おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ANAのマイルが貯まるANAカードの種類とその選び方を比較

anacard-gold ANA(全日空)のマイルを貯めたいと考える方の多くにとって重要なアイテムとなるのがANAが発行しているクレ時とtカード「ANAカード」です。ANAカードを持つことで普段のお買い物でANAマイルを貯めることができるようになりますし、飛行機に乗った時にも通常よりも多くのマイルが貯まります。

その一方でANAカードは非常に多くの種類のカードがあります。今回はそんなANAカードの基本的な特徴と、たくさんあるANAカードの中で、どれを自分が選ぶべきかという点を紹介していきます。最後は私がおすすめする2枚の厳選ANAカードを紹介します。

スポンサーリンク

お買い物でANAマイルを貯めるならANAカードがおすすめ

まず、基本としてお買い物でANAのマイルを貯めるというのであればANAのクレジットカードであるANAカードがお勧めです。JCB、VISA、MasteCard、AmericanExpress、DinersClubなど各クレジットカードブランドからカードが発行されています。

発行されるブランドごとにカード会社も違い、サービスも微妙に違う上、一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカード、プレミアムカードといったカードグレードも異なるので自分に合ったカードを選ぶのが重要になります。

 

ANAカードの基本

ANAカードはANAと各カード会社が提携して発行しているANAのクレジットカードです。まずはANAカードの特徴をり菓子いましょう。

 

共通特典

まずは共通の特典を見ていきます。

1)搭乗ボーナス
飛行機に搭乗することで通常よりも多くのマイルをもらうことができます。カードのグレードに応じて10~50%分プラスαされます。

2)継続ボーナス
ANAカードの入会時や継続時にもらえる1000マイル~1万マイルでカードのグレードが高いものほど大きくなります。

3)その他の特典
ANAカードの提携店でANAカードを利用してクレジット決済をすることでカードのポイントとは別にマイルが付与されまます。

 

ANAカードのポイントプログラム

ANAカードでお買い物をすると、ポイントが貯まります。貯まるポイントはカードを発行するカード会社のポイントです。たとえばANA JCBカードなら「OkiDOkiポイント」、ANA Visaカードなら「ワールドポイント」といった具合です。このポイントはいずれも「ANAマイル」と交換が可能です。

交換をする時は二つの方法があります。一つは「手数料がかかるけど高レートでANAマイルと交換できるコース」。もう一つは「手数料はかからないけど半分のレートでしかANAマイルと交換できないコース」です。

 

ショッピング額の1%のマイル還元には手数料がかかる

よく、ANAカードはショッピング額の1%のマイルが貯まるとありますが、このレートで交換をするにはANAマイル交換手数料を支払う必要があります。ANA JCBは年5000円、他のブランドは年6000円となっています。
ちなみにANAカードの「ゴールドカード(ワイドゴールドカード)」以上のグレードのカードの場合、この手数料は無料になります。

 

手数料がかからないポイント移行は還元率が半分(0.5%)になる

手数料を書けない方法の場合は還元率が0.5%にまで低下します。ちなみに、手数料がもったいないからこちらの無料コースを使うというくらいの年間利用額しかない人は、ANAカードでマイルを貯めるのではなく、「楽天カード(年会費無料でANAマイル交換なら0.5%)」を利用する方がいいかもしれません。

 

クレジットカードブランドによる違い

基本となるブランド(国際ブランド)は下記の通りで発行会社(カード会社)もそれぞれ異なります。

・JCBブランド(JCBカードが発行)
・VISAブランド(三井住友カードが発行)
・MasterCardブランド(三井住友カードが発行)
・AmericanExpressブランド(AmericanExpressが発行)
・DinersClubブランド(三井住友トラストクラブが発行)

クレジットカードブランドによる違いについては「 JCB、VISA、MasterCardはどれがいい?カードブランドの違いを知る」でも説明している通り、使えるお店の違い(加盟店の違い)が基本です。

国内中心なら「JCB」が強いですし、海外中心なら「VisaやMasterCard」が強いといった具合です。そうはいっても日本国内でのクレジットカード利用ならDinersClubに関しては加盟店の数が明らかに少ないので使えるお店は限られますが、それ以外のブランドならそう困ることはないと思います。

 

ANAカードにおける国際ブランドの違い

ANAカードにおいては国際ブランドというよりも、それぞれANAカードを発行しているカード会社としてのサービスの違いが現れます。ちなみにANAカードのVISAとMasterCardは同じ三井住友カードが発行しているのでサービス内容は同じです。

なお、ANAカードは原則として1国際ブランドあたり1枚しか持つことができません。ANAJCBカード(一般カード)とANAJCBワイドゴールドカードを同時に持つことはできません。

ただし、ANAJCBカードとANAVISAカードを2枚持ちすることは可能です。理屈的にはJCB,VISA,MasterCard,AmericanExpress,DinersClubの5ブランド(合計5枚)までANAカードを持つことができます。

 

ANA JCBカードの特徴

一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカード、プレミアムカードまで幅広い4種類のカードグレードを用意しています。PASMOと提携した一般カード「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」はポイント交換が人気でANA陸マイラー御用達と言われているほど人気のカードです。

従来はマイル交換手数料が2000円と他ブランドと比べて安いなどのメリットもありましたが「」でも書いている通り5000円に値上がりした為、相対的な優位性が下がりました。

 

ANA VISAカード(MasterCard)の特徴

ラインナップはANA JCBカードとほぼ同様になります。こちらは一般カードにSuicaと提携したカードがあります。最大の特徴は年会費の割引サービスがあることです。マイペイすリボやWEB明細利用などの割引サービスを併用することで年会費がANA JCBカードと比べて割安になります。
一般カードなら1025円(通常2000円)となり、ANAカードの中では最も安い年会費でカードを保持できます。さらに、ワイドゴールドカード(通常14000円)が上記特典利用で9500円にまで安くなります。

また、使い方には注意も必要ですが「マイペイすリボでポイント2倍(マイル交換なら1.3倍)」などの利用もできるのでお買い物でANAマイルを貯めたい方にも最適です。
2016年現在ではANAカードとして最もお勧めできるのがVISA(MasterCard)ブランドとなります。

 

ANA AmericanExpressカードの特徴

こちらは年会費についてはあまり気にしないという方向けです。JCBやVISA(MasterCard)のようなカードラインナップではなく、一般カードの時点で年会費が7000円と高めです。
JCBやVISAのANAカードと比較してANAアメックスの方がショッピング等でマイルが貯まり易いというわけではないので、アメックスが好きという方向けといえます。

 

ANA DinersClubカードの特徴

こちらはさらに高級志向です。通常のANAダイナースクラブカードの年会費が27000円とゴールドカードからの扱いしかないです。

 

ANAカードにおけるカードグレードの違い

ANAカードには大きく一般カード、ワイドカード、ワイドゴールドカード、プレミアムカードの4つのグレードがあります。他にも学生カードや提携カードもありますがここでは除外します。

 

一般カード

年会費2000円程度。JCB,VISA,MasterCardのみのラインナップです。
とにかくANAカードが欲しいという方はまずはここから利用するのが一番だと思います。

 

ワイドカード・ANAアメックスカード

年会費6000~7000円程度。正直言ってこのグレードの存在意義はあまりないと思います。一応継続ボーナスが増えたり、飛行機搭乗ボーナスが増えるなどの特典もあります。ただ、このグレードを作るくらいならマイル交換手数料が無料になる1ランク上のワイドゴールドカードを取得するべきです。

 

ワイドゴールドカード・ダイナースカード・アメックスゴールド

年会費は14000円(JCB,VISA,MasterCard)から27000円(ダイナースクラブ)、31000円(アメックス)です。それぞれのANAカードの特典の大きさは同じです。ここからマイル交換手数料が無料になります。
なお、「マイペイすリボ+WEB明細」の利用を組み合わせるとANA VISAカードが年会費9500円となり最安でゴールドカードを持てます。

 

プレミアムカード

年会費は7万円~15万円と超高額です。クレジットカードのグレードとしては「プラチナカード」に相当するサービス内容となります。使いこなせるのはごく少数の方になるはずです。ANA便搭乗の際はANAのラウンジが無料で使えるといった空港内での特典も多く、ANAマイルの還元率もボーナス等を含めると1%を超えます。

各カード会社のプラチナカード会員向けのコンシェルジュサービスなども利用できるので、プラチナカードを持ちたいという方向けです。ちなみに、各カードともプラチナカードですが、インビテーション(招待)制ではなく、直接申し込みが可能です。

 

管理人おすすめのANAカード

しっかりとクレジットカードで買い物をする人でANAのマイルを貯めたい人向けのカードを紹介します。

 

1位:ANA VISAワイドゴールドカード

ANAカードのVisaブランドのゴールドカードになります。年会費は14000円(税別)ですが、マイペイすリボ(自動リボ)の登録+WEB明細登録をすれば9500円にまで割引されます。マイペイすリボについては毎月の支払金額を自由にアップさせることができるので事実上の1回払い(金利無料)にすることが可能です。

ワイドゴールドカードは「マイル交換手数料(6000円)」が無料なので実質年会費3500円になります。さらにワイドゴールドカードは通常のANAカードよりも年1回のボーナスマイルも2000マイル(通常は1000マイル)と大きい為、ANAカード系でゴールドカードを持つなら、ANA VISAワイドゴールドカードが一番おすすめです。

また、利用金額に応じてのボーナスが一般カードよりも高く。だれにでも推奨できる方法ではありませんが「マイペイすリボの利用で年会費の割引&ポイント2倍にするテクニック」でも紹介している方法を利用すればマイル獲得率が30%増(ANAマイル還元率1.3%)になります。この他、年間利用額が50万円、100万円、300万円を超えることでボーナスポイントがもらえます。

このたりも活用すれば、かなりのANAマイル高還元率カードになります。

>>ANA VISAワイドゴールドカード公式ホームページ

 

2位:ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

ポイント交換ルートを用いたANAマイル獲得に力を発揮するクレジットカードです。
ソラチカカード会員は、100メトロポイントを90ANAマイルと交換することができます。これは100円相当のポイントを90ANAマイルに交換できるということです。

ANAマイルと交換可能なポイントは多く「共通ポイント(Tポイント、Ponta、楽天ポイント、dポイント)の比較と活用方法」でも紹介したTポイントや楽天ポイントもANAマイルと交換可能ですが、100円相当のポイントが50ANAマイルとレートが低いです。

2016年現在はもっとも高還元でポイントをANAマイルに交換することができるようになっています。ちなみに、このポイント交換を利用してANAマイルを貯める方法は「ソラチカルート」などと呼ばれており、飛行機に乗らずANAマイルを貯める陸マイラーという方にとってはかなり活用されている方法です。

詳しくは書くとボリュームが大きくなりすぎるので、詳しくは「陸マイラーとしてANAマイルを爆発的に貯める方法のまとめ」をご確認ください。

>>ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB) 公式ホームページ

 

ANAカードは、ANAのマイラーの方にとっては基本とも言えるカードです。ちなみに、私のANAカードは上で紹介した通り、ANA VISAワイドゴールドカードとソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の二枚運用です。

以上、ANAのマイルが貯まるANAカードの種類とその選び方を比較でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP