おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

JCBラウンジ京都は休憩+手荷物預かりで京都観光やビジネスに便利

クレジットカード会社のJCBは、自社の一部のクレジットカード利用者向けに京都駅の中にあるJCB Lounge京都を開放しています(事前申し込み不要)。サービスとしてソフトドリンクの提供や手荷物預かりなどがあります。

新幹線や電車までの時間が余った時の暇つぶしのほか、観光に出かける前にコインロッカーを使うのではなくJCB Lounge京都に預けておけば、ロッカー代も節約できます。

スポンサーリンク

JCB Lounge京都を利用できる人

まず、JCBラウンジを利用できるのは、JCBカードのうち、下記のクレジットカードを所有している人です。

  • JCB the Class
  • JCBプラチナ
  • JCB ゴールド・ザ・プレミア
  • ANA JCBカードプレミアム
  • JAL JCBカード・プラチナ
  • JCBプラチナ法人カード

一般的にプラチナカードと呼ばれるタイプのクレジットカードになりますね。なお、JCBゴールド・ザ・ラプレミアはJCBゴールドカード利用者のうち、年間利用金額が100万円以上を2年間継続した場合に招待(インビテーション)が送られてくるカードとなっています。

2017年10月からはJCBプラチナ(年会費25,000円+税)が利用できるようになったので、こちらがもっとも手軽に個人が取得できるプラチナカードになりそうです。

JCBプラチナカードが登場、JCBゴールド ザ・プレミアとの違いも比較
2017-11-21 06:45
2017年10月、JCBカードのオリジナルシリーズに初のプラチナカードとなる“JCBプラチナ(JCB Platinum)”がラインナップに加わりました。これまでは法人カードとしてJ
リンク

上記カードの所有者なら本カード会員のほか、家族カード会員でも利用できます。1名あたり同伴者1名までOKです。

 

JCB Lounge京都でのサービス

JCBラウンジ京都の中では、休憩ができるほか、ソフトドリンク、スープなどが提供されます。
京都関連の雑誌類・ガイドブック類も置かれているので、観光前の下調べにも良いかもしれません。

冒頭にも書きましたが手荷物を預かってくれるのは便利です。京都駅直結なので、いったんホテルに荷物を預ける……といった手間なく、荷物をJCBラウンジに預けておいて、すぐに身軽になって京都観光に行くといった移動が可能です。

 

JCB Lounge京都への行き方

こういう一般に開放されているわけではないラウンジというのは、案内が少ないのでどうしても迷ってしまいます。私も正直迷いました……。

さて、行き方は以下のようにすると迷いにくいかと思います。

  1. 京都駅中央改札口を出る
  2. 中央改札口を背にして右手側(京都劇場やホテルグランヴィア京都方面)に行く
  3. レッドカーペット(?)があり、それに沿って進むと「京都劇場」へ上る階段・エスカレーターがあるので上る。
    (反対の階段・エスカレーターはホテルグランヴィア京都にしか行けないので注意)
  4. 京都劇場の自動ドアを抜け館内に入ると「JCB Lounge京都」と「JCB PLAZA」があります。JCBプラザは外国人観光客向けです。

京都劇場の中に入るイメージだとわかりやすいと思います。

 

JCB Lounge京都の営業時間にご注意

JCBラウンジ京都は影響時間は10時~18時となっています。
この営業時間、個人的には少し微妙です。

たとえば、最近リニューアルされて人気の京都鉄道博物館や京都水族館などの営業時間は10時からとなっています。こうしたところに開場に合わせて行きたい方はラウンジ前に荷物預けておくってのが、事実上無理ですね。

あとは18時で閉まってしまうので、荷物を預けている人はご注意ください。

 

各クレジットカードの年会費と取得条件

JCBラウンジ京都が使えるクレジットカードの年会費や申し込み条件等をまとめています。すべて年会費が万単位で必要なプラチナカード相当となっているため、利用のハードルはやや高めだといえるでしょうか。

年会費 直接の申し込み・備考
JCB the Class 50,000円(税別) JCBプロパーカード所有者に対するインビテーション制度(条件非開示)
JCBプラチナ 25,000円(税別) JCBオリジナルシリーズのプラチナカード。2017年10月より募集開始。直接申し込み可能
JCB ゴールド・ザ・プレミア 10,000円(税別)
+5000円(税別)
JCBゴールド利用者で2年以上連続で100万円の利用があればアップグレード可能。
5000円の追加年会費は前々年の年間利用額が100万円以上で無料。
ANA JCBカードプレミアム 70,000円(税別) ANAカードのプラチナカード
JAL JCBカード・プラチナ 31,000円(税別) JALカードのプラチナカード
JCBプラチナ法人カード 30,000円(税別) 法人または個人事業主の申し込みが可能です。

年会費で考えたら、JCBゴールド・ザ・プレミアがもっとも安いですが、取得まで時間がかかります。京都駅をよく利用する方でラウンジをすぐに使いたいというのであれば、JCBプラチナが一番おすすめですね。

JCBプラチナ公式ホームページ

 

続いてはJAL JCBカード・プラチナでしょうか。JRだけでなくJALの飛行機もよく使うという人にはいいかもしれませんね。法人の方ならJCBプラチナ法人カードの申し込みもできます。

JAL JCBカード・プラチナ公式ホームページ

JCBプラチナ法人カード公式ホームページ

 

京都旅行と合わせてUSJに行く人にもおすすめ

ちなみに、今回紹介したJCBラウンジが使えるクレジットカードをお持ちの方は、USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)におけるJCBラウンジも利用できます(こちらは要事前申し込みで、年1回まで)。

ラウンジを利用するとUSJの人気のアトラクションの「フライングダイナソー」への優先搭乗も可能となっています。

USJ(ユニバーサルスタジオ)のスポンサーラウンジを活用。アトラクションの待ち時間を大幅短縮
2017-08-11 08:53
USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)ではアトラクションは○○協賛といった具合でスポンサーがついていることがあります。そうしたスポンサー付きのアトラクションにおいてはそのスポンサー
リンク

 

以上、JCBのプラチナカードホルダーが利用できるJCBラウンジ京都を紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP