おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

飛行機のファーストクラス、ビジネスクラスに乗りたいならマイルを貯めたほうが断然お得

SONY DSC海外旅行に行くとき、ちょっと奮発してビジネスクラスというお話は聞きますが、ファーストクラスとなると次元が変わってきます。たとえば、日本とパリやロンドンなどの往復だと250万円以上の航空券代がかかる計算になります。ちなみに、割引料金などの設定が行われることはありません。ファーストクラスに乗るならこれだけのお金を払う必要があるわけです。

一方で、お得にファーストクラスに乗る方法があります。それはマイルをためること。たとえば、ANAなら250万円かかる欧州ファーストクラスの旅がたったの18万マイルで可能なんです。

スポンサーリンク

夢のファーストクラスはマイルをためて乗ろう

まずは、ファーストクラスに乗ったときにかかる運賃をみてみましょう。

firstclass

2,591,250円~というどこか間違ってるんじゃないか?っていう金額ですね。搭乗時間を12時間と考えても往復で24時間、1時間当たり10万円以上の運賃がかかる計算になります。

一方でファーストクラスをマイルをためていくとしたらどうでしょうか?ANAの場合、日本-欧州はZONE8にあたりますので、そこのF(ファーストクラス)のところを見れば必要マイルがわかります。165000~180000マイルということがわかります。
ちなみにCはビジネスクラス、Yはエコノミークラスです。

firstclass_mile

欧州なら赤線で囲った165000~180000マイルで行けるということになっていますね。

 

ファーストクラスをマイルでとればマイル利用価値が高い

上記のパリ航空券(ファーストクラス)をマイルでとろうとしたときに18万マイル必要だとすると、2,591,250円の航空券が18万マイルでとれる計算になります。

18万マイルという価値はなかなか想像しにくいかもしれませんが、たとえば共通ポイントのTポイント楽天ポイントはいずれも1ポイント1円として利用できることはご存知かと思います。
仮にTポイントの場合100ポイント=50ANAマイルと交換することができます。1ポイント=0.5マイルです。
18万マイルと交換するのに必要なTポイントは36万ポイント(36万円分)で済むわけです。

ちなみにこれはTポイントのケースです。2016年現在、ポイント交換でもっとも効率的にマイルをためることができるのは「ANAマイラー必携のクレジットカードは「ソラチカカード」で決まり」でも紹介している通り1マイル0.9ポイントで貯めることができます。

このケースだと18万マイル貯めるのに必要なポイント(お金)は20万円分のポイントでいいということになります。
普通に搭乗すると250万円するファーストクラスが20万円分のポイントで乗れるというわけで、マイルをためて特典航空券として登場する方がよりお得に乗れるということになります。

 

逆算してマイルの価値を考えてみる

単価を逆算してみると2591250÷180000=14.39円です。1マイルの価値は14.39円という価値になります。

一般的にマイルの価値は国内線の特典航空券で利用する場合は2円くらいといわれているのでその7倍超の価値で利用できてしまうというわけです。

 

ビジネスクラスへの搭乗でも十分にお得

ファーストクラスなんて、そもそも乗らないでしょ……という方も多いかもしれませんが、ビジネスクラスならどうでしょうか?優雅なラウンジや機内でのおいしいお酒などを楽しめるビジネスクラスは海外旅行をより優雅にしてくれます。

ファーストクラスほどのマイル価値はありませんが、ビジネスクラスの場合でも1マイル=5円以上の価値にはなります。

 

高還元率でマイルが貯まるカードを使っている人はファースト前提ならすごい還元率になる

たとえば先日「ファミマTカード+LINE PAYカードは最強の組み合わせ。ポイント還元率が最大2.5~3.0%」という記事を書きましたが、このファミマTカード+Line Payカードを使って貯めたポイントを全部ANAのマイルに交換するとすると、100円の利用当たり、だいたい2.1ANAマイルくらい貯まります。

仮に1マイルの価値が14円だとすると100円の利用で約30円近い価値があるポイント(マイル)がもらえるというわけです。すごい還元率ですね!

もっとも、これはマイルをファーストクラスという贅沢(無駄)な利用をする前提のお話です。

ちなみに、ANAやJALのそれぞれのマイルの賢いため方や活用法については下記もご参照ください。

ANAマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法や注意点のまとめ

JALマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法、注意点のまとめ

 

マイルを貯めてファーストクラスの問題点やデメリット

ちなみに、この方法にはいくつかの問題点があります。それをクリアできないと活用できません。

 

1)マイルには有効期限がある

ANAのマイルは取得から3年間という有効期限があります。仮にファーストクラスで18万マイル貯めるというのであれば最低でも年に6万マイル以上を貯める必要があります。上記で紹介したファミマTカード+LinePayカードという方法を使うとしても年間に300万円近く買い物をする必要があります。

お金を使わずに年間20万マイル以上をためる方法のまとめ」などで紹介されているようなポイント交換でマイルを貯めるという方法も活用すればショッピングで貯める必要はありませんが、いずれにしてもそれなりのマイルを獲得しないとこの方法は使えません。

 

2)マイルによるファーストクラス、ビジネスクラス特典は人気でなかなか取れない

航空会社のマイルは今回紹介したように国際線ファーストクラス交換が最も価値が高く、次いで国際線ビジネスクラスとなっています。これらの上位シートをマイルを貯めて乗るという方は実は多いです。
その一方で航空会社はファーストクラスやビジネスクラスといったシートをマイル交換に割り当てる件数が少ないため、予約を取るのが難しいです。人気路線の場合は1年前のマイル予約開始すぐに取らないと取れないというシートも多いです。

1年後や半年後といった先の話での旅行予約は組めないという方には向いていないかもしれません。

ちなみに、ANAやJALの場合、上級会員になるとマイルでの特典航空券予約がより取りやすくなるのだそうです。
参考(ANA):ANA SFCは半永久的にANA上級会員になれるクレジットカード
参考(JAL):JGC(JALグローバルクラブ)はJAL上級会員になれるクレジットカード

 

今回のファーストクラスに乗るならマイルで予約するのお勧めというお話は、ある程度自由に時間を使える人向けにはなります。万人にお得な方法ではないと思います。

ただ、ある程度、時間に余裕がある方はマイルを貯めてファーストクラスで豪華な旅行をするというのも一つですね。ちなみに、ファーストクラスではないにしてもビジネスクラスの航空券をマイルでとるというのも十分お得ですよ。

以上、飛行機のファーストクラスに乗りたいならお金を払うよりもマイルを貯めたほうが断然お得というお話でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP