おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

PBR(株価純資産倍率)をやさしく解説。下落局面で重視される株価指標

2017/04/09最終更新   株式投資 資産運用のライフハック

株式投資におけるその会社の下値の目途を測るときなどに活用される指標として代表的な株価指標をPBR(株価純資産倍率)といいます。このPBRは現在の株価がその会社が保有している資産から負債(借金)を引いた純資産に対して何倍くらいに評価されているのか?という指標になります。

特に相場・株価の下落局面において下げ止まるであろう位置を想定する下値目途に利用されることが多い指標となっています。その一方で相場が好調なタイミングではあまり重要視されません。

今回はそんなPBR(株価純資産倍率)という株価指標についてやさしく解説していきます。

スポンサーリンク

PBR(株価純資産倍率)の計算方法

PBR(Price Book-value Ratio)の計算式は下記のとおりです。

PBR=株価/BPS
BPS=純資産/発行株式数

アルファベットが並ぶと少しわかりにくいですね。

まずBPS(1株当たり純資産)を理解するにあたって純資産というのが何かを理解しましょう。

 

純資産とはなにか?わかりやすく説明

純資産は簡単にいうと「その会社が持っている資産(お金)からその会社の借金を差し引いたもの」です。現金100万円を持っているけど、銀行から30万円借りているという状態とすれば、実質的な財産は70万円ということになりますよね。この70万円が純資産です。

企業は様々な形で資産と負債を抱えています。

資産
・現金
・預金
・取引先から未回収の売り上げ(売掛金)
・土地
・ソフトウェア
・工場

負債
・銀行からの借り入れ
・取引先に未払いの支払代金(買掛金)
・従業員に将来支払うことを約束している退職金

最初の例のように単純ではなくなっていますが、こうした資産-負債=純資産となります。言い換えれば純資産はその瞬間に会社を清算したときに残るお金ということになります。そのため、純資産のことを「解散価値」ということがあります。

ちなみに、解散価値がマイナスになればいわゆる債務超過となります。

 

BPSとPBRで何がわかる?

会社は株主のものですから、資産を売却して借金を返済して残った純資産は、会社を清算したときに株主に対して払い戻されることになるおかねということになります。

BPSとはその理論上の払戻金を1株当たりにしたものです。理論上は会社を解散(清算)すればその株主にBPS分のお金が戻されるということになります。

現在の株価をそのBPSで割ったものがPBRとなります。

PBR=1(倍)であれば、「現在の株価=会社を清算したときに株主がもらえるお金」ということになります。PBRが1倍を下回っているというときは、その会社を今すぐ清算(解散)したら株主は儲かる状態になるということになります。

 

じゃあ、PBR1倍割れの会社は今すぐ解散(清算)したほうがいいの?

理論上はそうですね。
ただ、会社を潰す(清算する)というのは簡単なことではありません。

在庫処分、設備の撤去、従業員への割増退職金、取引先に対する契約違反に伴う損害賠償といった様々な追加のコストがかかります。そのため、PBRが1倍を下回っているからといって、その金額が丸々戻ってくるわけではないです。

また、あくまでも貸借対照表に書かれ知恵るの資産や負債は帳簿上の価値であって、それがそのままの価値であるという保証もありません。

 

ただ、ある一定の支持線にはなる

その一方であくまでも帳簿上であったとしてもPBRが1倍を割るというのは割安感が出てきます。これ以上下がらない、下げ止まるのではないか。といった意識が投資家にも働きやすいため、PBR1倍の水準は支持線(それより下には下がりにくくなる株価帯)として作用しやすいです。

 

下値の参考にはなるが上値の参考にはならない

一方でPBRは下値の参考や支持線となることはあっても、上値(高値)を見るときにはあまり役に立ちません。なぜなら、上値を追っていく展開というときは、解散価値というネガティブな要素よりも利益率などが重視されがちだからです。

業種平均と比較して、割高・割安といった判断はできる部分もあるかと思いますが、どちらかというと上昇相場においては注目されづらいといえるでしょう。

 

以上、PBR(株価純資産倍率)について解説してみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP