまえば楽天ポイントの現金化もほぼ100%に近いレートでできてしまいます。

楽天ポイントの現金化・換金がお得に!ポイントで投信買付、即売りでほぼ100%換金可能
2017-08-18 16:42
楽天市場の利用でたまる楽天ポイント(楽天スーパーポイント)、こちらは基本的には楽天市場でのお買い物や楽天ポイント(共通ポイントカード)の加盟店で利用するのが基本で、貯めた楽天ポイン
リンク

楽天キャッシュは楽天ポイントよりは範囲が狭いけど、現金化が強み

一方の楽天キャッシュは楽天市場の中と楽天ペイを利用した決済が中心です。そう考えると汎用性の低い楽天キャッシュから先に使うのが正解といそうです。
ただし、プレミアム型の楽天キャッシュを保有しており、現金化を考えている場合は1万円以上にできれば楽天銀行経由で手数料無料で100%現金化できるので現金化を目指すなら楽天キャッシュを温存するべきということになりそうですね。

ちなみに、楽天市場でお買い物をするときに、楽天スーパーポイントと楽天キャッシュの両方を保有している状態でお買い物でポイントを使う場合、デフォルトではキャッシュが優先して使われるようになっています。

期間限定楽天ポイントがあるときは注意して

お買い物での消化であれば原則的に楽天キャッシュを優先消費でよいと思いますが、その例外としては、保有する楽天ポイントに期間限定ポイントがあるというケースはポイント優先にした方がいいかもしれません。

楽天の期間限定ポイントについては「楽天市場の期間限定ポイントの注意点と賢い使い道」でも紹介している通り、使用期限が短いポイントです。楽天ポイント加盟店では利用できますが、ANAマイルや楽天Edyとの交換はできなくなっています。

そうしたポイントがあり、特に、期限が近いようなケースでは楽天ポイントを先に使うという選択肢の方が有効になりそうです。

 

以上、楽天スーパーポイントと楽天キャッシュの違い、使い分けのコツを紹介しました。

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP