おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

楽天証券でポイント投資が可能に!楽天ポイントを使い投資信託が買える。買物やクレカで貯めたポイント活用

大手ネット証券の楽天証券では2017年8月26日より、楽天スーパーポイント(楽天が提供している共通ポイントサービス)を使って投資信託の購入ができるサービスを開始することになりました。

楽天ポイントといえば、楽天市場でのお買い物、楽天カード(クレジットカード)を使ったお買い物、楽天ポイントカードを加盟店に提示するなど様々な形で貯めることができるポイントプログラムとなっています。

今回はそんな楽天ポイントを使って投資信託が購入できるという方法や活用術についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

楽天ポイントの特徴

楽天ポイント(楽天スーパーポイント)は楽天市場が提供しているポイントプログラムで、下記のような場面で貯めることができます。

  • オンラインショッピングモール楽天市場でのお買い物
  • 楽天ポイント(共通ポイント)加盟店でのお買い物
  • 楽天カード(クレジットカード)のポイント
  • 楽天銀行で貯める(ハッピープログラム
  • 楽天証券で貯める
  • その他、楽天関連のサービスでたまる

楽天では「楽天経済圏」という言葉をつかっており、様々なサービスを「楽天ポイント(楽天スーパーポイント)」によって結び付けています。そうしてたまった楽天ポイントは楽天グループ内でのお買い物に使うことができます。

楽天ポイント(楽天スーパーポイント)の貯め方と使い方、活用方法などのまとめ
2016-04-08 18:24
楽天ポイント(楽天スーパーポイント)は、国内最大級のオンラインショッピングモールである「楽天市場」におけるポイントプログラムです。楽天経済圏とも呼ばれることがある、インターネット上
リンク

 

楽天ポイントを使って楽天証券で投信が買える

日経新聞が報じました。

楽天証券は今夏にも、ネット通販「楽天市場」での買い物や、楽天のクレジットカードを使った際にたまる「楽天スーパーポイント」で、投資信託を買えるようにする。併せて5月下旬からは投信の最低購入金額を100円に下げ、業界最低にする。若年層や投資初心者を取り込む。
楽天スーパーポイントは原則100円の買い物をすると1円に相当するポイントがたまり、楽天の提供するサービスに使える。楽天証券は2000本を超える投信を販売しており、すべての商品がポイントで買えるようになる。身銭を切らずに投信を手に入れられるようにすることで、投信に関心のなかった層を呼び込む。
引用元: ポイントためて投信を 楽天証券が若者開拓

たまった楽天ポイントをつかって100円以上で投資信託が買える仕組みになるようです。正直なところ、投資はある程度のスケールメリットが必要になるので、100円といったような小額の投資に意味があるのか?といわれたら微妙だとは思います。

ちなみに、楽天証券ではこのサービス開始にともない、投資信託の最低購入価格を従来の1000円(積立)から100円へと大きく引き下げるそうです。ネット証券の中でもこれはカブドットコム証券の500円(プレミアム積立)を抜いて最も小さい資金で投資信託投資ができるという事になります。

カブドットコム証券のプレミアム積立は投資初心者にオススメ
2011-04-21 12:33
カブドットコム証券が提供しているユニークなサービスに「プレミアム積立(プチ株)」というものがあります。これは、これから株式投資や投資信託などの投資を始めたい!と思っている方にとって
リンク

 

楽天証券は投資信託に関しては充実したサービスを提供

楽天証券はネット証券大手の中でも投資信託にはかなりの力を入れています。

投資信託の取り扱い本数は2000本を超えているといった基本スペック以外にも、投資信託の保有でポイントが貯まる「ハッピープログラム(投資信託資産形成ポイント)」の提供や、投資をロボアド(ロボアドバイザー)を活用した投資信託をつかった投資助言サービス(楽ラップ)など投信を活用した様々なサービスを展開しています。

投資信託の保有ポイント制度でネット証券を比較
2017-03-29 16:35
ネット証券の中には投資信託を保有することでポイントが付与するところが数社あります。これらのサービスを利用すれば、投資信託の保有コストである信託報酬の一部を実質的に値引きしてくれるこ
リンク
楽天証券の楽ラップは格安コストのロボアド利用のファンドラップ
2016-11-23 11:03
楽天証券が2016年に開始したロボアドという技術を利用したファンドラップサービスが「楽ラップ」です。ファンドラップとは「ファンド(投資信託)」+「ラップ口座(投資一任口座)」を組み
リンク

 

ポイントで投信はすでにクレディセゾンがサービス実施済み

クレジットカードで貯めたポイントを使って投資ができるサービスとしては、すでにクレジットカード大手のクレディセゾン(セゾンカード)が永久不滅ポイントを使って投資信託(ETF)に自動投資ができるサービスを開始していますね。

セゾンカードの永久不滅ポイントの活用方法や交換方法。運用もできるポイント制度
2016-12-20 19:28
永久不滅ポイントはセゾンカード(クレディセゾン)が提供しているポイントプログラムです。クレディセゾンのクレジットカードの利用などでポイントが貯まります。その名前の通り有効期限がない
リンク

どちらの方がいい、という性質のサービスではありませんが、ポイントを使って投資や資産運用を結びつけるというのは今後、ますますサービスが増えてきそうです。

 

楽天ポイントを上手に貯めて、投資信託でお得に資産形成

サービスの開始は2017年8月26日からとなっています。

1か月にポイントで購入できる金額は10万ポイント(10万円)分までとなっており、1回の買い付けは1万ポイントまでとなっています。

重要な点として「期間限定ポイント」や「他社のポイントから移行したポイント」は楽天スーパーポイントでの投資信託購入の対象外となる点があげられます。楽天スーパーセールなどでのポイントキャンペーンでたまるポイントの多くは期間限定ポイントなので、こうしたキャンペーンでたまるポイントは対象外です。

投信に利用できる
  • 楽天市場でのお買い物でたまるポイント
  • 楽天カード(クレジットカード)のポイント
  • 楽天モバイルなどの楽天サービスで貯まるポイント
投信に利用できない
  • 楽天スーパーセールやお買い物マラソンなどのキャンペーンでたまる「期間限定ポイント」
  • ANAマイルや他社クレジットカードのポイントなど他社のポイントから楽天スーパーポイントに移行したもの

 

お買い物で資産形成ができる

楽天市場(オンラインモール)なら購入金額の1%~10%(店舗により異なる)の楽天ポイント(基本ポイント)が付与されます。また、楽天カード(クレジットカード)の利用でも1%相当の楽天ポイントが付与されます。

これらは両方とも通常ポイントであるため、ポイントで投資信託の購入が可能になります。

最近では「おつり投資」なんてサービスも始まっていますが、広義に見れば楽天ポイントで投資信託が買えるというのはおつり投資の一つといえそうですね。

楽天ポイントは期間限定ポイントを除けば事実上有効期限は無期限なので、失効のリスクは高くないです。ただ、ポイントのままだと1円も増えませんが、投資信託に変えて運用すれば増やすこともできます。
楽天市場のヘビーユーザーの方でポイントが余っているという方にとってはかなり有効な手段といえるかもしれません。

ちなみに、私は参考画像のようにかなり楽天ポイントを余らせているので、ポイントで投信が買える(資産運用ができる)というのはかなり魅力的です。

楽天市場での買い物+楽天カードを使えば月に数千円くらいのポイント投資はどなたでも可能になるのではないでしょうか?

楽天カード公式ホームページ

 

余った楽天ポイントをキャッシュ(現金)にすることもできる

楽天ポイントを投資信託にできるということは、いったん投資信託を買って売ればすぐに現金化することもできるようになります。余った楽天ポイントを売れば、現金化が可能になります。
詳しくは以下の記事で紹介しています。

楽天ポイントの現金化・換金がお得に!ポイントで投信買付、即売りでほぼ100%換金可能
2017-07-14 16:17
楽天市場の利用でたまる楽天ポイント(楽天スーパーポイント)、こちらは基本的には楽天市場でのお買い物や楽天ポイント(共通ポイントカード)の加盟店で利用するのが基本で、貯めた楽天ポイン
リンク

 

楽天スーパーポイントを「購入」すればお得に投資信託が買える?

楽天カードでも楽天ポイントを貯めることができ、それを投資に回すことができるということでおすすめなのは、nanacoのクレジットチャージでしょうか。セブンイレブンで使える電子マネーのnanacoに楽天カード(JCBブランド限定)でチャージをすれば1%分の楽天ポイントを貯めることができます。

公共料金や税金などの支払いはセブン-イレブンのnanaco払い+クレジットチャージがオススメ
2015-04-16 09:56
セブン-レブンでおなじみの電子マネーのnanaco。使っている方も多いのではないでしょうか?このnanaco、普通に使ってもポイントが貯まるなどの特典は多いですが、特におすすめの使
リンク

上記の記事でも紹介していますが、公共料金や税金の支払いなどにもポイントを貯めることができるわけで、事実上のポイント投資ができます。

では、この方法を使ってnanacoで楽天スーパーポイント(楽天ポイントギフトカード)を買うという裏技は使えるのでしょうか?

楽天ポイントギフトカードはバリアブルで1500円~50000円分のポイントが選べてnanacoでも購入可能です。

nanacoポイントはたまりませんが、クレジットチャージによるポイントはたまります。楽天カード(JCB)でチャージすれば1%分の楽天ポイントが貯まります。

たとえば5万円分のギフトカードを楽天カードでチャージしたnanacoで購入すれば

クレジットチャージ分:500ポイント
楽天ポイントギフトカード:50000ポイント
合計:50500ポイント

となります。5万円のカード払いで50500円分のポイントがもらえます。このポイントを使って楽天証券で投資信託を買えば、キャッシュで投資信託を購入するよりも約1%分得をすることができるわけです。

重要な追記)実際に購入して確認してみましたが、楽天ポイントギフトカードによる楽天ポイントは「期間限定ポイント」という扱いになるようです(有効期限6か月)。なので、今回のポイントで投資信託購入には使えません!

 

楽天ポイント+投資信託買い付けのやり方

まずは「楽天証券」と「楽天スーパーポイント」の紐づけが必要です。

楽天証券にログイン後に「設定・変更(マイページ)」>「ポイント・楽天銀行連携」>「ポイントコース・ポイントによる投資信託の買付け」>「ポイントご利用の申し込み」

という手順になります。

まだ口座を持っていない方は以下から口座開設がスピーディーに可能です。

楽天証券公式ホームページ

 

楽天ポイント+楽天証券を上手に活用しよう!

楽天市場をよく利用している方や楽天カード(クレジットカード)を活用している方にとってはかなりの朗報となりそうです。ポイント長者の方は上手に活用しましょう。

 

以上、楽天証券で楽天ポイントを使い投資信託が買えるようになるというお話でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP