おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

楽天スーパーセール、お買い物マラソンで賢く買い物するためのポイントと注意点

supersale楽天市場で不定期ながらも結構な頻度で開催されているお買いものマラソン、楽天スーパーセール(正式には楽天スーパーSALE)。基本的なイベントとして複数のお店で購入することでポイントが倍付となっていき、10店舗の買い周りでポイントが10倍になるという買いまわり特典が挙げられます。

このイベント、上手に使えば確かにお得ですが、条件やポイントの受け取りについて詳しく知っているという方は少ないかもしれません。今回はそんな楽天市場のお買いものマラソンの活用方法と注意点をまとめていきます。

<<次の楽天スーパーセール・お買い物マラソンはいつ?>>
2017年の買い回りは終了しました。次回は2018年1月に開催予定となっています。
なお入会キャンペーン中の楽天カードは「こちら」からお申し込みいただけます。

楽天市場公式ホームページ

スポンサーリンク

楽天スーパーセール、お買いものマラソンの買い回り特典

お買いものマラソン、楽天スーパーセールにおける基本イベントが「買い回り特典」です。

買い回り特典というのはイベント開催期間中に楽天市場内の複数のショップでお買い物をすることでポイント付与率がアップしていくイベントです。2店舗で買い物をすれば2倍、3店舗なら3倍、4店舗なら4倍といった具合で最大10店舗の10倍までポイントが付くというものです。

仮に10個のお店で総額10万円の買い物をすれば1万円分のポイント(10%相当)が戻ってくることになりますので、賢く買い物をしたい人にもお勧めのイベントです。

そんなお買いものマラソンを上手に買い物するポイントをまとめていきます。

 

楽天スーパーセール・お買い物マラソンはいつ開催される?

楽天スーパーセールは市販気に一度、それがない月はお買いものマラソンが実施されることが多いようで、体感的には月1回はお買いものマラソンがあると考えてよさそうです。

 

<<楽天スーパーセールの開催時期>>

楽天市場の中の人と話す機会があって確認したのですが、開催時期は概ね、3月、6月、9月、12月の3カ月に一度の開催が基本ということでした。それぞれの月での開催時期は結構まばらですね。
ただ、開催のタイミングはいずれも「土曜日、日曜日スタート」でそこから3日、4日程度です。

 

<<楽天市場お買い物マラソンの開催時期>>

基本的には楽天スーパーセールが実施されない月は最低1回は開催されるようになっています。1月、2月、4月、5月、7月、8月、10月、11月といった具合ですね。2015年8月にはひと月に2回お買い物マラソンが実施されたこともあるのですが、これは稀なケースだと思います。

 

付与ポイントには上限がある

これ結構大事です。お買いものマラソンのイベントでもらえるポイントの上限は1万円分までです。
つまり、最大10%ということを考えた場合10店舗で合計10万円分までのお買いものしかポイントは付かないと言うことになります。

もっと少ない店舗数なら購入可能額は増えますが、マラソンでのポイントバックを最大化しようとする場合、高額商品をポンポンと買うと上限を超えて無駄になる可能性があると言うことも理解しておきましょう。

 

1000円以上じゃないとダメ

最近では、メール便対応などで少額のお買い物ができる楽天のお店も増えていますが、お買い物マラソンの買い周り対象になるのは1000円以上のお買いものじゃないとダメです。
あと送料は別でクーポンを使った場合、値引き分は対象外になります。
○:商品代金1000円(送料込)
×:商品代金900円+送料100円
×:商品代金1100円-Racoupon(200円引き)=900円

 

ポイントは随分先に期間限定ポイントとしてしかもらえない

楽天スーパーセールやお買いものマラソンで受け取れるポイントは随分先です。たとえば、2015年5月のイベントの場合、2015年8月20日ごろに付与されるというように3カ月ほど待つ必要があります。さらにそのポイントには1ヶ月弱の期間限定ポイントとして付与されます。

期間限定ポイントについては「楽天市場の期間限定ポイントの注意点と賢い使い道」でも書いていますが、放置しているとすぐに失効してしまうのでご注意ください。

 

注意事項と活用方法

お得に見えるイベントですが、楽天がここまでやるというのはそれだけの経済的なメリットがあるからです。お買いものマラソンがあると通常の2倍くらいに売上が増えるそうです。
つまり、それだけもしかしたら無駄遣いが発せしているかもしれないということです。

 

不必要なものは買わない

当たり前ですが、買い周りの店舗数を増やすためだけに無意味に買い物をするのは控えましょう。期間中は1000円ちょっとで送料込みたいな商品もよく売れているみたいですが、よくよく考えると10倍のポイントがもらえても、10%値引き相当と変わらないわけです。

 

値引きがされない商品を狙って買う

逆にお買いものマラソンで狙うべき商品は「普段は値引きされない商品」がお勧めです。
ブランド品、メーカー品の中には小売店に事実上の定価販売を義務付けているようなところもあります。そうした商品であっても、このようなショッピングモールが行うポイントバックに関しては関与できないので、普段から定価でしか販売されない商品を事実上値引きされた価格で買えるというのは上手な活用方法だと言えるでしょう。

 

上限ポイントを意識して買う

もしも、高額な商品を購入した場合、もしかしたら上限ポイントに達してそれ以上、買い物をしてもポイントが増えないかもしれません。

2店舗(2倍):購入総額50万円まで
3店舗(3倍):購入総額33万円まで
4店舗(4倍):購入総額25万円まで
5店舗(5倍):購入総額20万円まで
6店舗(6倍):購入総額16.6万円まで
7店舗(7倍):購入総額14.2万円まで
8店舗(8倍):購入総額12.5万円まで
9店舗(9倍):購入総額11.1万円まで
10店舗(10倍):購入総額10万円まで

と、こんな感じになります。仮に今5店舗で買い周りをしていてすでに20万円分のお買い物をしているというような場合、それ以上の買い物をしてもお買いものマラソンで付与されるポイントは増えません。

 

楽天カードのキャンペーンも必ず活用する

楽天カード(クレジットカード)ユーザーの方は、SPU(スーパーポイントアッププログラム)が自動的に適用されて、楽天カード決済なら+2%のポイント還元となります。

また、楽天カードユーザーだけがエントリーできるキャンペーン「ポンカンキャンペーン(要エントリー)」も忘れずに!+1%~3%分のポイントアップが期待できます。

ポンカンキャンペーンについてはマラソン完走するなら多くの方は達成可能なはずです。ちなみにまだ楽天カードを作っていない人は、カードを作成するだけで、すぐに使える楽天ポイントがもらえるのでお得です。

楽天カードのメリット、デメリット、活用方法のまとめ
2015-05-11 21:02
国内のオンラインショッピングモールの最大級の「楽天市場」。会員数は2015年3月末時点で9977万人と日本のショッピングモールの中でも最大規模のモールです。そんな楽天市場をよく利用
リンク

 

野球とサッカーの日程もチェックしておく

楽天市場ではヴィッセル神戸と楽天ゴールデンイーグルスのスポンサーであり、どちらかが勝利した翌日はポイントが+1%、両方が勝利した場合は+2%分のポイントが付与されるキャンペーンを実施しています(要エントリー)。

楽天スーパーセールやお買い物マラソンで購入するタイミングを考えるときはこの日程も考えたうえで購入する日を考えるようにしましょう。

2017年からはFCバルセロナのスポンサーとなったことで、上記に加えFCバルセロナ勝利で翌日ポイント2倍(+1%)となります。日程次第ですが、最大+3%というjことになりますね。

 

ふるさと納税も活用したい

自治体に寄付をすることで、お礼の品をもらえた上、自己負担は最低2000円となるお得な「ふるさと納税」を活用している方も多いかと思います。

楽天市場ではそんなふるさと納税を受け付けるポータルサイト「楽天ふるさと納税」を実施しています。こちらはなんと通常のお買い物と同様に扱われます。

寄付1回(自治体)=買い物1回となるうえ、ポイント付与(買い回り特典)の対象とすることもできるので非常に魅力的です。3つの自治体に別々に寄付をすれば、3店舗での買い回り(+3%)と同様の効果をもたらします。

上手に使えば2000円の自己負担もポイントでゼロにすることも可能なはずです。
詳しいことは「楽天ふるさと納税のメリット、デメリット。寄付でポイント、実質自己負担ゼロも可能。」でも記事にしていますのでこちらもご参照ください。

 

楽天スーパーセールとお買いものマラソンの違い

買い回りだけを考えると両者にほとんど違いはありませんが、楽天内でのイベントの大きさ(規模)としては楽天スーパーセール>楽天市場お買いものマラソンになっているようです。

イベント的にいえば、お買い物マラソンは上記で紹介した「買い回り特典のイベント」であって、楽天スーパーセールはこの買い回り特典イベントに加えて下記のようなイベント等を実施しているような感じです。

 

1)ポイントプレゼント企画が多い

パソコンとスマートフォンでポイントがもらえる企画などは楽天スーパーセールの方が充実していますし、仮にお買いものマラソンで同様の企画があった場合も当選確率は楽天スーパーセールの方が高いように感じます。

 

2)出店店舗がセールを行うケースがある

いわゆる目玉商品を店舗自体が用意するケースはほぼ毎月開催されるお買いものマラソンよりも楽天スーパーセールの方が多いようです。実際に私が知っている楽天市場に出店しているオーナーも店舗独自の楽天ポイント付与率を楽天スーパーセールのタイミングだけ倍率アップさせているようです。

他にもセール期間中だけ通常よりも値段を下げる、特別お得な商品を販売するというようなケースもあるようです。

以前は「半額セール」」などといって、通常販売価格を吊り上げて、楽天スーパーセール期間中の値段を安く見せるという悪質な行為がありましたが、現在は楽天市場側もこのあたりはかなり厳しくチェックしているようで、過去一定期間の販売実績から半額でないと半額セールとは認めないというようになってきています。

このような出店店舗独自のセールやポイント付与率アップなども楽天スーパーセールの魅力といえそうですね。

 

3)クーポンの設定や超目玉商品の販売

○○円以上購入で利用できる××円クーポンといったようなクーポンなどを配布していることもあるので、条件に合えばこのあたりも安く利用できそうです。

また、楽天市場内のトップページ等で紹介される半額セールなどの超目玉商品がでてくるのも楽天スーパーセールです。ただ、こうした超目玉(あきらかに安い商品)は、販売開始即売り切れとなることがほとんどです。ネットなどではスクリプトを使って購入する方法などが取り上げられており、通常の手段で購入するというのはほぼ無理だと思います。

 

楽天市場公式ホームページ

以上、楽天スーパーセール、お買い物マラソンで賢く買い物するためのポイントと注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP