おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

クレジットカードでANAやJALのマイルを貯めるコツとおすすめカード

planeANAやJALのマイル(マイレージ)を貯める方法としては、飛行機への搭乗以外ではクレジットカードを使ってそのポイントをマイルに交換するという方法がよく取り上げられます。特に、飛行機搭乗以外でマイルを貯める人を陸マイラー(りくまいらー)ということもありますね。

クレジットカードの利用でマイルを貯めて特典航空券(無料航空券)で飛行機にタダで乗るというと魅力を感じる方も多いかもしれません。

特典航空券への交換は1マイル当たりの価値を高めることができるため、クレジットカードと組み合わせによってカードの実質的なポイント還元率を大きく高めることができるわけです。

今回はそんなクレジットカードを使ってマイルを貯めるという方法についてのコツや注意点とANAマイル、JALマイル向けのお勧めカードを紹介していきます。

スポンサーリンク

マイル(マイレージ)というポイントの価値はお得度が高いというのは本当?

航空会社のマイル(マイレージ)は通常は飛行機に搭乗することでたまるポイントプログラムです。
日系航空会社であるANA(全日空)やJAL(日本航空)だけでなく、デルタ航空やユナイテッド航空のように海外の航空会社でもマイレージサービスを提供している会社は多いです。

ANAマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法や注意点のまとめ
2016-09-16 09:38
ポイントプログラムの中でも特に人気が高いものの一つが航空会社が用意しているマイレージプログラム(マイル)ではないでしょうか。国内大手航空会社のANA(全日本空輸)もANAマイレージ
リンク
JALマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法、注意点。JALマイルの価値はいくらか?
2016-09-20 17:29
JAL(日本航空)が提供しているポイントサービスにJALマイレージバンク(JMB)があります。こちらはANAをはじめとした他の航空会社と同様にマイルと呼ばれるポイントが貯まるサービ
リンク

こうした航空会社のマイルはそのポイントを上手に使えば1ポイント(1マイル)当たりの価値を大きく高めることができるというのが大きな特徴です。

 

1マイル当たりの価値は使い方で大きく変わってくる

ANAやJALのマイルは使い方によって価値が代わってきます。最低ラインとしては1マイル=1円程度の電子マネーと交換することができます。一方で使い方によって価値は変わってきます。

代表的なところで言えば無料航空券ですね。以下は「ANAの1マイルの価値はいくら?」より引用しています。ANAのケースとしていますが、1マイルは最大で10円以上の価値にすることもできるわけです。ファーストクラスのマイル予約のお得さについては「飛行機のファーストクラスに乗りたいならお金を払うよりもマイルを貯めたほうが断然お得」でも取り上げました。

マイルの交換先 交換レート(1マイル当たりの価値)
ANAセレクションとの交換 ~1円(1円以下の商品も…)
楽天Edyなど電子マネーとの交換 1円(交換上限あり)
ANAご利用券との交換 1円(利用価値あるか?)
ANAスカイコインとの交換(1万マイル未満) 1円
ANAスカイコインとの交換(1万マイル以上) 1.2円
ANAスカイコインとの交換(2万マイル以上) 1.3円
ANAスカイコインとの交換(3万マイル以上) 1.5円
ANAスカイコインとの交換(5万マイル以上・SFC会員) 1.6倍
ANAスカイコインとの交換(5万マイル以上・上級会員) 1.7円(ブロンズ以上)
国内線特典航空券との交換 1.5円~4円くらい
国際線特典航空券との交換(エコノミークラス) 2.5円~3円くらい
国際線特典航空券との交換(ビジネスクラス) 4円~6円くらい
国際線特典航空券との交換(ファーストクラス) 10円~15円くらい

このように、同じ1マイルでも使い方によって1円未満~10円以上とかなり幅の広い使い加賀田できるということになるわけですね。

 

クレジットカードでマイルを貯めるのはお得?

クレジットカードでマイルを貯めるということが注目される大きな理由は、上記のようにポイントの価値の変動幅が大きなマイルだからこそ、カードの利用で上手にマイルを貯めることができれば、非常に高いポイント還元率が期待できるということにあります。

たとえば、100円の利用で0.5マイルがたまるクレジットカードがあるとしましょう。

1マイルの価値が1円だとすれば、ポイント還元率は0.5%にすぎません。ところが、貯めたマイルで国際線の特典航空券と交換したとしたらどうでしょうか?1マイルの価値を10円とするなら、100円利用=0.5マイル=5円となり、100円のカード利用でおよそ5%のポイント還元率となるわけです。

2017年版 ポイント還元率が高いお得なクレジットカードのまとめ
2016-09-06 15:56
ポイント還元率とはお買い物をした金額に対して何円相当のポイントが還元されるのかという指標です。一般的なクレジットカードの場合は0.3%~0.5%程度となっています。つまり1000円
リンク

上記のような一般的にポイント還元率が高いとされるクレジットカードの還元率は1%程度ということを考えると、マイルをクレジットカードで貯めるというのはかなりお得だという事になります。

 

価値の低い使い方しかできない人はマイルを貯めるべきじゃない

ただ、言い換えると、クレジットカードでマイルを貯めることで得をできる人というのは十分にマイルを活用できる人だという事になります。
なんだかんだでクレジットカードでマイルを貯めて飛行機にでも乗ろうと思った(旅行しようと思った)けど、結局飛行機に乗らないという人は電子マネーとの交換くらいしか使い道がありません。

そういったケースでは1マイル=1円程度の価値しかないわけで、そうするくらいなら普通にポイント還元率の高いクレジットカードを使うほうがおすすめです。

 

マイルが貯まるおすすめのクレジットカードの選び方

マイルを貯めることができるクレジットカードの選び方について考えてみましょう。

当然ですが、マイルを貯めるにあたってはマイル還元率(利用額に対して何%のマイルがたまるか?)が重要です。還元率が高いカードの方がよりたくさんマイルを貯めることができます。

一方で、年会費やマイル交換手数料なども加味して考える必要があります。年間のカード利用額次第ではマイル還元率を下げてでもコストが低いカードを使ったほうがお得なケースもあるからです。

 

公式カード(ANAカード・JALカード)が一番お得

ANAカードやJALカードといった航空会社が発行(提携)しているカードです。
飛行機の搭乗ボーナスなど飛行機に乗る人に大きなメリットがあります。カード利用によるマイル還元率は0.5%~1.0%。
通常の年会費以外に+αの費用を払えば還元率がアップする仕組みがあります。

たとえば、ANAカードの場合、通常のマイル還元率は0.5%です。ところが通常の年会費に加えて6,000円(+税・年間)の手数料を支払えば還元率が1.0%になります。このコストを考えるかどうかは年間の利用金額によって変わってくるでしょう。

1マイル当たりの価値を簡易的に2円とした場合、6000円の+αの年会費をペイするには年60万円以上のカードでお買い物をする必要があります。そうでないなら、0.5%のマイル還元率にしておいたほうが無難といえるかもしれません。

もっとも、年会費の高いワイドゴールドカード(ANAカード)を利用する前提ならこうした手数料がかからないケースもあります。マイルを貯めるうえで公式カードはもっとも無難かつ王道といえるカードだといえそうです。

ANAのマイルが貯まるANAカードとその選び方、おすすめクレカを比較
2016-04-23 06:31
 ANA(全日空)のマイルを貯めたいと考える方の多くにとって重要なアイテムとなるのがANAが発行しているクレ時とtカード「ANAカード」です。ANAカードを持つことで普段のお買い物
リンク
JALカードを徹底比較。お得にJALマイルを貯めるためのクレジットカードはどれ?
2016-12-18 08:40
JAL(日本航空)のクレジットカードであるJALカードは、JMB(JAL Mileage Bank)の会員証を兼ねたJAL公式のクレジットカードです。JALカードはANAカードと同
リンク

 

ANAカードならワイドゴールドカード(VISA)が最強

ANAであればワイドゴールドカード(VISA)がもっともおすすめです。
年会費は14000円(税別)ですが、マイペイすリボ(自動リボ)の登録+WEB明細登録をすれば9500円にまで割引が可能です。ポイント特典もあるので上手に活用できれば実質的なマイル還元率は1%を大きく超えてきます。

マイペイすリボの利用で年会費の割引&ポイント2倍にするテクニック(三井住友カード)
2016-04-11 15:44
正直言って誰にでも推奨できるテクニックというわけではないということをまずは断っておきます。マイペイすリボは、大手カード会社である三井住友カードが提供している自動リボ払いサービスの名
リンク

年間の決済額が大きい人はこのカードが最もお勧めです。ただし、自動リボの件は金利負担が生じるので上記の説明ページも併せて熟読の上で利用することをお勧めします。

ANAカードならワイドゴールドカード(VISA)公式ページ

 

JALカードなら一般カードが無難

一方でJALカードの場合、マイル還元率が2倍になるショッピングマイルプレミアムは年会費3000円(+税)とさほど高くないのでJAL一般カード+ショッピングマイルプレミアム登録の利用方法がもっとも無難でしょう。王道が一番ですね。

中でもおすすめなのは「JALカードTOP&ClubQ(JAL&東急カード)」です。
JALと東急の提携カードになっており、PASMOのオートチャージやWAONのクレジットチャージなど交通系ICカードや電子マネーのチャージでもポイント(マイル)がたまります。

WAONで公共料金や税金を払ってJALマイルやWAON POINTを貯める方法
2016-12-18 09:21
2016年2月よりミニストップで電子マネーのWAONを使った公共料金や税金などの収納代行(コンビニ払い)の支払いが可能となりました。公共料金や自動車税、住民税、国民健康保険料、国民
リンク

JALカード公式ページ

 

ANAもJALも1%分のマイルが貯まる+ホテルの上級会員ならSPGアメックス

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードは高級ホテルグループのスターウッドとアメックスのクレジットカードです。
年会費31000円(+税)と非常に高額な年会費が必要になりますが、貯めることができるスターポイントはANA、JALにくわえ世界の航空会社のマイルと交換できます。マイル還元率にすれば1%です。

さらに、SPG(スターウッドプリファードゲスト)のゴールド会員資格も付帯するため、マイルで旅行し、シティホテル(リゾートホテル)に宿泊するというトラベラーにとっては最適な一枚かもしれません。

高級ホテルの上級会員&無料宿泊特典のSPGアメックスのメリット、デメリット
2017-01-24 17:41
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)というクレジットカードがあります。こちらスターウッドホテル&リゾートという世界的なシティホテ
リンク

ターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード公式ページ

 

飛行機に乗る機会がある人なら利用価値大

ネガティブなことも書きましたが、飛行機に乗る機会が年に数回くらいはあるというのであればマイルは利用価値の高いポイントプログラムだと思います。

ここでは細かく書きませんが、「お金を使わずに年間21万6000マイルのANAマイルをためる方法」などでも紹介されているように航空会社以外のポイントを交換するなどのテクニックも使えば年に10万、20万といったマイルを貯めることもそう難しいことではありません。

飛行機に乗る人であれば、そうした沢山のマイルがあれば出張や旅行などで利用の幅も広がるでしょう。

以上、クレジットカードを使ってANAやJALのマイルを貯めるコツと注意点をまとめました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP