おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

<2019年-2020年>お盆や年末年始の銀行や証券会社の営業日。ATMや窓口のお休み情報

closed-1551489普段は仕事などが忙しくてなかなか、銀行や証券会社などの金融機関に行けないという方も多いかもしれません。そんな方に活用してほしいのが特に「お盆」ですね。お盆期間中は実は銀行や証券会社などの金融機関はお休みとなっています。

一方で年末年始については早くから休みが取れる方は別として銀行や証券会社も休みとなります。今回はそんなお盆や年末年始、お正月などの銀行や証券会社の営業日についてまとめてみました。

スポンサーリンク

お盆は銀行や証券会社はカレンダー通りの営業

一般的にお盆というのは8月13日から8月16日までの期間を指します。
この時期はいわゆる祝日ではなく、普通の日です。ただし、慣例的にその期間中は仕事を休みとする会社や、有休休暇の取得奨励期間だったりして事実上の休業状態となる会社が多いようです。

2016年からは8月11日が「山の日」として国民の祝日になりましたが、それ以外の日は祝日ではありません。山の日はハッピーマンデーではないのでお盆期間中に土曜日と重なると祝日が消えてしまいます。

銀行や証券会社は土日および国民の祝日および年末年始が休業日と定められていますので、お盆期間中は通常通り営業しています。

 

お給料の振り込みはできる?受け取れる?

もちろん普通に営業していますので受け取れます。ただし、土日とかぶる場合はその日は受け取れません。ただ給料の場合は多くの会社が休前日に振り込みをするケースが多いはずなので、その前に振り込まれているはずです。

銀行ATMも通常通り動いているので問題なくお給料を受け取れます(出金できます)。

 

お盆期間中のATMの手数料の扱いはどうなる?

前述の通り、お盆の期間中の銀行はあくまでもカレンダー通りの営業となります。お盆期間中だからといってATMが祝日扱いとなるわけではありません。土日で無いなら平日と同じ運用がされています。当然入出金もできますし、時間外手数料などがかかることもありません。

もちろん、ATMでお金が出金できないということはありまえん。

 

銀行や証券会社の窓口は開いている?

はい。ただし、お盆期間中は銀行や証券会社もやや暇なことが多く、人員も有給休暇などで少ないケースもあります。また、最初に書いたようにお盆期間中くらいしか銀行に行けない人も少なくないのでやや込み合うことも予想されます。窓口に用事がある方は早めの時間がおすすめです。

 

株の売買はできる?

証券取引所も証券会社の営業と同様に動いています。お盆期間中も株式投資(売買)はもちろん可能です。ただし、全体的に取引参加者は少な目となります。

 

2019年のお盆期間前後の営業日

2019年のお盆期間は山の日(祝日)が日曜日にあたるため、よく月曜日に振替となります。お盆の週は営業日数が3日になるのでご注意くださいね。

  • ×8月10日(土)
  • ×8月11日(日・祝日・山の日)
  • ×8月12日(月・振替休日)
  • ○8月13日(水)
  • ○8月14日(木)
  • ○8月15日(金)
  • ×8月16日(土)
  • ×8月17日(日)

 

年末年始は休業日が設定されている

お盆期間中は基本的に平常運転しているのに対して、年末年始は銀行や証券会社にも休みがあります。お休みとなるのは、「12月31日~1月3日」です。ただし、その前後に土日が入る場合はその前後からお休みになります。

たとえば、2019年~2020年は12月29日が日曜日で翌1月4日が土曜日にあたりますので12月31日(火)~1月5日(日)までが休業日となります。

 

お正月にどうしてもお金を振込したいときはどうしたらいい?

お正月の銀行が休業しているとき、この休業期間中はネット(オンラインバンキング)などで振り込みをしても相手先にお金が入金(着金)するのは休業明けとなります。

たとえば、12月31日にどうしても1月1日までにお金を送金しなければならないというときはどうしたらいいでしょうか?

銀行振り込みは2018年10月9日に新システムが稼働しており、一部の銀行ではリアルタイム送金が可能になっています。対応していれば営業日でなくても振込対応可能となっています。

銀行振込の入金が確認・反映される時間とリアルタイム送金ができる銀行
2018-11-04 11:37
意外と知らない人が多いものの一つに銀行で振込をした時、振込先ではその振込(入金)がいつ確認できるのか?ということです。知らないと入金したのに確認ができない!というようなトラブルが発
リンク

物理的な方法だと現金書留という方法もあります。
郵便局も年末年始はお休みですが、一部の局はお正月(1月1日)を含めて「ゆうゆう窓口」が開いており、こちらから書留(速達)で送れば午前中なら翌日に届けることができます。少しコストはかかりますが、年末年始の休業日にお金を送りたいならこの方法が有効です。

 

ATMは正月も動いているけど年末年始の休業日は祝日扱い

銀行のATMはいまは1月1日の元日も利用できますが、12月31日~1月3日までは平日の曜日であっても祝日として扱われますので、祝日のATM手数料が適用されることになります。

ただ、土日祝日扱いというだけであって、ATMが使えないというわけではありません。

 

年末年始の株の取引は休業日がある(大納会と大発会)

ちなみに、株取引においてはその年の取引最終日を「大納会(通常12月30日でその日が土日の場合は前営業日)」、翌年の取引初日を「大発会(通常1月4日でその日が土日の場合は翌営業日)」とよびます。

ただし、これはあくまでも約定日ベースとなります。株の税金などの計算をする場合は受渡日がベースになりますので、たとえば2019年中の株の損益通算を行いたいという場合は大納会の2営業日前までに取引をしておく必要があります。

株式の約定日と受け渡し日とは何か?配当金や株主優待の権利取りや税金計算で超重要
2019-07-30 06:50
株式投資を通じて配当金や株主優待などの権利を取得する時に確実に押さえておきたいシステムが「受渡日(うけわたしび)」というルールです。株式は証券会社を通じて市場(証券取引所)で購入す
リンク

 

2018-2019年の年末年始・正月の営業日

  • ×12月28日(土)
  • ×12月29日(日)
  • 〇12月30日(月)大納会(株式の最終売買日)
  • ×12月31日(水)
  • ×1月1日(木)
  • ×1月2日(金)
  • ×1月3日(土)
  • ×1月4日(日)
  • 〇1月5日(月)大発会(株式の売買開始日)

 

いかがでしょうか。銀行や証券会社は意外とお休みが少ないんですね。利用者からすれば便利かもしれませんが、働く人は大変ですね。

以上、お盆や年末年始の銀行や証券会社の営業日。ATMや窓口の休みに関する情報をまとめてみました。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます
よろしければ、Twitterやfacebook、はてなブックマークなどでシェア、ご意見いただけると嬉しいです。ご意見は記事改善にも活用していきます

今後とも、MoneyLifeHack(マネーライフハック)をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP