おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

バイマイルとは何か?ANAマイルやJALマイルを買う方法とそのメリット、デメリット

マイル(マイレージ)やポイントというのは一般的には商品やサービスを購入するなどしたときにその何%分かがもらえるような仕組みになっています。

そんなマイルやポイントについて、そのような一般的なルートではなく、直接(または間接的に)お金を出して買うという方法のことを「バイマイル(Buy Mile)」や「バイポイント(Buy Point)」と呼びます。

あまりなじみのない言葉かもしれませんが、実は結構な取引がされています。今回はそんなバイマイルやバイポイントについて、その方法や注意点、お得にバイマイル、バイポイントをする方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

バイマイル・バイポイントってどういう仕組みなの?

まず、前提として企業が発行しているマイル(マイレージ)やポイントというのは実はその発行企業が販売しています

最近ではいろいろなポイントを「交換」することができるようになっていますが、これはそれぞれのポイントの発行者がお互いのポイント(マイル)を購入することで、その買ったポイント(マイル)を相手に付与しているわけなんです。

ポイント交換をお得にする交換レートとポイント増量キャンペーンの活用術
2017-09-28 07:43
いろいろなサービスの利用でたまる「ポイント」。こうしたポイントは近年、ポイント間で交換できるのが一般的になっています。また、各サービスでたまるポイントを交換するためのためのポイント
リンク

代表的な例としてANAやJALのマイルを考えてみましょう。

ANAマイルはANAが自社の利用者向けに飛行機搭乗などの利用に対して提供しているポイントです。

このANAマイル、たとえば楽天スーパーポイントを貯めている人なら2ポイント→1ANAマイルという交換レートで交換することができるようになっています。この交換というのは純粋にそれぞれの会社が交換を受け付けているというのではありません。

楽天がANAからマイルを購入しており、自社のポイント会員(楽天ポイント)を持っているユーザーにポイントと交換にANAから購入したマイルを渡しているわけです。

基本的にマイルやポイントの交換サービスというのはこのようにしてマイルやポイントを事業者が購入・販売している形になっているわけですね。

ちなみに、航空会社にとってマイルというポイントプログラムはかなりの収益源にもなっているそうです。

たとえば、ANAカード(VISA)は三井住友カードが発行しています。この時に同カードでお買い物をするとANAのマイルと交換できるポイントが貯まります。この交換先であるANAマイルは三井住友カードがANAから購入しているわけです。

これをいくらでカード会社に販売しているかについて秘密になっていますが、航空会社のマイル(マイレージ)は人気が高いため、カード会社としても積極的に購入しているわけです。

 

マイルを直接消費者が「買う」ことはできるのか?

マイルを発行している会社が、また別の会社に対いてポイントを売っているということは、それを「個人が買う」ということもできるのでしょうか?

一部の会社ではこうしたことも可能です。特に米系の会社に多いですね。たとえば、下記のように世界的なホテルチェーンや米系航空会社などは自社のポイント(マイル)を直接販売しており、購入することもできます。

ときどき、通常よりも安く販売するキャンペーンも行っているので、安い時にポイントを買うということも可能です。
一方で日系の航空会社であるANAやJALについては直接マイルを販売してはいません。

ANAマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法や注意点のまとめ
2016-09-16 09:38
ポイントプログラムの中でも特に人気が高いものの一つが航空会社が用意しているマイレージプログラム(マイル)ではないでしょうか。国内大手航空会社のANA(全日本空輸)もANAマイレージ
リンク
JALマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法、注意点。JALマイルの価値はいくらか?
2016-09-20 17:29
JAL(日本航空)が提供しているポイントサービスにJALマイレージバンク(JMB)があります。こちらはANAをはじめとした他の航空会社と同様にマイルと呼ばれるポイントが貯まるサービ
リンク

じゃあ、マイルがどうしても必要な時、不足するときに購入することはできないのでしょうか?
いいえ、大きく2つの方法でバイマイルをすることが可能です。

  1. ヤフオクなどで購入する
  2. スターポイントを購入+交換で間接的なバイマイル

 

ヤフオクで購入する方法

ヤフオクでANAマイルなどと検索すると1万マイルを2万円で売ります。みたいな出品が多数あります。

これは、前述の「ANAマイルやJALマイルを購入した事業者」が、余ってしまったマイルを換金(現金化)したいという目的で売っているものと考えられます。

実際にちょっとだけ買ってみたのですが、マイル口座に付与された明細から考えると、海外のポイント系のサービスの特典利用でANAのマイルが付与されたという体になっていました。

 

相手が信用できるかわからないし、出どころもわからないので購入はハイリスク

ヤフオクで販売されているマイルというのは“ANAやJALが正式に認めたものではない”ということに注意が必要です。
どういう形にせよ、ANAやJAL自身がマイルの譲渡は認めていない以上はリスクがあることは理解しておきましょう。

 

マイルが劇的にたまる裏ワザは絶対に買ってはダメ

1マイルあたり2.5円くらいの価格で販売されており、単価としてはやや高めな印象です。あえて購入する価値はないと思います。ちなみに、ヤフオクでマイル系を検索すると“マイルを無料で大量獲得する方法”などが売られていますが、絶対に買ってはダメです。

話は下の記事で述べている内容を書いているだけなので買う価値なしです。

ANAマイルを貯めるならポイントサイトを活用しソラチカルートでポイント交換が最高効率
2017-11-12 08:11
ANAのマイルを飛行機にお乗らずに貯めたいという陸マイラーが活用しているポイント交換の方法があります。“ソラチカルート”と呼ばれるこの方法は、少し検索すると数多くの陸マイラーサイト
リンク

 

スターポイントを購入してそれをマイルに交換する

もう一つの方法はANAマイルやJALマイルに交換可能なポイントを購入し、そのポイントをマイルに交換するという方法です。代表的なポイントとしてスターウッド系の“スターポイント”があります。

スターウッドのSPGとスターポイントの活用術。貯め方やおすすめの使い方。
2017-06-01 03:28
スターウッドプリファードゲスト(SPG)は世界的なホテル・チェーンであるスターウッドホテル&リゾートが提供している会員プログラムです。そしてその会員プログラムでたまるポイントにスタ
リンク

スターポイントはスターウッド系のホテルのポイントプログラムで無料宿泊などに使えるポイントなのですが、多くのエアラインと提携しており、各社のマイルと交換できます。

  • ANA
  • JAL
  • アメリカン航空
  • アリタリア航空
  • キャセイパシフィック航空
  • デルタ航空
  • タイ国際航空
  • ユナイテッド航空
  • ヴァージン アトランティック航空
  • アシアナ航空
  • エールフランス航空/KLMオランダ航空
  • エアチャイナ
  • 中国南方航空
  • ルフトハンザ
  • 中国東方航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • カタール航空
  • エティハド航空
  • エミレーツ航空

日系のANA、JALの両方のマイルと1ポイント=1マイルで交換できます。さらに、スターポイントは2万ポイント以上を一度にマイルに交換すると5000ポイントのボーナスが付与されます。つまり、実質的な交換レートは25%アップの1スターポイント=1.25マイルとなります。

このスターポイントは実は“販売”されています。価格は「スターポイントの価格は500ポイントが17.5米ドル(1ポイント0.035ドル)」が標準価格です。ドルベースなので為替レートに影響を受けますが、おおむね以下のようになります。

ちなみにスターポイントは年に何度かスターポイントの35%オフセールを行いますので、そのタイミングで購入するのがお得です。

通常価格 35%オフセール時 バイマイル価格
1ドル95円 3.325円 2.16125円 1.729円
1ドル100円 3.5円 2.275円 1.82円
1ドル105円 3.675円 2.38875円 1.911円
1ドル110円 3.85円 2.5025円 2.002円
1ドル115円 4.025円 2.61625円 2.093円

バイマイル価格は、スターポイントの35%割引時の価格で購入したとしてのANAマイル、JALマイルに交換したときの1マイル当たりの価格としています。円高時ならうまみがありますが、円安になってくるとすこし妙味がなくなりますね。

ただ、前述のヤフオクでバイマイルする方法などとくらべるとかなり安いです。スターポイントの35%オフセールは常に実施されているわけではないので、“タイミングが合えば”という条件付きですがお勧めできます。

ちなみに、スターポイントがたくさんたまるクレジットカードもあります。SPGアメックスというカードで、スターウッド系のホテルの無料宿泊やエリート会員資格も付与されるなど特典豊富です(年会費高いけど)。

高級ホテルの上級会員&無料宿泊特典のSPGアメックスのメリット、デメリット
2017-01-24 17:41
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)というクレジットカードがあります。こちらスターウッドホテル&リゾートという世界的なシティホテ
リンク

前述のヤフオクでの購入よりはANAやJALがそれぞれポイント交換として認めているルートなので安心できる間接的バイマイルです。

 

バイマイルは状況によってはお得

マイルの価値は使い道によって大きく変わるとは言え、通常で見たらやはり1マイルあたり2円程度で見ておくべきでしょう。

そう考えると2円以上の価格で購入するバイマイルというのはやや単価としては割高感があります。なので、飛行機に搭乗するためにゼロからマイルを買うというのはあまりお勧めしません。

一方で、海外旅行や国内旅行にマイルで行こうと思っていたけど、少しだけマイルが足りない。
たとえば、あと1万マイルあれば家族でハワイ旅行に行けるけど、少しだけマイルが足りてないんだよなぁ。そんな時にバイマイルは有効だと思います。

 

メリット、デメリットのそれぞれを把握したうえで上手に活用してください。

以上、バイマイルとは何か?ANAマイルやJALマイルを現金で買う方法とそのメリット、デメリットについて紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP