おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

クレジットカードを使ってANAやJALのマイルを貯めるコツと注意点

planeANAやJALのマイル(マイレージ)を貯める方法としては、飛行機への搭乗以外ではクレジットカードを使ってそのポイントをマイルに交換するという方法がよく取り上げられます。特に、飛行機搭乗以外でマイルを貯める人を陸マイラー(りくまいらー)ということもありますね。

クレジットカードの利用でマイルを貯めて特典航空券(無料航空券)で飛行機にタダで乗るというと魅力を感じる方も多いかもしれません。

このクレジットカードでマイルを貯めるというのはその還元率の高さは大きな魅力です。その一方でクレジットカードでマイルを貯める時にはいくつかの注意点もあります。今回はそんなクレジットカードを使ってANAやJALのマイルを貯めるコツと注意点を紹介します。

スポンサーリンク

クレジットカードで貯めるマイルは還元率が高い?

クレジットカードでマイルを貯める時は一概にマイルの還元率は高いです。

大手航空会社のANAやJALはそれぞれ、公式のクレジットカードを発行しています。それぞれのカードは多少のレートの差はありますが、おおよそですが、利用金額の1%程度分のマイルが貯まるようになっています。

たとえば、1万円分のお買い物をクレジットカードですれば、100マイル程度を貯めることができるわけです。

 

1マイル=1円ではない

ANAやJALのマイルは使い方によって価値が代わってきます。最低ラインとしては1マイル=1円程度の電子マネーと交換することができます。一方で使い方によって価値は変わってきます。

代表的なところで言えば無料航空券ですね。以下は「ANAの1マイルの価値はいくら?」より引用しています。ANAのケースとしていますが、1マイルは最大で10円以上の価値にすることもできるわけです。ファーストクラスのマイル予約のお得さについては「飛行機のファーストクラスに乗りたいならお金を払うよりもマイルを貯めたほうが断然お得」でも取り上げました。

マイルの交換先 交換レート(1マイル当たりの価値)
ANAセレクションとの交換 ~1円(1円以下の商品も…)
楽天Edyなど電子マネーとの交換 1円(交換上限あり)
ANAご利用券との交換 1円(利用価値あるか?)
ANAスカイコインとの交換(1万マイル未満) 1円
ANAスカイコインとの交換(1万マイル以上) 1.2円
ANAスカイコインとの交換(2万マイル以上) 1.3円
ANAスカイコインとの交換(3万マイル以上) 1.5円
ANAスカイコインとの交換(5万マイル以上・SFC会員) 1.6倍
ANAスカイコインとの交換(5万マイル以上・上級会員) 1.7円(ブロンズ以上)
国内線特典航空券との交換 1.5円~4円くらい
国際線特典航空券との交換(エコノミークラス) 2.5円~3円くらい
国際線特典航空券との交換(ビジネスクラス) 4円~6円くらい
国際線特典航空券との交換(ファーストクラス) 10円~15円くらい

最初のクレジットカードで1%分のマイルが貯まる(1万円利用で100マイル)と書きましたが、最高効率の1マイル=10円とするならなんと還元率は10%にもなるわけです、国内線の特典航空券の場合でも還元率は1.5%~4.0%ということになるわけです。

これは一般的なクレジットカードのポイント還元率(ポイント還元率が高いお得なクレジットカードのまとめ)と比較しても高い水準といえそうです。

 

高還元率ならマイルを貯めるのはお得?

高い還元率からマイルを貯めるのがお得となるわけですが、いくつかの注意点があります。ここを理解しておかないと、結局のところマイルなんか貯めなきゃよかったということになることもあります。

 

マイルを貯めるには「諸費用」がかかる

クレジットカードの比較サイトなどをみるとANAカードやJALカードのマイル還元率(100円利用で何マイルが貯まるか)については1%貯まるということが強調されていて、諸費用のことに触れられて無いところが多いです。

まず、ANAカードやJALカードでは1%の還元率でカード利用で貯めたポイントをマイルにするには「マイル交換手数料(マイル移行手数料)」というものが必要になります。

たとえば、ANAカードの場合、ワイドゴールドカードのような年会費が高いカードは無料ですが、そうでないカードの場合は6,000円(年間)ほどの手数料が必要になります。クレジットカードのポイント有効期限は2年というのが一般的なので2年に一度の交換だとしても1年あたり3,000円もの移行手数料が必要になるということになります。

なお、この移行手数料が無料のコースもありますが、こちらを選択するとマイル還元率が0.5%(半分)に低下してしまい魅力度が大きく低下します。

以下は、1マイル=2円としたうえで、年3000円の移行手数料を負担するものとした時の年間の利用額別の最終的な還元率を表にしたものです。念のため、一般的に1%のポイント還元が行われるクレジットカードとの還元額も比較しました。

年間利用額 ANAカード(VISA) ポイント還元1%のカード
10万円 -1000円 1000円
20万円 0円 2000円
30万円 3000円 3000円
40万円 5000円 4000円
50万円 7000円 5000円
60万円 9000円 6000円

クレジットカードでマイルを貯めるというのであれば少なくとも年40~50万円程度の「ある程度の年間決済額がある」ということが前提となるということを理解しておく必要があります。

 

マイルの特典航空券は使い勝手はあまりよくない

マイルを使った特典航空券の予約は実はさほど使い勝手がよくありません。いつでも自由に予約できる航空券と違い、予約数に限りがあったり、直前では予約できないといった制限があります。

逆に、ずいぶんと前から予定が決まっているというのであれば旅割や早割といったようにANAやJALも長期割引を行っているので、こうしたサービスを使った方がお得なケースもあります。

普段から飛行機をよく使う人であれば使い分けもできるかと思いますが、ほとんど飛行機に乗らないけどカードでマイルだけ貯めているという方は利用機会が限られる結果になることもあります。

 

マイル効率が高い海外ビジネスクラスは競争が激しい

「1マイル=1円ではない」のところでも紹介しましたが、1マイルあたりの利用価値が高いのは海外路線でのビジネスクラスやファーストクラスです。
ただ、お得な分、そのチケットを狙っているライバルも多いです。

特にハワイ路線のビジネスクラスなどは予約可能になる1年前には予約が埋まるという現状もあるようです。ある程度時間の融通が利く人じゃないと厳しいですね。

 

飛行機に乗る機会がある人なら利用価値大

ネガティブなことも書きましたが、飛行機に乗る機会が年に数回くらいはあるというのであればマイルは利用価値の高いポイントプログラムだと思います。

ここでは細かく書きませんが、「お金を使わずに年間21万6000マイルのANAマイルをためる方法」などでも紹介されているように航空会社以外のポイントを交換するなどのテクニックも使えば年に10万、20万といったマイルを貯めることもそう難しいことではありません。

飛行機に乗る人であれば、そうした沢山のマイルがあれば出張や旅行などで利用の幅も広がるでしょう。

ANAとJALのクレジットカードについては下記のページでより詳しく比較しているのでこちらも参考にしてください。

参考1:ANAカードの比較

参考2:JALカードの比較

 

以上、クレジットカードを使ってANAやJALのマイルを貯めるコツと注意点をまとめました。

スポンサーリンク

同じカテゴリーの人気記事

おすすめ記事

 

関連記事

 

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP