楽天お買い物マラソンのおすすめ商品をピックアップ!1000円前後でお得な商品

楽天市場で月一程度開催されるお買い物マラソンやスーパーセール。楽天市場内のお店を「買い回り」する必要があります。

10店舗買い回りができれば完走となり、期間中のお買い物のポイント還元が+9%されます。ただ、5,6店舗は買い回りできたけど、もう欲しいもの(必要なもの)が無い……。そんな経験をしている方も多いと思います。

そんな、お買い物マラソン・スーパーセールで完走したいけど、特段欲しいものがない!という時のおすすめ商品を紹介していきます。

スポンサーリンク

楽天市場のお買い物マラソン、あえて買い足す方がお得なケースもある

そもそも、お買い物マラソンって何?という方は以下の記事を参考にしてみてください。

<2020年>楽天スーパーセール、お買い物マラソンで賢く買い物するためのポイントと注意点
2020-01-24 12:13
楽天市場で不定期ながらも結構な頻度で開催されているお買いものマラソン、楽天スーパーセール(正式には楽天スーパーSALE)。基本的なイベントとして複数のお店で購入することでポイントが
リンク

そんなお買い物マラソン、買い回りの店舗数を増やすほど、還元率が1%ずつ上昇していく仕組みになります(上限1万pt)。

買い回り店舗の条件は1店舗当たり1000円以上のお買い物です。1000円を買い物をすれば、ポイント還元が1%UPするという事です。

下記は楽天市場のお買い物マラソンにおいて、受け取れるキャンペーンポイントを「買い回り店舗数」「期間中の買い物額」で表にしたものです。

期間中の買い物額 1店舗 2店舗 3店舗 4店舗 5店舗 6店舗 7店舗 8店舗 9店舗 10店舗
1万円 0 100 200 300 400 500 600 700 800 900
2万円 0 200 400 600 800 1000 1200 1400 1600 1800
3万円 0 300 600 900 1200 1500 1800 2100 2400 2700
4万円 0 400 800 1200 1600 2000 2400 2800 3200 3600
5万円 0 500 1000 1500 2000 2500 3000 3500 4000 4500
6万円 0 600 1200 1800 2400 3000 3600 4200 4800 5400
7万円 0 700 1400 2100 2800 3500 4200 4900 5600 6300
8万円 0 800 1600 2400 3200 4000 4800 5600 6400 7200
9万円 0 900 1800 2700 3600 4500 5400 6300 7200 8100
10万円 0 1000 2000 3000 4000 5000 6000 7000 8000 9000

たとえば、期間中に3万円のお買い物をしている場合、1店舗追加で購入すると、受け取れるポイントが300ポイント増えるという計算になります。

一方で、10万円のお買い物をしている場合、1店舗で追加購入すると1000ポイント分もらえるポイントが増えます。

つまり、10万円以上を期間中を購入しているのであれば、全くほしくないものであっても、1000円の商品を追加でお買い物をしたほうがお得という事になります。

これは極端な例ですが、楽手の買い物マラソン期間中にある程度のまとまった金額のお買い物をしているという場合は、多少無理してでも買い物をするお店を増やす方がポイント還元を含めるとお得になる可能性があるわけです。

無駄遣いをするのはよくありませんが、利用価値のある商品をチョイスすればよいわけです。

以下では、楽天市場で購入可能な、お買い物マラソンにおすすめの価値ある商品を紹介していきます。

 

そもそも毎回参加するのではなく、参加するタイミングを考える

お買い物マラソンは月に1回以上は開催されますので、毎回なんとなく参加するのではなく、必要な時だけ参加するようにする方が完走しやすいです。

じゃあ、どんなタイミングがおすすめなのでしょうか?それは「数万円単位の高額商品を買う予定があるとき」です。

お買い物マラソンは、前述のように「対象期間の買い物件数」×「買い物累計額」でポイント還元が決まってきます。

無理に1000円のお買い物を10店舗でしてもポイント還元は1000P(1万円×10%)にしかなりません。

一方で数万円単位のお買い物を1件すれば、ポイント還元は大きくなり、マラソンを完走することによる経済的価値(ポイント還元額)も高まります。

 

お買い物マラソンで完走するのにおすすめの商品

楽天のお買い物マラソンで完走用におすすめの追加商品を紹介していきます。あくまでも、欲しいものを購入するというのが前提にはなりますが、それだけでは買い回りの店舗数が不足してしまう、というときのプラスαに活用できそうな商品をまとめます。

 

金券・ギフトカード類

腐らないですし、今使わなくてもいいというのが嬉しいところですね。楽天市場でも公式、非公式で様々なお店が金券、ギフトカード類を販売しています。

  • AppStore & iTunesカード
  • GooglePlayギフトコード
  • 楽券
  • JCBギフトカードやジェフグルメカードなど

なお、一部のカード類は定価よりも割高で販売されているケースもあるので注意してください。

一番のおすすめは「AppStore & iTunesカード」と「GooglePlayギフトコード」です。この二つは楽天が販売しており、定価販売です。

定価販売ということは、言い換えるとお買い物マラソンで最大10%還元が受けられるということになるわけなので、実質的には割引価格で購入できることになります。

  • 1500円
  • 3000円
  • 5000円
  • 10000円

の4券種があります。ギフトコードタイプなのですぐに使えるというのも魅力です。定価販売ですが、お買い物マラソン等のキャンペーンの対象にもなりますので、ポイント還元されます。

>>AppStore & iTunesカード

>>GooglePlayギフトコード

続いておすすめなのが「楽券」です。こちらは楽天のデジタルギフトコードです。「すき家」「上島珈琲店」などで使えるデジタルギフトコードがあり、1000円前後で購入できます。

これらのお店を利用する方であれば、マラソンで1店舗増やすために活用できると思います。

>>すき家の楽券(1050円/3食分)

>>上島珈琲店の楽券(500円/枚)

最後に紹介するのがJCBギフトカードや、VJAギフトカード、ジェフグルメカードなどの金券です。これらは使い勝手が良いのですが、定価販売ではありません。

たとえば、JCBギフトカードは1000円分が1,135円+250円(送料)で1,385円必要になります。無駄となる差額は385円。お買い物マラソンの買い物金額によってはそれでも価値が出る可能性がありますが、効率は少し悪いです。

こんな感じです。3~4割くらい割高になる計算です。正直ここまで行くとマラソンのために買うというのはお勧めはしません。

 

1000円ポッキリ食品系

食べ物系だと楽天市場には送料込み1000円ポッキリの商品もたくさんあります。こちらの商品だと1個1000円で買い物すれば1店舗の買い回りになりますので、最小コストで対応したい方におすすめです。

要らないものを買う必要はないと思いますが、楽天に出店している店舗側もお試し商品として比較的お得な商品も多いので、気になるジャンルで開拓してみるのもいいかもしれません。

なお、1000円ポッキリ商品を購入するときに「クーポン」を使って1000円未満の決済になると買い回りの対象でなくなりますのでご注意ください。

>>1000円ポッキリ商品

 

ふるさと納税の寄付

タイミングは限られると思いますが、金額と件数の両方を稼ぎやすいのが「ふるさと納税」です。

楽天市場には「楽天ふるさと納税」としてふるさと納税を受け付けている自治体が登録されています。1自治体への寄付=1店でのお買い物という扱いになります。

ふるさと納税(寄付)は1件当たりの金額も大きいので効果的です。

>>楽天ふるさと納税

 

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP