おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

飛行機のファーストクラス、ビジネスクラスに乗りたいならマイルを貯めたほうが断然お得

SONY DSC海外旅行に行くとき、ちょっと奮発してビジネスクラスというお話は聞きますが、ファーストクラスとなると次元が変わってきます。たとえば、日本とパリやロンドンなどの往復だと250万円以上の航空券代がかかる計算になります。ちなみに、割引料金などの設定が行われることはありません。ファーストクラスに乗るならこれだけのお金を払う必要があるわけです。

一方で、お得にファーストクラスに乗る方法があります。それはマイルをためること。たとえば、ANAなら250万円かかる欧州ファーストクラスの旅がたったの18万マイルで可能なんです。

スポンサーリンク

夢のファーストクラスはマイルをためて乗ろう

まずは、ファーストクラスに乗ったときにかかる運賃をみてみましょう。

firstclass

2,591,250円~というどこか間違ってるんじゃないか?っていう金額ですね。搭乗時間を12時間と考えても往復で24時間、1時間当たり10万円以上の運賃がかかる計算になります。

一方でファーストクラスをマイルをためていくとしたらどうでしょうか?ANAの場合、日本-欧州はZONE8にあたりますので、そこのF(ファーストクラス)のところを見れば必要マイルがわかります。165000~180000マイルということがわかります。
ちなみにCはビジネスクラス、Yはエコノミークラスです。

firstclass_mile

欧州なら赤線で囲った16万5000~18万マイルでファーストクラスでヨーロッパへ行けるということになっていますね。

 

逆算してマイルの価値を考えてみる

単価を単純逆算してみましょう。

そうするとファーストクラス料金の259万÷18万マイルを割ると価値が計算できます。1マイル=14.39円となります。1マイル当たりの価値を考えるとこの使い方は非常にメリットが大きな使い方といえます。基本ファーストクラスは値引き販売されることはないので、マイルを利用するのであればファーストクラスで利用するというのはかなり賢い利用方法だといえます。

 

ビジネスクラスへの搭乗でも十分にお得

ファーストクラスなんて、そもそも乗らないでしょ……という方も多いかもしれませんが、ビジネスクラスならどうでしょうか?優雅なラウンジや機内でのおいしいお酒などを楽しめるビジネスクラスは海外旅行をより優雅にしてくれます。

こうしたビジネスクラスの飛行機もマイルで予約することはもちろんできます。
ファーストクラスほどのマイル価値はありませんが、ビジネスクラスの場合でも1マイル=5円以上の価値にはなります。

ちょっと豪華な旅行なら頑張ってマイルを貯めて特典航空券を発券するというのがマイルの賢い活用方法です。

 

貯めたマイルは海外の航空会社でも使える

日航(JAL)や全日空(ANA)はもちろん、ユナイテッド航空、デルタ航空、シンガポール航空のようにほとんどの航空会社はマイレージプログラムというポイント制度を用意しており、無料航空券(特典航空券)の発券が可能になっています。

JALはワンワールド、ANAはスターアライアンスと呼ばれる航空連合に属しており、JALやANAで貯めたマイルを連携している航空会社の特典航空券としても利用できます。

単発のファーストクラスよりもマイル数は必要になりますが、アライアンスを利用してファーストクラスで世界一周というプランだってマイルで実現することは可能です。

 

上手にマイルを貯めて、お得に活用しよう

正直、ファーストクラスやビジネスクラスへの特典航空券発券に必要な10万を超えるようなマイルは普通にコツコツ貯めていてもそう簡単に貯まるものではありません。

ある程度戦略を立てて、クレジットカードの利用やポイント交換なども活用して上手にマイルを貯めることが肝要です。当ブログでもANAマイル、JALマイルについてそれぞれ上手な貯め方、お得な貯め方を紹介しているのでぜひ、ご一読の上、試してみてください。

何事も、やってみることが大切ですよ。

ANAマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法や注意点のまとめ
2016-09-16 09:38
ポイントプログラムの中でも特に人気が高いものの一つが航空会社が用意しているマイレージプログラム(マイル)ではないでしょうか。国内大手航空会社のANA(全日本空輸)もANAマイレージ
リンク
JALマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法、注意点。JALマイルの価値はいくらか?
2016-09-20 17:29
JAL(日本航空)が提供しているポイントサービスにJALマイレージバンク(JMB)があります。こちらはANAをはじめとした他の航空会社と同様にマイルと呼ばれるポイントが貯まるサービ
リンク

ちなみに、これからマイルを貯めるという方はANAにするかJALにするかどちからに決めてしまったほうが後が楽です。

ANAとJALを比較。どっちを使うのがおすすめなの?
2017-05-29 11:15
飛行機に乗るときのANAとJALはどっちがいいの? こういう疑問を持つ方は多いと思います。どちらも国内における大手航空会社で、料金もサービス内容も似たり寄ったりの部分が多いです。
リンク

 

ちなみに、私はほぼ陸マイラー(飛行機乗らずマイルを貯める人)ですが、ANAマイルについてはかなり貯めています。

こうした貯め方については「メトロポイントの活用方法。ANAマイルへの移行が最強にお得なポイントプログラム」でも紹介しているメトロポイントを活用した方法で貯めています。

この方法だと年間に21万6000マイルまでなら一人で貯めることができます。

 

マイルでファーストクラス・ビジネスクラスの注意点

そんなマイルを上手に活用するファーストクラスやビジネスクラスの特典航空券の取得に関しては注意点もあります。

 

普通だとマイルはなかなか貯められない

クレジットカードで貯めようという場合でも仮に利用額の1%のマイルが貯まるとしても必要な決済額は1000万円(1%=10万マイル)となります。

本来のマイルの貯め方である飛行機への搭乗の場合、羽田-福岡の片道でたまるマイルはANAの場合で普通料金でも850マイル程度です。10万マイル貯めるには60往復くらいしないとたまらない数字になってしまいます……。

そのため、ちまちまとマイルを貯めようと思ってもファーストクラスやビジネスクラス搭乗に必要なマイルを貯めるのは困難です。

ANAやJALのマイルは取得から3年間という有効期限があります。仮にファーストクラスで18万マイル貯めるというのであれば最低でも年に6万マイル以上を貯める必要があります。

そのため、マイルを貯めるのであればある程度の意思をもって貯める気持ちが必要になります。

ただ、ANAマイルに関しては2017年現在で年10万、20万といったマイルを貯めることはそう難しいことではありません。

 

特典航空券でのビジネスクラス・ファーストクラスは開放数が少ない

航空会社のマイルは今回紹介したように国際線ファーストクラス交換が最も価値が高く、次いで国際線ビジネスクラスとなっています。これらの上位シートをマイルを貯めて乗るという方は実は多いです。

その一方で航空会社はファーストクラスやビジネスクラスといったシートは、普通に売れたほうが当然儲かるわけです。なので、マイルでの予約受付数はそう多くありません。人気路線などの場合は1年前の予約開始直後でも難しいケースもあります。

あるいはスケジュール的にギリギリのタイミングだと、席が余っているときは開放されることもあるようなのでそれに期待するという方法もありますね。

このほか、ちなみに、ANAやJALの場合、上級会員になるとマイルでの特典航空券予約がより取りやすくなるのだそうです。

参考(ANA):ANA SFCは半永久的にANA上級会員になれるクレジットカード
参考(JAL):JGC(JALグローバルクラブ)はJAL上級会員になれるクレジットカード

 

マイルでファーストクラス・ビジネスクラスはお得だけど人は選ぶ

今回のファーストクラスやビジネスクラスに乗るならマイルで予約するのお勧めというお話は、特典航空券の予約可能な席の問題もあるため、ある程度自由に時間を使える人向けの方法ではあります。

ただ、それが可能であれば、ファーストクラスに超割引価格で乗ることができるというまたとない方法でもあります。一般的に1マイルの価値は2円程度といわれていますので、ファーストクラスの1マイル15円相当というのは、マイルの価値を大きくブーストすることができる方法です。

マイルを貯めるというのはある程度はテクニックによる部分も大きいです。前述のマイルを貯める方法の解説サイトなどを一通り実行すれば年21万6000マイルとは言わなくても、それに近いマイルを貯めることは可能です。

ぜひとも、これを一つの機会として自分の生活にマイルを取り入れて貯めていくという方法を実践してみてはいかがでしょうか?

参考:お金を使わずに年間21万6000マイルのANAマイルをためる方法

 

以上、飛行機のファーストクラス・ビジネスクラスに乗りたいならお金を払うよりもマイルを貯めたほうが断然お得というお話でした。

 

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP