おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

リボ払い専用だけど特典が充実のJCB EITカードのメリット、デメリット

JCBカードが発行しているクレジットカードのJCB EIT(エイト)はリボ払い専用のクレジットカードです。リボ払いについては当ブログでは口を酸っぱくして使わないようにと主張しています。

ところがこのJCB EITは注意するべきところはあるけれども、持っておくとお得な特典もある年会費無料のクレジットカードです。最大の特典は海外旅行傷害保険が自動付帯するという特典があげられます。利用には十分な注意が必要ですが、上手に活用すれば大きなメリットがあるクレジットカードです。

今回はそんなJCB EITのメリット、デメリットを軸に活用方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

まずは知っておきたいデメリット。リボ専用カード

JCB EITはリボ専用カードです。このタイプのカードはクレジットカードでお買い物をするとたとえお店で1回払いでといった場合でもすべてリボルビング払いとなってしまいます。

リボルビング払い(リボ払い)とは、月々の利用金額にかかわらず毎月一定金額を支払えばいいという支払方法になります。

たとえば、毎月1万円を支払うという内容の場合、5万円使っても10万円使っても毎月の支払自体は1万円でOKです。翌月カードを使っても1万円です。

毎月の返済額が一定になるというのはメリットに見えますが、使ったお金がチャラになるわけではありません。毎月の支払額以上のカードを利用し続ければ未返済額はどんどん積みあがっていき、どんどん借金が大きくなっていきます。

もちろん、借金部分には毎月高い手数料(利息)がかかり続けることになります。

リボ地獄とかいう言葉もあるように気軽に使いづづけると借金まみれになってしまうリスクのある取引となっています。

リボ払いについては「実は危険なリボ払い。リボ払い利用の問題点は高い金利と長期化する返済期間」でもっと詳しく紹介していますので、こちらもご覧ください。

 

JCB EITを利用するうえでの注意点

さて、JCB EITはリボ払い専用のクレジットカードです。このカードでお買い物をする上での注意点はリボ払いをしないことが重要です。

その方法は、リボ払いの毎月の支払金額をマックスに設定しておくというものになります。
たとえば、クレジットカード(JCB EIT)の利用限度額が50万円なら、リボ払いの毎月の最低支払額を50万円にしておけば、かならず事実上の1回払いとなります。

このケースではリボ手数料(金利)は発生しないので、実質上の1回払いと同じことになります。
※クレジットカードによってはこの方法でもリボ手数料が発生することもありますが、JCB EITの場合は手数料はかかりません。

こうしておけば、JCB EITのデメリットである「自動リボ払いのクレジットカード」という問題はほぼ解決できます。

 

JCB EITのメリットと活用方法

JCB EITの問題である「自動リボカードである」という問題を解決したところで、続いては同カードのメリット部分や活用方法についてまとめていきたいと思います。

 

1)ポイント還元率が通常のJCBカードの倍(1%還元)

まず、JCB EITは月間のお買い物金額1000円に対して2ポイントがたまります。JCBのポイントであるOkiDokiポイントは1ポイントあたりおおよそ5円程度の価値がありますので、実質的なポイント還元率は1%ということになります。

この1%という水準は同じような年会費無料のクレジットカードである「楽天カード(1.0%還元)」や「リクルートカード(1.2%還元)」もあるのでとびぬけて高いといえる水準ではないと思いますが、まあまあ高いといえるでしょう。

 

2)海外旅行傷害保険が自動付帯する

個人的にJCB EITを持つ価値があると思うポイントはこの部分です。
海外旅行傷害保険が自動付帯です。

海外旅行傷害保険がついているクレジットカードなんて山ほどあるじゃないか?と思う方も多いかもしれません。たしかに年会費無料のカードでも海外旅行傷害保険が付帯しているカードはあります。

でもその大半は「利用付帯」といって、そのカードで旅行代金を決済した場合のみに保険対象なります。JCB EITの海外旅行傷害保険は「自動付帯」といってカードの利用に関わらず、いつでも海外旅行傷害保険が効いているという状態になるわけです。

こうした保険が自動付帯するカードは多くの場合、年会費が1万円以上するようなゴールドカード以上のカードが中心で年会費無料のカードでこの特典が付くのは、このJCB EITとエポスカードくらいです。

死亡・後遺障害 : 最高2,000万円
治療費用 : 1回の事故・病気につき100万円限度
賠償責任 : 1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害 : 1旅行中20万円限度(自己負担3,000円、携行品1つあたり10万円まで)
救援者費用等 : 100万円限度

 

海外旅行傷害保険は複数で積み上げすることができる

ちなみに、この海外旅行傷害保険は死亡・後遺障害以外の補償は「積み上げ」が可能です。正直海外旅行傷害保険で一番利用されることが多く、負担額も多いいのは「治療(病気・けが)」です。

JCB EITなら100万円が1事故につき補償されます。これに加えて同じように1事故につき200万円が補償されるエポスカードを持っていれば、合計300万円までのケガの治療費が保険でカバーされることになります。

詳しくは「年会費無料クレジットカードで海外旅行傷害保険の補償を積み上げる方法」でも詳しく説明しています。

このように補償の積み上げとなる年会費無料のクレジットカードは海外旅行や海外出張に行くことが多い人にとっては非常に魅力的な補償サービスになっているといえます。

 

まとめ。海外に行く人はお守り代わりに作っておいてもいい。

JCB EITはリボ専用という注意点がありますが、カードを作った後に一度管理画面(My JCB上)で手続きをすれば比較的容易に回避することができます。それ以外の部分では特に、海外旅行傷害保険が自動付帯しているという珍しい年会費無料カードです。

海外に行く機会があるという人は使う使わないにかかわらず一枚作っておけば、補償の大きな上乗せとすることができます。上手に活用しましょう。

なお、同じように年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯するカードとしてエポスカードもあるので海外に行く人は2枚とも作っておくという手もあります。

>>JCB EIT公式ホームページはこちら

>>エポスカード公式ホームページはこちら

 

以上、リボ払い専用だけど特典が充実のJCB EITカードのメリット、デメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP